作るコト作るコト
料理 2016.12.10

ホームベーカリーでつくる『ずぼらさんのシュトーレン』

クリスマスが近づいてくるとつくりたくなるのがクリスマス菓子。
その中でも王道なものが、ドイツ菓子「シュトーレン」ではないでしょうか。
シュトーレンでも、マジパンが練りこまれたものや、アーモンドが練りこまれたもの、ドライフルーツやナッツが練りこまれたものなど、本場では地域によって種類が様々です。
今年は、自分好みに作ったシュトーレンをクリスマスまでの間、少しずつ切り分けて、クリスマスを待ち焦がれてみませんか?
フルーツなどの風味が、日ごとにパンに移って「今日よりも明日、明日よりもあさって…」と味の変化を楽しんでみましょう。さぁ、クリスマス当日まで、もつかしら?!
食卓に切り分けられた『ずぼらさんのシュトーレン』

『ずぼらさんのシュトーレン』の材料(20cmのなまこ型4本分)

<生地>

・強力粉     400g
・砂糖       70g
・塩       小さじ1と1/2
・ドライイースト 小さじ1と1/2
・たまご     1個
・牛乳      200ml
・バター     70g
・お好きなスパイス 適量
(シナモン、ナツメグ、カルダモン、など…オールスパイスでも◎)

<フィリング>

[A] ミックスフルーツ 100g
[A] ドライレーズン 50g
[A] ラム酒      100ml

・くるみ       100g
・アーモンドスライス 50g

<仕上げ用>

・バター       適量
・粉糖        適量

『ずぼらさんのシュトーレン』の切り口

『ずぼらさんのシュトーレン』の作り方

1. ボウルに[A]を1時間以上漬けておく
2. ホームベーカリーの[生地コース]で<生地>の材料を全て入れ、スタートする
3. 途中具材を入れる音がなったら、漬けておいた1と、<フィリング>の材料を全て入れる
4. ホームベーカリーの[生地コース]が終了したら、作業台に打ち粉(分量外)をしき、手の拳のグーで押して、生地の中のガスを抜く
5. 4分割にし、楕円状に広げたら、扉を重ねて閉めるように折りたたむ
6. オーブンの発酵モードで、40分二次発酵させる
(ない場合は、ラップが生地につかないようふんわりとかけ、温かいところに置いておく…35℃前後)

7. 180℃に余熱したオーブンで20分焼く
『ずぼらさんのシュトーレン』の焼き上がり

8. 熱いうちに、仕上げ用のバターを塗り、上から粉糖をかける
9. 冷めてから、さらにまんべんなく再度、粉糖をかける
『ずぼらさんのシュトーレン』に粉糖をかけている

少しずつ切り分けて、いただきましょう!
切り分けられた『ずぼらさんのシュトーレン』

『ずぼらさんのシュトーレン』のおすすめラッピング

マスキングテープと、ヒムロスギを添えて、おめかししたらプレゼントにも◎
『ずぼらさんのシュトーレン』のラッピング

レシピ/管理栄養士 片山けいこ
IMG_4099
食のマーケティング会社で開発・管理運営など多岐にわたり経験。
保育園栄養士、行政の母子保健での講師を経て、現在はフリーランスとして、サイトへのレシピ・コラムの執筆、ケータリングやプチギフトの制作、料理教室、ワークショップなどフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らない あたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3歳と1歳の母。

スライド1
k-meals,ホームページ
Facebook
instagram

その他のおすすめ記事

面倒な粉ふるいなし!『ずぼらさんの紅茶のレモンアイシングケーキ』

面倒な粉ふるいなし!『ずぼらさんの紅茶のレモンアイシングケーキ』

「ふんわりじゅわっ」がたまらない『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』

「ふんわりじゅわっ」がたまらない『ずぼらさんの本格派スフレチーズケーキ』

特別な日に作りたい『ずぼらさんの本格派ガトーショコラ』

特別な日に作りたい『ずぼらさんの本格派ガトーショコラ』

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

100人100色 〜自然であたたかみのある食ライフを届けたい〜片山けいこさんのお話し

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』