作るコト作るコト
料理 2016.12.07

胃腸のつかれる師走にはヘルシー!『粒そばと焼き茄子のベジミートボール』

年末が近づくにつれ、増えてくるのがお酒の席。
年越しに食べるものといえば蕎麦ですが、実は蕎麦には、食べ過ぎのときにもとても消化がよく胃をすっきりさせてくれる効果がある優れものです。
そんな蕎麦を粒のままで、蓮根と焼き茄子とミートボール風にしてみたら…食感もまるでお肉のようで食べごたえもありおいしくてヘルシーな一品になるんですよ。
ついつい食べすぎてしまう機会の多いこの時期、お弁当にもパーティオードブルにも、そして日本酒のおつまみにも合うおいしさです。

蕎麦の栄養あれこれ

蕎麦を粉にする前の実のままの粒そばをそばの実と言います。
全粒穀物でグルテンフリー、そして蕎麦といえば数年前に有名になったルチン動脈硬化や高血圧の予防や毛細血管の強化などの効果のあるルチンを豊富に含んだヘルシー食材なのです。
蕎麦には白米に不足するビタミンB1、B2も豊富。
マクロビオティックでは蕎麦はからだを温める効果があるため、そして気管や粘膜を強くし咳を鎮める効果のある蓮根も使っているため、冬には特におすすめです。
e5576597d15ec6bd3b797ec270265cd7_m
▶︎そばの花

tubusoba
▶︎そばの実

材料(4~5人分)

<材料1>
蕎麦の実 1/2カップ(
茄子 中1本
蓮根 100g
くるみ 3~4コ
味噌 小さじ1
醤油 小さじ1
片栗粉 大さじ2

米粉または片栗粉 1/3カップ
なたね油(揚げ油) 適量

<たれ>
椎茸昆布だし 1/4カップ
醤油 1/4カップ
みりん 1/4カップ
日本酒 大さじ1
バルサミコ酢 大さじ1
てんさい糖 大さじ1
葛粉または片栗粉 小さじ1+1/2(同量の水で溶いておく)

作り方

1、 蕎麦の実は洗って1時間ほど浸水させておき、倍量の水をいれて炊いておく
2、 茄子は魚焼きグリルのそのままいれてまんべんなく焼いて皮をむき、醤油をかけて包丁で叩いておく
3、 れんこんはすりおろす
4、 しょうがはみじん切り、くるみは手で適当な大きさに砕きいれる。
5、 1~4と味噌、みりん、片栗粉を混ぜ合わせる(※茄子やれんこんの水分量で固さが変わるので様子をみて片栗粉を調整する)
6、 一口大に丸めて米粉または片栗粉をまぶして熱したなたね油でからりと揚げる。
7、 たれの材料を小鍋にいれて煮立たせ、水溶き葛粉でとろみをつけて6にかける

小ネタ・コツ・ポイント

*蕎麦の実は柔らかくなりすぎないように炊くことでお肉に似た食感になります
*大葉を刻んで混ぜたり、ひじきを戻して細かく刻んでいれてもおいしいです
*「仙人は霞を食べて生きていた」と言われますが、霞とは実は蕎麦ではないかという説もあるそうです
*蕎麦アレルギーの疑いのある方や幼少のお子様にはアレルゲンになることもあるので食べさせないでください。

レシピ/Tokyo Smile Veggies  千葉 芽弓(miyumi chiba)

ベジフード☓ヘルスデザイナー
KIJマクロビオティックアドバイザー
沖ヨガ系ファミリーヨガインストラクターコース修了
豆腐&ビューティライフアドバイザー
フードコーディネーター
食育インストラクター
Profilephoto Vegemiyu
トーキョーにベジなおもてなしを~Tokyo Smile Veggies
Vegemiyu

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料