作るコト作るコト
裁縫 2016.12.27

新年の準備もオリジナル『お正月飾りを手作りしてみよう』

今年も残りわずか。一年の締めくくりの大掃除とともに、新しい年を迎える準備も考え始める頃ですね。
今年一年の出来事・子どもの成長を振り返るには良いタイミング。子どもと楽しかった出来事について話し、来年も良い年になるよう願いながら親子で新年の準備をしてみてはいかがでしょうか。

お正月飾りを手作りしてみよう!

お正月は、日本人にとっては一年の始まりの大切な行事。いつも忙しくなかなか会えない家族や親戚が集まってお節料理をいただきながら、これから1年の豊富を発表しあうのが恒例というご家庭もあるのではないでしょうか。そして、お正月に欠かせないものといえばお正月飾り。門松、しめ縄、しめ飾り、玉飾り、破魔矢、鏡餅、羽子板などの様々な種類がありますが、しめ縄やしめ飾りだけは玄関などに飾るというご家庭も多いと思います。
購入するのも良いですが、身近にある材料を使って親子で一緒にお正月飾りを作ってみると、子どもたちにとっても、お正月をより身近に感じることができると思います。

【紅白しめ縄飾り】

<用意するもの>

pic_1
・モール(赤・白)数本
・千代紙や和柄のおりがみ
・金色の折り紙
・ひも(たこ糸など)
・のり、両面テ-プ
・はさみ

<作り方>

① 赤と白のモ-ルのそれぞれの端と端を1cmずつ重ねてねじってしっかり止めます。好みの長さになるまで繋げてください。

pic_2

② 赤と白それぞれのモ-ルを2,3本ずつ束ねてから、合わせてひねっていきます。

pic_3

③ ひねったモ-ルを丸く輪にして、結びます。

pic_4

④ 小さく切った千代紙や和柄の折り紙を2枚合わせて紐に貼りつけ、③のモ-ルに縛り付けます。
pic_5

⑤ 金色の折り紙を蛇腹に折り、扇にして貼り合わせ、④の真ん中に両面テ-プで貼りつけて、出来上がり!
pic_6-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

モ-ルの本数を増やして、ふんわり巻き付けるとさらに雰囲気が出ますよ。

お正月飾りの意味

しめ縄は豊作祈願の願いが込められており、その他の「門松」や「鏡餅」などのお正月にまつわることにもひとつひとつ意味があります。
子どもと一緒にお正月準備をしていると、このようなお正月にまつわる文化や風習について意味をたずねられることもあると思います。子どもが疑問を持ったときは自分で調べるのが一番。一緒に意味を確認しながら準備をすると、日本の伝統行事への関心も高まりますね。

お正月飾りはいつ飾るの?

お正月飾りは昔から「歳神様をお迎えする準備」の一環とされています。
今年1年お世話になった道具や場所をきれいに片づけて、歳神様に「ここは新年の準備ができていますよ。どうぞ来てください」という意味を込めて「お正月飾り」を玄関や床の間に飾るものですので、一般的に12月26日~28日に飾ると良いと言われています。「29日」は「二重苦」、「31日」は「一夜飾り」と言われ良くないとされているので避けましょう。

またお正月を迎えた後、すぐに片づけてしまうのも歳神様にはとても失礼なことにあたるといわれています。地域によって異なりますが、「松の内(1月7日)」まで飾るのが一般的です。

お正月には古くから「家族の思い」「健康」「神様への感謝」などたくさんの意味が込められています。
地域によって風習や文化はさまざまですが、お正月に込められた意味を学び、親子で丁寧に準備することを通じて、それぞれのご家庭で伝承していくことも大切な役割になるでしょう。

記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
ママトコタイムは、赤ちゃんと一緒に美容室や整体院などにいける、イベント型“無料”保育サービスです。プロの保育スタッフが店舗内でお子様をお預かりするので、安心して子連れでご利用いただけます。

女性は出産・育児によって生活スタイルが一変し、子どもが生まれるまでは当たり前であったことが、子どもが生まれた途端当たり前ではなくなります。“ママのお出かけ”はその象徴的なものです。
子育ては1年、2年で終わりません。ママが笑顔で楽しく子育てをしていくためには、自分の時間、リフレッシュの時間はとても大切です。 ママトコタイムは、ママになったら諦めるのではなく、ママになっても”できる!”社会を目指し、ママが笑顔になることで家族の笑顔を増やしていけるよう取り組んでいます。
赤ちゃんと一緒に美容室や整体院などに行ける、イベント型無料保育サービス「ママトコタイム」
ママトコタイムFacebookページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.03.01

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

編集部おすすめ記事

2021.03.01

【七十二侯のコト】第六侯「草木萌動」

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.14

食物繊維も豊富『知って得するあおさの成分と保存方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』