知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2016.12.14

部屋も体もすっきりと『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

LINEで送る
Pocket

寒い日が続くと、あったかい部屋でじっと縮こまってしまいがち。
でも、寒い日だからこそしたいのがお掃除。
年末となるとせわしなく大掃除に取りかかる方も多いかもしれませんが、ちょっとの時間でできるちょっとのコトで、体も心も清々しくなるはずですよ。
ヨガの知恵を暮らしや家事、美容に取り入れるヒントを発信しているヨガ講師みうさんに、そんな暮らしをお聞きしました。

寒い季節にもってこい-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

ヨガを始めてから、苦手だった掃除が少し好きになった。
理由はいくつかある。ヨガではとても床に近いところでポーズをとるので、ホコリが目に付きやすくなった。深呼吸もたくさんするので部屋を清潔にしておきたくなるし、「シャウチャ(=浄化・清潔に保つ)」というヨガの教えの影響もある。それにヨガで体が柔軟になってくると、掃除で体を使うことが単純に楽しくなってくるのだ。

ぞうきんがけは、ヨガのおかげで楽しくできるようになった掃除の一つ。週に数回、ほうきや掃除機でゴミを取ったあと、ぞうきんがけをする。このぞうきんがけ、これからの寒い季節にもってこいの掃除なのだ。

冷え性対策にも-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

ぞうきんがけをする時は、四つんばいになり赤ちゃんのハイハイのような姿勢で。このハイハイの動きが、肩甲骨や骨盤回りをしっかりと使うことにつながる。体への効果を狙うなら、ときどき利き手でないほうの手も使うのがお勧めだ。
利き手でない手もあえて使ってみるといい。

大きくしっかりとぞうきんを動かせばそれだけ肩甲骨が動き、肩こりの解消にもなる。骨盤や肩甲骨を動かすと血流がよくなり体がポカポカと温まってくるから冷え性対策になる。ちょっと暑い時期ならじんわりと汗をかくくらいの運動量になるから、ダイエット効果も期待できるかもしれない。

寒い寒いとストーブの前でじっとしているよりも、ぞうきんがけをしたほうがいい。体も温まるし、部屋もきれいになって一石二鳥だ。
床はぴかぴかに、体はじんわり温かくなる。

ぞうきんがけをすると、腰が痛くなるという人もいるかもしれない。そんな人は姿勢に気を付けてみてほしい。お腹を少し引き上げ、おへその下あたりを少し意識するのがポイント。こうすると腰が守られ、そのうえ肩や足への負担も軽くなるから、しっかりとよく動くようになる。

ぞうきんを洗うコツ-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

家中ぞうきんがけをすると、よどんでいた空気の流れがスッと変わるようでとても気持ちいい。とはいえ、なかなか面倒なぞうきんがけ。私がいちばんおっくうなのは、冬場に冷たい水でぞうきんを洗うこと。

img_0085
(お風呂に入るときにまとめて洗うと、洗うときに冷たい思いをしなくていい)

冷たい水で洗わなくていいように、使ったぞうきんは重曹や石けんなどと一緒に夜まで浸けておいて、お風呂に入るときにまとめて洗っている。洗うこと自体が面倒なら、使い古しのタオルや衣服を使い捨てにしたり、厚手のウエットシートを使ってもいい。

体が温まり、部屋もきれいになる、とてもシンプルな掃除。運動不足だけど外に運動に行くのはちょっと……と思う方はぜひこの冬、ぞうきんがけを試してみてほしい。体も心もとてもすっきりとすがすがしくなる。

記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

捨ててしまうその前に、その服『ウエス』にしませんか

捨ててしまうその前に、その服『ウエス』にしませんか

ココロとカラダにゆとりをもたせるために『家事の時短生活』にチャレンジ

ココロとカラダにゆとりをもたせるために『家事の時短生活』にチャレンジ

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2019.07.12

『海の日』は海に囲まれた日本ならではの祝日。海から受けているはかりしれない恩恵に感謝する日。

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』