知るコト知るコト
家のコト 2016.12.14

部屋も体もすっきりと『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

寒い日が続くと、あったかい部屋でじっと縮こまってしまいがち。
でも、寒い日だからこそしたいのがお掃除。
年末となるとせわしなく大掃除に取りかかる方も多いかもしれませんが、ちょっとの時間でできるちょっとのコトで、体も心も清々しくなるはずですよ。
ヨガの知恵を暮らしや家事、美容に取り入れるヒントを発信しているヨガ講師みうさんに、そんな暮らしをお聞きしました。

寒い季節にもってこい-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

ヨガを始めてから、苦手だった掃除が少し好きになった。
理由はいくつかある。ヨガではとても床に近いところでポーズをとるので、ホコリが目に付きやすくなった。深呼吸もたくさんするので部屋を清潔にしておきたくなるし、「シャウチャ(=浄化・清潔に保つ)」というヨガの教えの影響もある。それにヨガで体が柔軟になってくると、掃除で体を使うことが単純に楽しくなってくるのだ。

ぞうきんがけは、ヨガのおかげで楽しくできるようになった掃除の一つ。週に数回、ほうきや掃除機でゴミを取ったあと、ぞうきんがけをする。このぞうきんがけ、これからの寒い季節にもってこいの掃除なのだ。

冷え性対策にも-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

ぞうきんがけをする時は、四つんばいになり赤ちゃんのハイハイのような姿勢で。このハイハイの動きが、肩甲骨や骨盤回りをしっかりと使うことにつながる。体への効果を狙うなら、ときどき利き手でないほうの手も使うのがお勧めだ。
利き手でない手もあえて使ってみるといい。

大きくしっかりとぞうきんを動かせばそれだけ肩甲骨が動き、肩こりの解消にもなる。骨盤や肩甲骨を動かすと血流がよくなり体がポカポカと温まってくるから冷え性対策になる。ちょっと暑い時期ならじんわりと汗をかくくらいの運動量になるから、ダイエット効果も期待できるかもしれない。

寒い寒いとストーブの前でじっとしているよりも、ぞうきんがけをしたほうがいい。体も温まるし、部屋もきれいになって一石二鳥だ。
床はぴかぴかに、体はじんわり温かくなる。

ぞうきんがけをすると、腰が痛くなるという人もいるかもしれない。そんな人は姿勢に気を付けてみてほしい。お腹を少し引き上げ、おへその下あたりを少し意識するのがポイント。こうすると腰が守られ、そのうえ肩や足への負担も軽くなるから、しっかりとよく動くようになる。

ぞうきんを洗うコツ-『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

家中ぞうきんがけをすると、よどんでいた空気の流れがスッと変わるようでとても気持ちいい。とはいえ、なかなか面倒なぞうきんがけ。私がいちばんおっくうなのは、冬場に冷たい水でぞうきんを洗うこと。

img_0085
(お風呂に入るときにまとめて洗うと、洗うときに冷たい思いをしなくていい)

冷たい水で洗わなくていいように、使ったぞうきんは重曹や石けんなどと一緒に夜まで浸けておいて、お風呂に入るときにまとめて洗っている。洗うこと自体が面倒なら、使い古しのタオルや衣服を使い捨てにしたり、厚手のウエットシートを使ってもいい。

体が温まり、部屋もきれいになる、とてもシンプルな掃除。運動不足だけど外に運動に行くのはちょっと……と思う方はぜひこの冬、ぞうきんがけを試してみてほしい。体も心もとてもすっきりとすがすがしくなる。

記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

捨ててしまうその前に、その服『ウエス』にしませんか

捨ててしまうその前に、その服『ウエス』にしませんか

ココロとカラダにゆとりをもたせるために『家事の時短生活』にチャレンジ

ココロとカラダにゆとりをもたせるために『家事の時短生活』にチャレンジ

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

編集部おすすめ記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.08.04

簡単!ひんやり和デザート『ミルク水ようかん』

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~