知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2016.11.16

秋をめいっぱい楽しもう!『紅葉する木としない木のヒミツを探る』

LINEで送る
Pocket

木々がだんだんと色づき、紅葉が美しい季節がやってきました。
まだ少し緑が残った葉、すっかり色づいた葉、赤、黄色……この時期だけしか見られない景色をめいっぱい楽しむために、近くの公園まで紅葉狩りに出かけてみると、いろんな発見がありましたよ。

紅葉ってどうして起こるんだろう?

「紅葉」と書いて、「こうよう」そして「もみじ」と読みますよね。秋、木の葉が赤や黄色に色づくことをいいます。赤く染まった木々を眺めながら、息子がふとつぶやきました。
「秋はこうやって葉っぱの色が変わるんだよね。でも、どうしてあっちの木は緑のままなの? これから変わるの?」

そういえば、山の中に1本だけ赤く染まった木がある光景を見たことがあります。同じ場所に生えているのに、紅葉する木としない木がある。これってなぜでしょう?
木の種類が違うから。
はい、確かにそうなのですが、子どもの問いにしっかりと答えるには、もう少し詳しい解説が必要です。

「紅葉」と「黄葉」?

そこでタブレットを使い、学研ゼミの学研デジタル百科事典+(プラス)で「紅葉」と検索してみました。まずは驚きだったのは、「こうよう」には二種類の漢字があり、赤く色づくことを「紅葉」、黄色に色づくことを「黄葉」と表すということ! 一般的には「紅葉」と書くことが多いですが、「黄葉」という言い方もあったとは、恥ずかしながら今回初めて知りました。

photo2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

そして肝心の「こうよう」の説明を見ると、「落葉広葉樹の葉が、気温の低下にともない、落葉に先立って赤や黄色に変化すること」だそうです。対して「常緑樹」は、一年中緑の葉っぱをつけている木。たとえ同じ場所に生えていても、落葉樹か常緑樹かで、紅葉するかしないかの違いが出てくるというわけです。

さらに検索を続けると、赤と黄色の謎も解決しました。
photo3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

朝晩の気温の差が大きくなると、水や養分が行き渡らなくなった葉の中で、葉緑素が壊れはじめます。また、葉の中に残っていたデンプンが壊れてブドウ糖になり、さらにアントシアンという赤い色素に変わっていきます。これが、葉っぱが赤く色づく秘密です。
一方、葉の中にはカロチノイドという黄色の色素も含まれています。葉緑素が壊れただけで赤い色素ができなかった葉は、残った黄色の色素が目立ってくるため、黄色になるのだそう。イチョウがその代表例ですね。

毎年目にしている紅葉のヒミツを改めて知ることができ、今年の紅葉は今まで以上に美しく感じました。

最初から赤い葉っぱが生えてきた。この木なんの木?

楽しく紅葉狩りをして家に帰ると、また新たな疑問が。先月引っ越してきたばかりの我が家の庭にある木、モミジだとばかり思っていたけれど、よく観察していたらはじめから赤い葉っぱが生えてきているではありませんか! 先ほど調べた「紅葉」の定義には当てはまりません。この木、なんの木?
photo4-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

大家さんに聞いたところ、どうやら「出猩々(でしょうじょう)」という種類の木のようです。カエデの代表品種・イロハモミジの一種だそう。新芽が美しい赤色をしている、ユニークな品種です。

紅葉から派生して、庭の木の種類まで行き着くことができました。大人になっても、「知る」ことは楽しい! 子どもの疑問に付き合ってみると、こちらまでワクワクドキドキな気持ちを味わうことができました。これからも、子どもと一緒にたくさんの「なぜ?」を一緒に解決していこうと思います。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』