作るコト作るコト
料理 2020.09.09

保存食のある暮らし~今注目の野菜ビーツの下処理と保存方法『林檎とビーツのマリネ』

ビーツって聞いたことありますか?色鮮やかな真っ赤な色。自然な色味。ビーツは甜菜糖の原料に使われるものでオリゴ糖と食物繊維が豊富です。ペースト状にして冷凍しておいて和菓子や焼き菓子の色づけに使用したり、
夏はヨーグルトと一緒に冷たいボルシチにしたり…。
今回ご紹介したビーツとりんごのマリネは色鮮やかで食卓を華やかにしてくれるので、肉料理の付け合わせなどと合わせておもてなしの一品にぴったり。りんごの爽やかな香りと酸味がビーツ独特の風味をカバーしてくれて食べやすくなりますよ。
最近では北海道産や長野産の生のビーツがスーパーでも手に入りやすくなりました。
缶詰のものよりもフレッシュなビーツのほうが断然おいしいのですが、使い方が分からない、独特の土臭いにおいが苦手、という方も、こちらのレシピを試してみてぜひ食卓にとりいれてみては?

ビーツの知られざる栄養

ビーツは甜菜糖の原料に使われるものでオリゴ糖と食物繊維が豊富。食べると腸内の善玉菌の餌となって腸内環境を改善してくれます。また、赤い色素成分のポリフェノールの一種ベタシアニンには強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。
一酸化炭素が血流を活発にし血管を柔軟にする働きがあるとして、脳梗塞、心筋梗塞の原因となる血栓予防に効果があるとされています。葉の部分には鉄分も含まれていますので、葉つきのものがあればぜひ葉も煮込み料理などにして使用しましょう。

『ビーツの酢漬け』(500ml)材料

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%ae%e3%83%94%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%b9_top

ビーツ

1個

米酢

200ml(A)

白ワイン

30ml(A)

5g(A)

ローリエ

1枚(A)

『林檎とビーツのマリネ』材料

%e6%9e%97%e6%aa%8e%e3%81%a8%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%8d_top

りんご(固めのもの)

1個

ビーツの酢漬け

1/4個

ビーツの漬け汁

大さじ2(B)

オリーブオイル

大さじ2(B)

小さじ1/2(B)

粒マスタード

小さじ1(B)

ディル  

適量

『林檎とビーツのマリネ』作り方

1.ビーツを下処理する。
ビーツは皮つきのまま丸ごと鍋に入れてかぶるくらいの水を入れて竹串が通るまで20分ほどゆでる。
蓋をすると土臭いにおいが逃げないので蓋をせずゆでる。
もしくはアルミホイルで包んで220℃のオーブンで焼く、蒸し器で蒸す。
皮をむくと色素が出てきてしまうので皮ごと加熱する、とにかく丸ごとで火が通れば大丈夫です。
2.火が通ると皮が手でこするとするりとむけるようになるので皮をむいて瓶に入るサイズにカットして詰める。
3.(A)の調味料を鍋に入れて加熱し、2.の瓶に注ぎ蓋をする。

4.ビーツの酢漬けを利用してりんごとビーツのマリネを作る。
ビーツとりんごは1.5cmの角切りにし、ボウルに入れる。
5.ボウルに(B)の調味料を入れて乳化してとろりとするまでよく混ぜる。
6.5.のボウルに4.のビーツとりんごを入れて和えて半量のディルをちぎって混ぜ合わせる。
7.器に盛りつけ上に残りのディルをちぎって乗せる。

『林檎とビーツのマリネ』を美味しく作るポイント

・酸っぱいのが苦手な方は漬け汁の酢の分量を20gにして残り分量を水にしても良いのですが、その場合は冷蔵庫で1週間の保存期間になります。

『ビーツの酢漬け』と『林檎とビーツのマリネ』の保存期間

・ビーツの酢漬け 冷蔵庫で5か月
・ビーツとりんごのマリネ 冷蔵庫で1週間

監修/株式会社ふらりーと

tatelogo%e6%ad%a3%e5%bc%8fai

1食950円から、栄養士/管理栄養士があなたの自宅で数日分の食事を作り置きします。面倒なメニューぎめから買い物まで、全て一括で行います。疲れてクタクタで帰った時に、誰かが温かい手料理を用意してくれる。毎日食べたいと思える美味しいご飯を食べてずっと健康でいられる。
そんな誰もが最高と思える暮らしを当たり前にしていきます。

レシピ/栄養士 菊池律

riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理経験4年、パン職人3年。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っていま。季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

その他のおすすめ記事

保存食のある暮らし~旬の春キャベツで腸を活性化『自家製シュークルート』

保存食のある暮らし~旬の春キャベツで腸を活性化『自家製シュークルート』

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』