得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

時短 2016.12.12

服の収納を見直そう『時短でできる3つのコツ』

LINEで送る
Pocket

身なり、というものをその人の心の内を現すものであったりするもの。
すこし疲れていたり、心や時間に余裕がなかったりすると、型崩れした洋服を着ていたり、伸びていたり…
忙しくても、きちんと見える収納のコツ、覚えておきましょうね。

収納一つで「見た目年齢」は変わる

たとえば、シャツはきちんと着こなしていれば、清潔感があってさわやかに見える。でもシワがあると老けて見えたり、だらしない印象になったりする。スウェットやセーターも、型崩れしていたり生地が伸びていたりすると、「生活に疲れている?」と受け取られてしまう。

そうならないためにも、服はそれぞれに合った方法できちんと収納することが大切。とはいえ毎日のことなので、収納はできるだけラクなほうがいい。

クローゼットの8割まで

収納のコツを3つお伝えしたい。
一つ目は、クローゼットの中身を「見える化」すること。

朝、クローゼットを開けて、何を着るかすぐに決められるだろうか? 「なかなか決められない」という人が実は多い。原因の一つは、どこに何があるのかがわからないということ。
着る服に迷わないようにするための第一歩は、クローゼットを「見える化」することだ。しまう服は、クローゼットの7~8割くらいまでにする。詰め込みすぎると、何が入っているのかわかりづらいし、シワやカビの原因にもなる。

それに、無駄使いも防げる。あるお客様で、機能性インナーを何枚も持っている方がいた。安いときにまとめ買いしてしまい込み、それを忘れてまた買ってしまったのだという。そうならないためにも、クローゼットは「見える化」したほうがいい。

1日に1カ所ずつ

二つ目は、少しずつ片付けるということ。クローゼットの中身を全部取り出してから「断捨離」する方法もあるけれど、私のお勧めは「1日に1カ所」ずつ片付けるという方法。

一度に全部を出してしまうと、子どもが昼寝から起きてきたりしてそのままクローゼットに戻すことになりかねない。1カ所ずつなら気軽に片付けられるから、短時間で済むし達成感も得られる。

7~8割にできたら、色をそろえてハンガーに掛けておくのがお勧め。ざっくりで構わないので色ごとに分けて、服の裾が下の引き出し収納などにかからないよう、バランスも考慮しながらしまう。こうするとどこに何があるかがわかりやすくなる。見た目もお店のようにきれいになるので、気分も晴れやかになる。

ハンガー収納でラクをする

収納のコツ、三つ目は、なるべくラクにしまうということ。

服の収納というと、「畳んで引き出しにしまうこと」とイメージしている人が多いかもしれない。でもすべての服を畳む必要はないし、ハンガー収納を活用することとでラクになる部分も多い。
ハンガーにかけたままなら、ベランダに干してある状態からそのままクローゼットに入れるだけで済むから、手間も時間も節約できる。クローゼットを開けただけで手持ちの服がパッとわかる。着るときもハンガーからサッと外すだけでいい。
dsc_0538-1-540x540
(Photo by Jinichiro Kazama)

襟が大きく開いたものなどハンガーから落ちやすい服が多いなら、滑りにくいドイツ製の「MAWAハンガー」がお勧め。私は服がスルっと取れるほうがいいので、無印良品のハンガーなどを愛用している。

ラフな畳み方でいい

とはいえ、伸びがちなニットや型崩れしやすいデザインなど、服によってはたたんだほうがいい場合もある。たたんで収納する場合も、ラフなたたみ方で大丈夫。スウェットなどカジュアルな素材や子どもの服はほとんどが「ラフなたたみ収納」でも大丈夫。

きれいに畳む必要がない、となると子どもにも手伝ってもらえる。4~5歳くらいの子ならお手伝いをしたい気持ちも芽生えてくるので、お願いすると喜んで手伝ってくれるかもしれない。ラクになるうえ、子どもとのコミュニケーションにもなるので、ぜひお勧めしたい。

お伝えした中で「これならできそう」と感じたものがあったら、まずは一つ、ぜひ試してみてほしい。収納がうまくいけば、見た目年齢だって変わるのだ。

記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』