知るコト知るコト
家のコト 2016.12.14

部屋も体もすっきりと『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

寒い日が続くと、あったかい部屋でじっと縮こまってしまいがち。
でも、寒い日だからこそしたいのがお掃除。
年末となるとせわしなく大掃除に取りかかる方も多いかもしれませんが、ちょっとの時間でできるちょっとのコトで、体も心も清々しくなるはずですよ。
ヨガの知恵を暮らしや家事、美容に取り入れるヒントを発信しているヨガ講師みうさんに、そんな暮らしをお聞きしました。

寒い季節にもってこい-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

ヨガを始めてから、苦手だった掃除が少し好きになった。
理由はいくつかある。ヨガではとても床に近いところでポーズをとるので、ホコリが目に付きやすくなった。深呼吸もたくさんするので部屋を清潔にしておきたくなるし、「シャウチャ(=浄化・清潔に保つ)」というヨガの教えの影響もある。それにヨガで体が柔軟になってくると、掃除で体を使うことが単純に楽しくなってくるのだ。

ぞうきんがけは、ヨガのおかげで楽しくできるようになった掃除の一つ。週に数回、ほうきや掃除機でゴミを取ったあと、ぞうきんがけをする。このぞうきんがけ、これからの寒い季節にもってこいの掃除なのだ。

冷え性対策にも-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

ぞうきんがけをする時は、四つんばいになり赤ちゃんのハイハイのような姿勢で。このハイハイの動きが、肩甲骨や骨盤回りをしっかりと使うことにつながる。体への効果を狙うなら、ときどき利き手でないほうの手も使うのがお勧めだ。
利き手でない手もあえて使ってみるといい。

大きくしっかりとぞうきんを動かせばそれだけ肩甲骨が動き、肩こりの解消にもなる。骨盤や肩甲骨を動かすと血流がよくなり体がポカポカと温まってくるから冷え性対策になる。ちょっと暑い時期ならじんわりと汗をかくくらいの運動量になるから、ダイエット効果も期待できるかもしれない。

寒い寒いとストーブの前でじっとしているよりも、ぞうきんがけをしたほうがいい。体も温まるし、部屋もきれいになって一石二鳥だ。
床はぴかぴかに、体はじんわり温かくなる。

ぞうきんがけをすると、腰が痛くなるという人もいるかもしれない。そんな人は姿勢に気を付けてみてほしい。お腹を少し引き上げ、おへその下あたりを少し意識するのがポイント。こうすると腰が守られ、そのうえ肩や足への負担も軽くなるから、しっかりとよく動くようになる。

ぞうきんを洗うコツ-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

家中ぞうきんがけをすると、よどんでいた空気の流れがスッと変わるようでとても気持ちいい。とはいえ、なかなか面倒なぞうきんがけ。私がいちばんおっくうなのは、冬場に冷たい水でぞうきんを洗うこと。

img_0085
(お風呂に入るときにまとめて洗うと、洗うときに冷たい思いをしなくていい)

冷たい水で洗わなくていいように、使ったぞうきんは重曹や石けんなどと一緒に夜まで浸けておいて、お風呂に入るときにまとめて洗っている。洗うこと自体が面倒なら、使い古しのタオルや衣服を使い捨てにしたり、厚手のウエットシートを使ってもいい。

体が温まり、部屋もきれいになる、とてもシンプルな掃除。運動不足だけど外に運動に行くのはちょっと……と思う方はぜひこの冬、ぞうきんがけを試してみてほしい。体も心もとてもすっきりとすがすがしくなる。

記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

捨ててしまうその前に、その服『ウエス』にしませんか

捨ててしまうその前に、その服『ウエス』にしませんか

ココロとカラダにゆとりをもたせるために『家事の時短生活』にチャレンジ

ココロとカラダにゆとりをもたせるために『家事の時短生活』にチャレンジ

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.05.05

子どもとおうちインテリア『端午の節句に 卓上こいのぼり』

2021.05.04

袋でモミモミ!カリッと香ばしい『黒糖ときなこのスクエアクッキー』

2021.05.02

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2021.05.02

ごはんに!野菜に!お豆腐に!おたすけごはん『ニラそぼろ』

2021.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

2021.04.25

おたすけごはん!初心者でもつくれる『大根と鶏のピリ辛煮』

2021.04.24

野菜がすすむ!『白味噌ヨーグルトのバーニャカウダ風』

2021.04.24

旬を味わう『そら豆とカリカリベーコンのポテトサラダ』

2021.04.23

世界が注目するスーパーフードを毎日手軽に!『クコの実シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.05.04

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2021.04.30

【七十二侯】第十八侯「牡丹華」

2021.04.28

こどもの日のおやつに『もちもちまんじゅう』

2021.04.26

【まもなく締切!】ケノコトライター・デザイナー・フォトグラファーを募集しています。

2021.04.26

スーパーで買える食材で作る、北京ダック風『鶏肉のテンメンジャン照り焼き』

2021.04.26

なんでも使える!『白味噌ヨーグルトのゴマダレ』

2021.04.25

【七十二侯】第十七侯「霜止出苗」

2021.04.24

旬食材を手軽に!お箸がすすむ『新ごぼうと芽ひじきのサラダ』

2021.04.22

栄養たっぷり!新じゃがを皮ごとおいしく!『ツナ缶と新じゃがの煮物』

2021.04.22

おいしくヘルシー!『白味噌ヨーグルトのタルタルソース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』