知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食材 2017.03.10

『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味

LINEで送る
Pocket

きらびやかに彩られた豪勢な料理や、ホテルのワンシーンを思い起こさせるかしこまった料理もいいけれど、心に響く、大切な人と楽しみたい料理は、毎日食卓に上がるような飾りけのない家庭の味だったりもします。

台所仕事にいそしむ母の背中。日本の南の島、沖縄の食卓からも、そんなぬくもりを感じることができます。
沖縄県のご当地レシピ本『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』(むぎ社発行)につまっていたのは、ゆったりと過ごすおばぁたちの、丁寧な手しごとと愛のあふれる優しさでした。
『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。おばぁたち

『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』につまったおばぁの優しさ

この本を開くとまず見えてくるもの、それは料理手順ごとのわかりやすいイラストと、とても丁寧な注釈文。
材料や作り方、料理写真は、ほとんどのレシピ集に載っていますが、この本はまるで「こうするといいよ。」「もうちょっと多くてもいいかもね。」なんて、隣におばぁがいて手取り足取り教えてくれているよう。
『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。紙面

例えば、「大根のウッチン漬け」というレシピのページ。
「ウッチン」とぱっと聞いてイメージできる方は多くないと思いますが、それはウコンのことで、別名ターメリック。
材料の欄には括弧づけで「スーパーのスパイス売り場にある」と記述されています。
きっと、このレシピをまとめるなかで「ウッチンてなに? 探すにしてもどこにあるの?」なんて声があったのかもしれません。
実際の作り手の立場に寄り添う温かみを感じられますね。
『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。漬物

また、ときおり本のなかに現れる「ありんくりん」と書かれた枠。
この枠の中には、そのページのレシピに関する小ネタが紹介されています。
「ありんくりん」とは沖縄の方言で「あれこれ」という意味なのだとか。レシピだけでなく、それにまつわる沖縄の文化に触れられるところにも、おばぁの郷土愛が垣間見えるのです。

沖縄の漬物文化とその真髄―『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』

タイトルにあるように、沖縄の漬物レシピが多数掲載されている『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』。
本書はそのなかで、沖縄人の舌に残るふるさとの味「地漬(ジージキ)」が沖縄漬物文化の真髄だと語っています。
沖縄の砂糖といえば黒糖ですが、その黒糖を使って甘く仕上げ、見た目が真っ黒な漬物のことを「地漬(ジージキ)」といいます。
『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。ジージキ

旧正月が終わって作りたての黒砂糖が手に入るころ、沖縄の主婦は一年間のジージキ作りをするのだそうです。
冬は大根、初夏はにんにく、夏場はゴーヤーというように、季節とともに漬けられる伝統の味。これらは早朝の軽食や、客人をもてなすときの茶うけの一品として重宝されてきたのだとか。

青く澄んだ海を眺めながら、目覚めにいただくジージキ。口に含むと広がる黒砂糖の濃厚な味わいを想像するだけで、なんとも贅沢な温かい気持ちに包まれてしまいます。

沖縄のもち文化とそこからの工夫―『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』

日本の年中行事やお供え物には欠かせない大事な食材、おもち。古くからの沖縄の文化においても、それは変わりません。

「もち重」をご存知でしょうか。その名の通り、もちだけが重箱につめられたもちのお重のことです。沖縄では、正月や彼岸など季節の行事やお祝いの席で「もち重」を準備しもちを食べる風習があるのだそうです。
『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。もち重

一年の様々なシーンでもちが食べられるからこそ、そこで残ってしまったもちをもてあましている人が多いのかもしれません。
この本には、ちょっとした工夫でもちを粋なおやつとして変身させるレシピがたくさん紹介されていました。
なかには「ピザもち」なんて気になるレシピもあり、余ったもちの再利用どころか、最初からちょっと多めにもちを準備してしまいそうですね。
『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。ピザ餅

重箱の隅から生み出されたおばぁたちのアレンジレシピは、生活目線の知恵の宝庫。このようなレシピの紹介に先だち、「残さず食べきる」というのがウサンデー(供物をいただくの意)の礼節だということも本書では語られています。
ご先祖様を思いつつ、家族のために、美味しく飽きなく味わえるようにと工夫され顔を変えていく料理たちには、まさに残り物の福がありそうですよ。
『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。女性2人

『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。食卓

おばぁの優しさをページを通して感じられるレシピ―『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』

青く澄んだ空と広い海に囲まれ暮らすおばぁたちのレシピからは、その丁寧さ、優しさがページを超えて感じられます。
そんな温かみのある、飾らない沖縄の家庭の味を大切な人に伝えてみませんか?
大丈夫、この本がおばぁの代わりとなって、手取り足取り教えてくれますから。

『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』から感じるおばぁのぬくもりと島の飾らない家庭の味。本
『家庭でつくる 沖縄の漬物とおやつ』(むぎ社発行)

記事/たびのたね
12903461_898326880278329_554774143_o
「たびのたね」は、旅行ガイドや観光地を特集した雑誌、日本全国各地の出版社が発行する「ご当地本」を購入できる電子書籍ストアです。
「記事を部分的に欲しい」というニーズにもお応えできるよう、エリアや特集単位でお得に購入できる「抜粋版」電子書籍もラインナップしています。
ホームページ

その他のおすすめ記事

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

『続・名古屋の喫茶店』からみえる名古屋人の喫茶愛と足し算文化

『続・名古屋の喫茶店』からみえる名古屋人の喫茶愛と足し算文化

『下仁田ねぎの本』からみえる歴史と地域に根づく食材の力

『下仁田ねぎの本』からみえる歴史と地域に根づく食材の力

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』