作るコト作るコト
料理 2021.06.13

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

目次

家庭にあると便利な乾物野菜。干し椎茸や切り干し大根、干しきくらげなどがありますね。水で戻すだけでだし汁も美味しく、保存がきくところも嬉しいポイントです。
乾物とまではいかなくても、気軽に干し野菜生活始めてみませんか?
ほったらかしで干し野菜『干し大根をつかった作り置きおかず』

干し野菜で栄養アップ!旨みもアップ!―『干し大根をつかった作り置きおかず』

干すことで野菜の水分が抜け、旨味がギュッと凝縮するんです。さらに、野菜は日に当てるとビタミンDが形成されるので、栄養価もアップ!
大根や人参などは、皮ごと干せばいいので食卓のごみも減りエコにもつながりますね。
干し野菜は生野菜よりも味が染みやすいので、調味料が少なくても中に味がはいっていきます。そのため、薄味でも美味しく感じられるんですよ。
さぁ冷蔵庫の中でしなびてしまう前に、手軽に干し野菜始めてみませんか?
ほったらかしで干し野菜『干し大根をつかった作り置きおかず』大根を干している

【基本】ほったらかしで作る「干し大根」―『干し大根をつかった作り置きおかず』

ほったらかしで干し野菜『干し大根をつかった作り置きおかず』大根をざるで干している
初心者さんはまずは今の時期の旬でもある大根から始めましょう。冬大根は甘みが強いのが特徴ですが、干すことで更にその甘みもギュッと凝縮し、更に甘くなります。
皮ごと切って干してしまうので、台所の生ゴミも減らせてエコにつながりますね。大根の大量消費にもおすすめです。

【材料】ほったらかしで作る「干し大根」―『干し大根をつかった作り置きおかず』

・ 大根 お好きな量
ほったらかしで干し野菜『干し大根をつかった作り置きおかず』大根

【作り方】ほったらかしで作る「干し大根」―『干し大根をつかった作り置きおかず』

【1】 大根をよく洗い、5mm程度のいちょう切りにする
【2】 干しざるに重ならないよう並べ、天気の良い日に風通しの良いところで半日干す
【3】 皮の部分がしわしわとした状態になってきたらでき上がり

【ポイント】ほったらかしで作る「干し大根」―『干し大根をつかった作り置きおかず』

・ 時間は季節や天候によって異なりますが、今の乾燥した季節では朝から夕方まで約1日干せばOKです。もっとパリパリになって保存がきくまで乾かしたい場合は、お天気の良い日に3日程度干し続けます。
・大胆に輪切りにして菜箸に連なるように刺して干す方法もあります。そのまま漬けてもよし、煮物にも使えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝から夕方まで1日干して、このような仕上がりです。もっと干すと、歯ごたえが増します。
ほったらかしで干し野菜『干し大根をつかった作り置きおかず』干している大根を箸に挿している

干し野菜でアレンジレシピ①
〜干し野菜でつくる大根のはりはり漬け〜『干し大根をつかった作り置きおかず』

ほったらかしで干し野菜『干し大根をつかった作り置きおかず』はりはり漬け
噛むとパリパリとした歯ごたえがあることから名が付けられたはりはり漬け。漬けた当日から食べられるけど、漬け汁に浸したままなら長期保存もきくところが嬉しいですね。そのまま食べてもよし、ツナなどと和えてサラダにしてもおいしいこの時期作りたい保存食の一つですよ。あんなにたくさん作ったのにもうないの?そんな声が聞こえてくるほど、あっという間になくなってしまうかもしれませんよ。

【材料】干し野菜でつくる大根のはりはり漬け(2人前)―『干し大根をつかった作り置きおかず』

・ [A] 干し大根 1/2本分
・ [A] 醤油  大さじ2
・ [A] 酢 大さじ2
・ [A] 砂糖 大さじ1
・ [A] みりん 大さじ1
・ 昆布 5cm分
・ 鷹の爪(お好みで) 1本

【作り方】干し野菜でつくる大根のはりはり漬け―『干し大根をつかった作り置きおかず』

【1】 昆布は2cm角程度にハサミで切る
【2】 鷹の爪は種をとって小口切りにする
【3】 耐熱容器に[A]を入れて、600Wの電子レンジで1分加熱する
【4】 【3】の中に干し大根、【1】と【2】を入れ半日漬ける

【ポイント】干し野菜でつくる大根のはりはり漬け―『干し大根をつかった作り置きおかず』

・ 冷蔵庫で2週間程保存可能です
・ 保存袋などで漬けると、均等に味がしみ込みます
ほったらかしで干し野菜『干し大根をつかった作り置きおかず』はりはり漬けポイント

干し野菜でアレンジレシピ②
甘みと旨味がスープに溶け出す 〜干し大根と鶏団子のスープ〜『干し大根をつかった作り置きおかず』

ほったらかしで干し野菜『干し大根をつかった作り置きおかず』鶏団子のスープ
水に戻さずにそのまま煮込んで旨みもまるごといただきましょう。干し野菜からでる凝縮された旨みと甘み、そして鶏肉からでるだしが効いた優しいスープは、心も体もほっこり温まりますよ。このスープとおむすび、はりはり漬けだけで、ランチはもう大満足のはず!

【材料】干し大根と鶏団子のスープ―『干し大根をつかった作り置きおかず』

・ 干し大根 適量
・ 鶏ひき肉 150g
・ [A] ねぎ(みじんぎり) 5cm分
・ [A] 片栗粉 大さじ1
・ [A] 塩 小さじ1/4
・[A] 卵 1/2個

・ 塩 小さじ1/2
・ みりん 大さじ1
・ 薄口醤油 小さじ1
・ 酒 大さじ1
・ だし汁 600ml

【作り方】干し大根と鶏団子のスープ―『干し大根をつかった作り置きおかず』

【1】 鍋にだし汁を入れ、干し大根をいれ火にかける
【2】 ボウルに鶏ひき肉と[A]を入れ、粘りが出るまでよく混ぜ、ゴルフボール位の大きさに丸める
【3】 煮立ったところへ、【2】を入れ、蓋をして10分ほど弱火で煮込む
【4】 調味料をすべて入れ、更に3分ほど弱火で煮込む

レシピ/OZmall

header-pc_logo

今年20周年を迎えたOZmallは「私の好きと出会う場所」をテーマに、グルメ・旅・ビューティ&暮らしのヒントを日々紹介します。

その他のおすすめ記事

アレンジ自在!『ブロッコリーをつかった作り置きおかず』

アレンジ自在!『ブロッコリーをつかった作り置きおかず』

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2021.12.21

繰り返し作りたいシンプルなご馳走『骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き』

編集部おすすめ記事

2022.01.25

袋で簡単!『味噌ヨーグルト床』

2022.01.25

甘辛で美味しい!『長ネギとトッポギの炒め煮』

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類