知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2016.12.28

散らからない習慣を『子ども部屋の収納アイディア』

LINEで送る
Pocket

年末になると気になるのが大掃除。一年の汚れをスッキリと落とす機会にもなります。
しかし、普段から整理整頓をしていないと、年末の負担が信じられないくらい大きくなります。ただでさえ忙しい年末、家族にも協力してもらいたいものです。
とは言え、子ども達は散らかす専門…。どんなに言っても、なかなか協力なんて望めない状態だというご家庭も多いと思います。せめて子ども部屋だけでも、自分で整理整頓して欲しい、できるようになって欲しいと思いませんか?

子どもはなぜ散らかすのでしょう

子どもは、好奇心で満ち溢れています。おもちゃは、全部出してその中で思いっきり遊びます。もちろんそれは、創造力を豊かに育んでいる行為でもあるわけです。また、特に男の子に多いのですが、「これはどうなっているの?」と言う好奇心から、おもちゃや人形をどんどん分解していきます。ですから、散らかす事を禁止にしてしまうのは、子どもの好奇心の芽をつぶしてしまう行為にもなるので、そこはぜひ大らかな気持ちで見守って欲しいところです。しかし、散らかしっぱなしでは、困ります。

お片付けの習慣をつけましょう

思いっきり遊んだ後は、お片付けタイム。メリハリを持って行動する習慣をつけて行きましょう。「片付けなさーい」の言葉に「はーい」と言う子どもは、いったい何割いることでしょうか。しかし言い方を変えて、例えば「明日遊ぶときに、すぐにまた遊べるように戻してみようか」とか、「きれいになっていると気持ちがいいね」など、片付ける理由を教えながら伝えると、子どもの反応も変わってきます。どんな小さな片付けでも、大げさに褒めてあげて下さい!子どもはお母さんに褒められることが、大好きですからね。
最初からいきなりこの部屋を夕食までに一人で綺麗に片付けなさい!なんて言っても、子どものやる気は失せる一方なので、まずは1か所、お母さんと一緒に片付ける習慣をつけてみるといいでしょう。
%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

ただ、お片付けの習慣は、どうしても定着しにくいもの。それはなぜでしょうか?
冷静に子ども部屋を見渡してみて、必要以上に物がたくさん置いてありませんか?子どもの成長は早いので、つい服やおもちゃ、学習道具が年齢と共に増えたままになりやすいものです。必要のないものは、どんどん減らしていく親の工夫も必要です。物が溢れて片付けても片付けた気がしないような環境ではなく、モノを少なくシンプルに収納する工夫が、子どものやる気に繋がります。

片付けやすい環境を整える収納アイディア

そこで、子ども部屋を子どもが一人でも片付けられる環境に作り替えてあげましょう。ポイントは、収納するものを大まかに分類することです。
例えば、おもちゃ、お人形、ゲーム、筆記用具、勉強のものなどごとに、大きな入れやすいボックスや棚に振り分けて収納すると、小さな子どもでも入れやすいので、簡単にお片付けが完了します。収納の見た目は、女の子なら可愛い柄、男の子ならかっこいい柄にしておくと、子どもも片付ける時のテンションが違うようですよ。
%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93
我が家では、手ごろなカラーボックスを購入し、その棚に入るサイズの箱を作成、外側をラッピング紙でデコレーションして、中に入れるモノを一緒にお絵描きして張り付けてみました。また、ぬいぐるみなどは、天井から吊るす網目になったタイプのものだと、ぬいぐるみが見えるので、無造作に入れただけでも可愛いディスプレイになり、箱を全部ひっくり返して探さなくても済みます。子ども部屋全体の雰囲気が可愛い(かっこいい)と片付けたいという気持ちも自然と芽生えてくるようです。

散らからない習慣=片付ける習慣。
可愛いそして収納しやすい環境を整えて、気持ちのいい空間で創造力を育んでもらいたいですね。

Instagramで収納・お片づけ・掃除のこと、投稿キャンペーン中(〜12/31)
(「おかたづけ育®」のグッズセットが当たります!)

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』