得するコト得するコト
時短 2016.12.12

服の収納を見直そう『時短でできる3つのコツ』

身なり、というものをその人の心の内を現すものであったりするもの。
すこし疲れていたり、心や時間に余裕がなかったりすると、型崩れした洋服を着ていたり、伸びていたり…
忙しくても、きちんと見える収納のコツ、覚えておきましょうね。

収納一つで「見た目年齢」は変わる

たとえば、シャツはきちんと着こなしていれば、清潔感があってさわやかに見える。でもシワがあると老けて見えたり、だらしない印象になったりする。スウェットやセーターも、型崩れしていたり生地が伸びていたりすると、「生活に疲れている?」と受け取られてしまう。

そうならないためにも、服はそれぞれに合った方法できちんと収納することが大切。とはいえ毎日のことなので、収納はできるだけラクなほうがいい。

クローゼットの8割まで

収納のコツを3つお伝えしたい。
一つ目は、クローゼットの中身を「見える化」すること。

朝、クローゼットを開けて、何を着るかすぐに決められるだろうか? 「なかなか決められない」という人が実は多い。原因の一つは、どこに何があるのかがわからないということ。
着る服に迷わないようにするための第一歩は、クローゼットを「見える化」することだ。しまう服は、クローゼットの7~8割くらいまでにする。詰め込みすぎると、何が入っているのかわかりづらいし、シワやカビの原因にもなる。

それに、無駄使いも防げる。あるお客様で、機能性インナーを何枚も持っている方がいた。安いときにまとめ買いしてしまい込み、それを忘れてまた買ってしまったのだという。そうならないためにも、クローゼットは「見える化」したほうがいい。

1日に1カ所ずつ

二つ目は、少しずつ片付けるということ。クローゼットの中身を全部取り出してから「断捨離」する方法もあるけれど、私のお勧めは「1日に1カ所」ずつ片付けるという方法。

一度に全部を出してしまうと、子どもが昼寝から起きてきたりしてそのままクローゼットに戻すことになりかねない。1カ所ずつなら気軽に片付けられるから、短時間で済むし達成感も得られる。

7~8割にできたら、色をそろえてハンガーに掛けておくのがお勧め。ざっくりで構わないので色ごとに分けて、服の裾が下の引き出し収納などにかからないよう、バランスも考慮しながらしまう。こうするとどこに何があるかがわかりやすくなる。見た目もお店のようにきれいになるので、気分も晴れやかになる。

ハンガー収納でラクをする

収納のコツ、三つ目は、なるべくラクにしまうということ。

服の収納というと、「畳んで引き出しにしまうこと」とイメージしている人が多いかもしれない。でもすべての服を畳む必要はないし、ハンガー収納を活用することとでラクになる部分も多い。
ハンガーにかけたままなら、ベランダに干してある状態からそのままクローゼットに入れるだけで済むから、手間も時間も節約できる。クローゼットを開けただけで手持ちの服がパッとわかる。着るときもハンガーからサッと外すだけでいい。
dsc_0538-1-540x540
(Photo by Jinichiro Kazama)

襟が大きく開いたものなどハンガーから落ちやすい服が多いなら、滑りにくいドイツ製の「MAWAハンガー」がお勧め。私は服がスルっと取れるほうがいいので、無印良品のハンガーなどを愛用している。

ラフな畳み方でいい

とはいえ、伸びがちなニットや型崩れしやすいデザインなど、服によってはたたんだほうがいい場合もある。たたんで収納する場合も、ラフなたたみ方で大丈夫。スウェットなどカジュアルな素材や子どもの服はほとんどが「ラフなたたみ収納」でも大丈夫。

きれいに畳む必要がない、となると子どもにも手伝ってもらえる。4~5歳くらいの子ならお手伝いをしたい気持ちも芽生えてくるので、お願いすると喜んで手伝ってくれるかもしれない。ラクになるうえ、子どもとのコミュニケーションにもなるので、ぜひお勧めしたい。

お伝えした中で「これならできそう」と感じたものがあったら、まずは一つ、ぜひ試してみてほしい。収納がうまくいけば、見た目年齢だって変わるのだ。

記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.01.21

甘くてほろ苦い美味しさがたまらない『タルトタタン』

2021.01.21

色を暮らしに活用しよう『安らぎカラー”緑色”がもつ秘密ゴト』

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

編集部おすすめ記事

2021.01.23

二十日正月は正月期間の終わり

2021.01.23

はじめてのナチュラルフード『新年を迎えて~出汁活をしよう~』

2021.01.22

白菜の甘みを味わおう!『焼きロール白菜』

2021.01.22

簡単なのに豪華‼『アボカドサーモンのチコリボード』

2021.01.22

冬土用入りで体のメンテナンスを

2021.01.21

ホッと美味しい!『大根とつくねの食べるスープ』

2021.01.20

煎り大豆の活用法!ごはんのお供に『みそ大豆』

2021.01.20

ほっこり体が温まる『白菜の豆乳クリーム煮』

2021.01.19

熱々とろとろ身体もほっこり!『アップルパイ風ホットサンド』

2021.01.17

大根の消費に『やみつき大根サラダ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』