知るコト知るコト
新しいコト 2016.12.04

バッグにこっそり忍ばせて『美肌をつくるお手がる朝ごはん』

昨日も帰ってきたのは深夜で、気付いたらもう朝。
アラームが鳴った瞬間動き出そうとするけれど、まだ疲れが取れない体をもう少しだけ休ませようとベッドの中で二度寝…。
…身に覚えのある方も多いのでは?
この少しの時間が朝のバタバタを連れてきて、慌ててメイクに着替えにと忙しい朝の用意。そんな中で「朝ごはん」省略していませんか?
忙しい朝だから、日々の習慣として定着させるためには「手軽さ」も大事なポイントですよね。
今回は朝のバタバタはそのままでも、しっかりと美容と健康のもとになる「手抜き朝ごはん」の工夫をご紹介します。

コンビニ朝ごはん、していませんか?

バタバタと用意をして駅に向かい、電車に揺られて着いたオフィスで一息つきながら、コンビニおにぎりと野菜ジュースで朝ごはん。
よく見る光景ですが、おにぎりと野菜ジュースだけでは、美肌と健康に必要な栄養素は少し偏りがち。そして含まれている添加物も気になります。

寝ている間にリセットされた体に入れるものは、できるだけ栄養価が高くて安心できるものがいいですよね。

朝ごはんにナッツ&ドライフルーツを

そこでおすすめしたいのが、ナッツ&ドライフルーツの朝ごはんです。
ナッツ&ドライフルーツはとっても栄養が豊富で、その中でも女性にとって嬉しい美肌に効く栄養素がぎゅっと詰まっている天然のサプリメントのような存在。
駅で電車を待っている合間や、PCを見ながらの片手でも手軽に食べられるのもいいところです。

食べる量と加工方法に気をつければ、上手に良い所だけ取り入れられる

もちろん、食べ過ぎはNG。ですが適正な量を守ること、加工方法に気をつければ上手に良い所だけ取り入れることが出来ます。
ナッツは油分が多く含まれていますが、その多くはオメガ脂肪酸など体に良い不飽和脂肪酸。オイル美容の有効性が言われていますが、積極的に摂りたい良質な油分なのです。
また、ドライフルーツも砂糖不使用のものを選べば生のフルーツとカロリーは変わりません。

ナッツ&ドライフルーツの嬉しい効果

美肌の基礎を作ってくれるたんぱく質が豊富で、お肌を水分たっぷりの良い状態にするために欠かせないたんぱく質。
しかし、たんぱく質が多く含まれているのはお肉や卵など、目まぐるしく動き回っている女子にとって少し摂りにくいもの。
ランチで選ぶメニューを工夫して意識的に量を増やすこともできるけれど、毎日続けるには少しハードルも高めですよね。
そんな、摂りたいけれど、上手に摂りづらいたんぱく質も、ナッツには豊富に含まれています。

細胞をピチピチにしてくれるビタミン、ミネラルも

そしてナッツ、ドライフルーツの両方が豊富に持っているのが「ビタミン、ミネラル」。
ビタミンとミネラルも、たんぱく質同様に細胞をピチピチに保つためには必須の栄養素です。
特にビタミンEには細胞が呼吸をするたびに出る老廃物(サビ)を押さえる働きがあるので、不必要なものが溜まりにくいクリーンな体を保つためには積極的に摂ることをおすすめします。

ナッツ&ドライフルーツに含まれる栄養とその効果

・亜鉛…肌、髪の毛をつやつやにする&女性ホルモンを助ける
・カリウム…むくみを防ぐ
・銅…顔色を良くする
・カルシウム…気分を穏やかにする
・マグネシウム…エネルギーのもとになる
・鉄…全身に酸素を送って細胞をピチピチにする
df40d5a6a5c0fb662faf1c5ee142ba87
これらを食事でバランスよく摂るとなると、海草類、お肉、卵、牛乳、レバーなどになるのですが毎日摂るのは難しいですよね。
でも、朝ごはんにナッツ&ドライフルーツを食べることで、これらの栄養をきっちり摂ることが出来ちゃいます。

バッグに入れてもかさばらずに片手でつまんで食べることができるドライフルーツやナッツは忙しい女性の味方になってくれます。
一日のスタートに「とりあえずの朝ごはん」を食べているとしたら・・・、そこにこの救世主をプラスしてみませんか?
朝から体の中に必要な栄養素が入ってくることで頭も体もすっきりと動き出しますし、偏りがちな栄養を補填するにはベストのタイミングです。
小さい中に自然の力がぎゅっと詰まっている天然のサプリをバッグに忍ばせて、今日も元気に出発しましょう!

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.10.25

あまじょっぱいてりやきに黄身がとろ~り『お月見ばーぐ』

2020.10.23

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

2020.10.21

お弁当にもおやつにも!ひんやり甘酸っぱい『サツマイモの檸檬煮』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.19

置いとくことでより美味しくなる常備菜『ナスとホタテの南蛮漬け』

2020.10.19

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

2020.10.17

覚えておきたいおやつレシピ『バナナキャラメルマフィン』

2020.10.17

うつ病も食事で改善できる 『栄養士おすすめの食材&レシピと食事のポイント』

2020.10.16

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「さつまいも」を使ったレシピまとめ

編集部おすすめ記事

2020.10.28

冷凍野菜を活用!簡単『かぼちゃのプリン』

2020.10.27

糀のコト『甘酒スムージーから始まる1日』

2020.10.26

パリッ!とトロける『かぼちゃのクレームブリュレ』

2020.10.24

手軽で簡単!美味しく健康になれちゃう『煎り玄米』とアレンジレシピ

2020.10.23

ゆでっぱなしで美味しさバツグン『ゆで栗』

2020.10.22

おうちで手づくり『基本のシュウマイ』

2020.10.22

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「かぼちゃ」を使ったレシピまとめ

2020.10.21

白、赤、あやめ色…『彩り豊かなかぶでワインパーティーを盛り上げよう』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.20

手抜きなのにしっかりおつまみ『じゃがいもの鯖味噌炒め』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.27

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう