得するコト得するコト
まめ知識 2016.12.18

長生きにも糖尿病にも効果的?『続けていきたいお口ケア』

お口の中、皆さんはどれほど気にしていますか?歯磨きは毎日するものだけどデリケートな部分だからなかなか人に言えずに悩んでいることありませんか?そもそも、歯磨きだけで十分なのでしょうか。
お口周りについて、ちょっと役立つ豆知識覚えておきましょ。

歯周病になると、肺炎やクモ膜下出血にもかかりやすくなる

歯周病は成人の80%がかかっているといわれ、自覚症状がなく進行していきます。
歯周病は、歯周病菌が歯と歯茎の隙間から入り込み、炎症を起こす病気で、重症になると、歯肉がダメになり歯が抜けてしまいます。加齢で歯茎が痩せ、細菌が入りやすくなるので、中年以降はとくに注意が必要なのです。
歯を失うと当然ながら噛めなくなります。そして柔らかい物や炭水化物ばかり食べてしまい、免疫力の低下と栄養不足を招いてしまいます。
また、話すことや顎の動きが減るため、脳にも影響し認知症の進行につながることもあるのです。
さらに、歯周病菌が毛細血管から体内に入ると、全身に慢性的な炎症を起こす原因になるので注意が必要です。肺に入れば肺炎になり、クモ膜下出血で破裂した動脈瘤から歯周病菌が発見されるなど、思いもよらぬところで病気の原因になるのが歯周病菌なのです。

糖尿病も歯周病が原因?

最新の研究では、歯周病を患っている人は血糖値が高いことが明らかになっています。
歯周病菌が体内に入ると免疫反応が起こりますが、そのときに分泌されるサイトカインという物質が、血糖値を下げるインスリンの働きを妨げてしまうのです。事実、歯周病の治療を糖尿病患者に行ったところ、血糖値が下がるという結果が得られています。
糖尿病予防の観点からも、歯周病治療などで口腔内を清潔に保ち、インスリンの働きを妨げないことが重要なんですね。
11062359_744799918966283_8899167416414268878_n

第一のケアは、歯をまめに磨くこと

歯垢1gあたりに細菌は1,000億個といわれています。
口のなかは、食べ物や空気から雑菌を摂り込みやすく、36度程度の温度のため、菌が繁殖しやすいのです。
まずは1日に2~3回の歯磨きを習慣にしましょう。ポイントは力を入れてゴシゴシこすらないこと。ペンを持つ程度の力がベストです。
また、歯に対して45度の角度で1本1本、丁寧に磨いていくことも大切ですよ。歯間ブラシで歯の隙間をケアすると、より細菌を除くことができて効果があるのでプラスαして使用していきたいですね。
そのほか歯周病を予防するには、食事のときよく噛むことも大切です。噛むことで唾液が十分に分泌され、唾液の殺菌作用で細菌の繁殖をある程度防ぐことができます。また食後にキシリトールガムを噛むことも、歯石や酸の発生を防ぐのに有効。甘いものが食べたくなったら、ぜひ、代わりにキシリトールガムを噛んでみては?

また、舌にも菌が付着しているので、舌の掃除も行うことをお勧めします。舌に細菌がついたままだと味覚が鈍くなり、塩分の摂り過ぎや食べ過ぎのもとになります。理想をいえば、3ヶ月に一度程度は、歯科に通い、たまっている歯石の除去とチェックをしてもらうのがベストなのです。

口の中を清潔に保ち、丈夫な歯を持つことが、長生きで万病を避ける秘訣。特に多くの人が罹る歯周病の対策は、とっておいて損はありません。病気は口から始まっていると心得て、歯磨きをはじめとする口腔内ケアにいそしんでみてはいかがでしょうか。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類