作るコト作るコト
料理 2017.01.08

2017年は腸からきれいに『ごぼうをつかった作り置きおかず』

11月から2月の秋から冬にかけてが、ごぼうの旬。
ごぼうの漬物はアレンジ自在!ごぼうをたっぷりおいしくいただいて、2017年は腸からきれいを目指してみませんか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

繊維たっぷりデトックス!

食物繊維が豊富なことから、整腸作用があり便通の改善だけでなく、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ作用や、血糖値を下げる作用などから、大腸がんや糖尿病の予防にも効果的な食材です。

またごぼうの香りやうまみは皮の付近に多いので、皮を剥いてしまうのではなく包丁の背などで、こそげ落とす程度にすると、栄養もうまみも残りますね。
アクがとても強い野菜なので、調理前は水にさらすようにしましょう。切ったごぼうは酢水につけると変色を防ぐことができますよ。
食物繊維豊富なごぼうだから、体内の毒素を排泄してデトックス効果も抜群。2017年は腸もお掃除して気持ちよくスタートを切りたいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【基本】ごぼうの漬物

ごぼうをつかったおかずといえば金平ごぼうが定番ですが、ごぼうは漬物にしてもおいしいんです。つけダレを煮立ててゆがいたごぼうを漬けるだけ。そのままお弁当のおかずにとしても使えるし、食卓の一皿としてもおつまみにも合う万能おかず。常備菜のレパートリーに加えてみたら?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【材料】(2人前・3日分)

・ 細ごぼう 1P(約250g)

<漬けだれ>
・ めんつゆ 70cc(規定の「煮物」量に薄める)
・ 醤油 大さじ2
・ 砂糖 大さじ4
・ 酢 大さじ2
・ 塩 小さじ1/2
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【作り方】

【1】 ごぼうの皮を包丁の背でこそげ落とす。または丸めたアルミホイルで皮をこそげ落とす。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【2】 5cmくらいの輪切りにする。太い部分は半分に切る
【3】 鍋に漬けだれの材料を全て入れ一煮立ちさせる。
【4】 沸かした湯の中に【2】を入れて3分ほどゆでる(シャキシャキ感が残る程度)
【5】 【4】をザルにあけ、保存容器に入れたら、【3】を入れて漬ける

ごぼうの漬物でアレンジレシピ①
食感が楽しい!ごはんにかけて 〜ごぼうそぼろ〜

ごぼうに味が付いているので、思い立ったらササッと作れるお手軽レシピ。ひき肉だから火の通りが早いので、忙しい朝でも助かります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【材料】(2人前)

【基本】ごぼうの漬物 2人前
・ 合い挽き肉 150g
・ 青ねぎ 5cm程度
・ しょうが 少々
[A] 醤油 小さじ2
[A] みりん 大さじ1

【作り方】

【1】 青ねぎは、根に近い白い部分を小口切りにしておく。しょうがはみじん切りにしておく。
【2】 【基本】ごぼうの漬物は0.5〜1cm角程度に刻んでおく。
【3】 フライパンに【1】と合い挽き肉を入れ、火にかける。
【4】 合い挽き肉が半分程度火が通ったら【2】を入れさらに炒める。
【5】 調味料[A]を入れ、煮とばすように炒める

ごぼうの漬物でアレンジレシピ②
繊維+繊維で相乗効果! 〜ごぼうのプチプチ麦サラダ〜

麦の中でももち麦は食物繊維を豊富に含んでいます。ごぼうに含まれる食物繊維と一緒に食べることで、さらにその効果を発揮してくれますよ。冷めてももちもちしているのでお弁当でも嬉しいですね。ほのかに効かせた辛子がいい仕事をしてくれますよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【材料】(2人前)

【基本】ごぼうの漬物 2人前
・ もち麦 大さじ3
・ 玉ねぎ 1/4個
・ ツナ缶 1/2缶
[A] 塩 少々
[A] 辛子 少々
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【作り方】

【1】 もち麦はたっぷりの湯を沸かし、透き通るまで15〜20分ほどゆでる。ゆでたらザルにあげ流水で洗い水気を切る
【2】 玉ねぎはみじん切りにし、水にさらして辛味を抜き、水気をしぼる
【3】 【基本】ごぼうの漬物は0.5〜1cm角程度に刻んでおく
【4】 ボウルの中にすべての材料を入れ、全体を和える

【ポイント】

・もち麦はゆでて冷凍保存も可能です。小分けにしてスープに入れたり、サラダに使えたりと便利ですよ。

レシピ/OZmall

header-pc_logo

今年20周年を迎えたOZmallは「私の好きと出会う場所」をテーマに、グルメ・旅・ビューティ&暮らしのヒントを日々紹介します。

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.11.27

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

編集部おすすめ記事

2020.11.27

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』