作るコト作るコト
料理 2016.12.11

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』

目次

寒い冬に食べたい鍋料理の定番食材である白菜は、冬野菜の代表格。甘みがあっておいしいですね。
丸々買ったはいいけれど、どう消費していいのやら悩んでしまいませんか?
今回はあっさりとサラダ感覚の漬物で、たっぷり冬の恵みをいただきましょう。

丸ごと買っても大丈夫「白菜」の保存法―『白菜をつかった作り置きおかず』

白菜の正しい保存方法は、新聞紙に包んで、冷暗所に立てて保存すること。外葉からはがして使っていく場合は、芯の部分に切り込みを入れて、濡れた新聞紙をはさんでラップで包んで野菜室で立てて保存。こうすることで鮮度が長続きするんです。
でも、白菜は水分が多い野菜なので火を通したり、塩で漬けてあげると、カサが減るため、意外と早く食べきれることも。様々な調理法でたっぷり冬の恵みをいただきましょう。
冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』白菜

【基本】柚子香る白菜のあっさり漬け―『白菜をつかった作り置きおかず』

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』あっさり漬け
お弁当の隙間を埋めたいな…という時や、食卓で副菜がもう一品欲しいな…という時に嬉しいのがお漬物。
味の濃い漬物ではなくて、サラダ感覚で食べられるあっさり漬けだからお料理のひとつとして取り入れてみてくださいね。

【材料】柚子香る白菜のあっさり漬け(2人前・4日分)―『白菜をつかった作り置きおかず』

・ 白菜 1/4玉
・ 柚子 1/2個
・ 塩麹 大さじ2(なければ塩小さじ1)
・ 昆布 10cm程度
冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』あっさり漬け材料

【作り方】柚子香る白菜のあっさり漬け―『白菜をつかった作り置きおかず』

【1】 白菜は1cmの厚みにざくざく切る
【2】 柚子の皮を包丁で薄く剥き、細く切る(なるべく白い部分を剥かないように)
冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』柚子
【3】 昆布はキッチンバサミで5mm程度の幅に切る
【4】 ビニール袋にすべての材料を入れ、袋に空気を含ませて口を閉じ、シャカシャカと振って全体をなじませる
【5】 冷蔵庫で半日漬けておく
冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』あっさり漬けを漬けている

【ポイント】柚子香る白菜のあっさり漬け―『白菜をつかった作り置きおかず』

・ ビニール袋に入れる時、白菜は厚みのある芯の部分から先に入れると味が均等になりやすいです
・漬けるときは、なるべく袋内の空気を抜くようにすると、まんべんなく漬かります
・ 塩麹は種類によって塩分濃度が異なります。お好みで加減してください

白菜のあっさり漬けでアレンジレシピ①
シンプルながら旨味が◎ 〜あっさり漬けの豚ばらロール〜『白菜をつかった作り置きおかず』

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』豚バラロール
漬物として食べ飽きてしまったら、お肉料理に変身させてしまいましょう。
生で巻くと扱いにくい白菜も、水分が抜けて巻きやすくなります。食べた時のシャキシャキとした食感と、豚肉からでる旨味たっぷりの脂が本当に美味しい。お弁当のおかずにはもちろん、食卓のおかずとしてもおすすめですよ。

【材料】あっさり漬けの豚ばらロール(2人前)―『白菜をつかった作り置きおかず』

【基本】白菜のあっさり漬け 2人前
・ 豚ばら肉3枚
・ 黒胡椒 適量
・ 塩 適量

【作り方】あっさり漬けの豚ばらロール―『白菜をつかった作り置きおかず』

【1】 白菜のあっさり漬けをぎゅっとしぼって、水気を切る
【2】 豚バラ肉を広げ、【1】を手前に置き、くるくるときつめに巻く
冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』豚バラロール作り方
冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』豚バラロールを巻いたところ
【3】 塩胡椒をし、巻き終わりを下にして、油をしかずにフライパンに並べる
【4】 蓋をしながら、途中コロコロと転がして、中火〜弱火で焦げ目がつくまで焼く

【ポイント】あっさり漬けの豚ばらロール―『白菜をつかった作り置きおかず』

・ 豚ばら肉から脂が出るので、油はしかずに焼きます。焼いている途中に白菜の水分が出てきて蒸し焼き状態になります。パチパチはねるので蓋をしてください。
・ 巻くことで、中まで火が通りにくいです。表面に焼き色がついた後も、火を止めて蓋をし、余熱で中までしっかり火を通すようにしましょう。

白菜のあっさり漬けでアレンジレシピ②
漬物がアクセントに 〜柚子香るあっさり和風チャーハン〜『白菜をつかった作り置きおかず』

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』和風チャーハン
白菜漬けが何日かしっかり漬かってきたら試して欲しいのがこちらのレシピ。ほんのり柚子香るチャーハンは、いくらでも食べられそうな優しい味わいです。

【材料】柚子香るあっさり和風チャーハン(1人前)―『白菜をつかった作り置きおかず』

【基本】白菜のあっさり漬け 1人前
・ 鶏そぼろ(※) 大さじ1
・ ごはん 1人前
・ ごま油 小さじ1
・ いりごま 小さじ1
・ 塩 少々

【作り方】柚子香るあっさり和風チャーハン―『白菜をつかった作り置きおかず』

【1】 白菜のあっさり漬けをぎゅっとしぼって、水気を切る
【2】 フライパンに油をしいて熱し、【1】を軽く炒める
【3】 鶏そぼろとごはんを入れて強火でサッと炒める
【4】 いりごまを入れ、最後に塩で味を調える

(※)鶏そぼろの作り方
小鍋に、[水100cc]、[醤油・みりん・砂糖・酒を各大さじ1]を入れ、[鶏ひき肉200g]と[すりおろし生姜少々]を入れて火にかける。箸で混ぜながら煮汁が半分くらいになるまで煮る

【ポイント】柚子香るあっさり和風チャーハン―『白菜をつかった作り置きおかず』

・ いりごまを入れることで、パラパラとした仕上がりになります

レシピ/OZmall

header-pc_logo

今年20周年を迎えたOZmallは「私の好きと出会う場所」をテーマに、グルメ・旅・ビューティ&暮らしのヒントを日々紹介します。

『白菜』を使ったお役立ちレシピ集はこちら
『白菜』を使ったお役立ちレシピ集はこちら

その他のおすすめ記事

冬こそ美味しい『ほうれん草をつかった作り置きおかず』

冬こそ美味しい『ほうれん草をつかった作り置きおかず』

アレンジ自在!『ブロッコリーをつかった作り置きおかず』

アレンジ自在!『ブロッコリーをつかった作り置きおかずレシピ』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2021.12.21

繰り返し作りたいシンプルなご馳走『骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き』

編集部おすすめ記事

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

2022.01.11

お肉なしでも大満足!『ほうれん草と豆腐のオイスターソース炒め』

2022.01.09

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類