作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2016.12.18

赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』

目次

LINEで送る
Pocket

寒ブリ、と呼ばれるように、ブリの旬は冬です。ちょうど今の季節12月から2月ころにかけてが旬のお魚ですね。
ブリは出世魚と言われるように、成長するごとにその呼び名が変わり、また地方によってもその呼び名が変わるおもしろいお魚なんですよ。
さぁ。ブリを使って簡単お料理はじめましょ。

出世魚「ブリ」の栄養―『ブリをつかった作り置きおかず』

関東では、「ワカシ」→「イナダ」→「ワラサ」→「ブリ」と呼ばれることが多く、さらにイナダは天然、ハマチは養殖というように天然か養殖かということでも呼び名が変わります。(関西地方では天然でも養殖でもハマチと呼ぶそうですよ)

魚のなかでも群を抜く濃厚な味わいが特徴のブリ。
これは、サンマやサバ以上にたっぷりと脂がのっているためですが、それと同時に、コレステロール低下作用がある不飽和脂肪酸のEPAやDHAが豊富に含まれています。
それだけでなく、ビタミンやたんぱく質、アミノ酸など栄養の宝庫。おいしい上に良質な栄養源となるので、赤身の部分も脂身の部分もまるごといただきましょうね。

【基本】ブリの香味味噌漬け焼き―『ブリをつかった作り置きおかず』

赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』香味味噌漬け焼き
ブリといえば、ブリの照り焼き…ブリ大根…。でも、忙しい朝はなるべくパパッとお弁当の準備済ませたいですよね。だから前日に漬け込んでおいて、朝は焼くだけ!味が中まで染み込んで、白いご飯と相性抜群。ご飯がいくらでも食べられそうな味にきっと男性陣も大満足のはず。

【材料】ブリの香味味噌漬け焼き(2人前・2日分)―『ブリをつかった作り置きおかず』

・ブリの切り身 4切

<漬けこみだれ>
・味噌 50g
・みりん 50g
・にんにく 少々(すりおろし)
・しょうが 少々(すりおろし)

【作り方】ブリの香味味噌漬け焼き―『ブリをつかった作り置きおかず』

【1】漬け込みだれの材料をよく合わせておく
【2】ブリを密閉袋に並べて入れ、その中へ【1】を入れ、全体をなじませる
赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』香味味噌漬け焼き作り方
【3】半日漬けておく(冷蔵庫で保存)
【4】片面3分ずつ程度焼く
赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』香味味噌漬け焼き焼いたところ

【ポイント】ブリの香味味噌漬け焼き―『ブリをつかった作り置きおかず』

・にんにくやしょうがを入れなくてもおいしくいただけます。好みによって、にんにくのみ、しょうがのみにアレンジしても良いでしょう。
・とても焦げやすいので焼き加減には注意してください。

ブリの香味味噌漬け焼きでアレンジレシピ①
おつまみにも◎ 〜蕪とブリのほぐし和え〜『ブリをつかった作り置きおかず』

赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』蕪とほぐし和え
うっかり、焼いたブリが崩れちゃった…そんなときは全部ほぐして和えてみましょう。今が旬の蕪に焼き色をつけて和えてしまえば、ブリの旨味が全体に移って立派な一品できあがり。夜の晩酌のお供にもぴったりですよ。

【材料】蕪とブリのほぐし和え(2人前)―『ブリをつかった作り置きおかず』

【基本】ブリの香味味噌漬け焼き 1人前
・蕪 3個(葉付きのもの)
・油 小さじ1
・塩 少々
赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』蕪とほぐし和え材料

【作り方】蕪とブリのほぐし和え―『ブリをつかった作り置きおかず』

【1】フライパンに油を熱し、皮をむいてくし形に6等分した蕪を焼く
【2】蓋をして中火で動かさないように3分、ひっくり返して3分蒸し焼きにする
【3】1cm幅程度に切った蕪の葉をフライパンの隅に入れ、蓋をして1分焼く
赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』蕪とほぐし和え作り方
【4】 ボウルに【3】を移し、皮を除いてほぐした【基本】ブリの香味味噌漬け焼きを入れて全体を和える
【5】必要であれば適宜、塩で調味する

ブリの香味味噌漬け焼きでアレンジレシピ②
山椒をきかせて大人仕様に 〜ごろっとブリの味噌マヨおむすび〜『ブリをつかった作り置きおかず』

赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』味噌マヨおむすび
シンプルに食べたいから、そのままおむすびにしてしまいましょう。味のアクセントにピリリときかせた山椒がいい仕事をしてくれます。さらに上から唐辛子をかけて、大人のおむすびのできあがり。

【材料】ごろっとブリの味噌マヨおむすび(1人前)―『ブリをつかった作り置きおかず』

【基本】ブリの香味味噌漬け焼き 1人前
・ごはん 1.5膳くらい(お好みで)
・塩 少々
・マヨネーズ 適量
・粉山椒 少々
・七味唐辛子 少々
・しその葉 3枚

【作り方】ごろっとブリの味噌マヨおむすび―『ブリをつかった作り置きおかず』

【1】【基本】ブリの香味味噌漬け焼きを3分割にする
【2】ごはんに塩をまぶして軽く混ぜておく
【3】ラップにごはんをのせ、ブリ→マヨネーズ→粉山椒の順にのせ、その上からごはんをのせてラップで包む
赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』味噌マヨおむすび作り方
【4】しその葉をまいて、上から七味唐辛子をかけてできあがり
赤身も脂身もいただきます『ブリをつかった作り置きおかず』味噌マヨおむすび作り方2

レシピ/OZmall

header-pc_logo

今年20周年を迎えたOZmallは「私の好きと出会う場所」をテーマに、グルメ・旅・ビューティ&暮らしのヒントを日々紹介します。

その他のおすすめ記事

手づくり粕床で粕漬けを『鰆をつかった作り置きおかず』

手づくり粕床で粕漬けを『鰆をつかった作り置きおかず』

旨味がギュッ!『タラをつかった作り置きおかず』

旨味がギュッ!『タラをつかった作り置きおかず』

お弁当のアレンジにもオススメ『戻りカツオをつかった作り置きおかず』

お弁当のアレンジにもオススメ『戻りカツオをつかった作り置きおかず』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.05.24

もっと簡単に!美味しく!『にんにく角煮(改良版)』

2019.05.22

簡単!自家製『レモネードの素』

2019.05.21

二十四節気の暮らし方『小満』日差しが強くなってくる頃。暮らしの中での日焼けケア

2019.05.20

日本の言葉『五月晴れ』晴れやかな空の青さと夏の訪れ

2019.05.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『36 そとごはん』

2019.05.11

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

編集部おすすめ記事

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

2019.05.13

初夏の香り広がる『にんじんの葉のナムル』

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.04.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』