作るコト作るコト
料理 2017.01.08

2017年は腸からきれいに『ごぼうをつかった作り置きおかず』

11月から2月の秋から冬にかけてが、ごぼうの旬。
ごぼうの漬物はアレンジ自在!ごぼうをたっぷりおいしくいただいて、2017年は腸からきれいを目指してみませんか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

繊維たっぷりデトックス!

食物繊維が豊富なことから、整腸作用があり便通の改善だけでなく、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ作用や、血糖値を下げる作用などから、大腸がんや糖尿病の予防にも効果的な食材です。

またごぼうの香りやうまみは皮の付近に多いので、皮を剥いてしまうのではなく包丁の背などで、こそげ落とす程度にすると、栄養もうまみも残りますね。
アクがとても強い野菜なので、調理前は水にさらすようにしましょう。切ったごぼうは酢水につけると変色を防ぐことができますよ。
食物繊維豊富なごぼうだから、体内の毒素を排泄してデトックス効果も抜群。2017年は腸もお掃除して気持ちよくスタートを切りたいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【基本】ごぼうの漬物

ごぼうをつかったおかずといえば金平ごぼうが定番ですが、ごぼうは漬物にしてもおいしいんです。つけダレを煮立ててゆがいたごぼうを漬けるだけ。そのままお弁当のおかずにとしても使えるし、食卓の一皿としてもおつまみにも合う万能おかず。常備菜のレパートリーに加えてみたら?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【材料】(2人前・3日分)

・ 細ごぼう 1P(約250g)

<漬けだれ>
・ めんつゆ 70cc(規定の「煮物」量に薄める)
・ 醤油 大さじ2
・ 砂糖 大さじ4
・ 酢 大さじ2
・ 塩 小さじ1/2
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【作り方】

【1】 ごぼうの皮を包丁の背でこそげ落とす。または丸めたアルミホイルで皮をこそげ落とす。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【2】 5cmくらいの輪切りにする。太い部分は半分に切る
【3】 鍋に漬けだれの材料を全て入れ一煮立ちさせる。
【4】 沸かした湯の中に【2】を入れて3分ほどゆでる(シャキシャキ感が残る程度)
【5】 【4】をザルにあけ、保存容器に入れたら、【3】を入れて漬ける

ごぼうの漬物でアレンジレシピ①
食感が楽しい!ごはんにかけて 〜ごぼうそぼろ〜

ごぼうに味が付いているので、思い立ったらササッと作れるお手軽レシピ。ひき肉だから火の通りが早いので、忙しい朝でも助かります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【材料】(2人前)

【基本】ごぼうの漬物 2人前
・ 合い挽き肉 150g
・ 青ねぎ 5cm程度
・ しょうが 少々
[A] 醤油 小さじ2
[A] みりん 大さじ1

【作り方】

【1】 青ねぎは、根に近い白い部分を小口切りにしておく。しょうがはみじん切りにしておく。
【2】 【基本】ごぼうの漬物は0.5〜1cm角程度に刻んでおく。
【3】 フライパンに【1】と合い挽き肉を入れ、火にかける。
【4】 合い挽き肉が半分程度火が通ったら【2】を入れさらに炒める。
【5】 調味料[A]を入れ、煮とばすように炒める

ごぼうの漬物でアレンジレシピ②
繊維+繊維で相乗効果! 〜ごぼうのプチプチ麦サラダ〜

麦の中でももち麦は食物繊維を豊富に含んでいます。ごぼうに含まれる食物繊維と一緒に食べることで、さらにその効果を発揮してくれますよ。冷めてももちもちしているのでお弁当でも嬉しいですね。ほのかに効かせた辛子がいい仕事をしてくれますよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【材料】(2人前)

【基本】ごぼうの漬物 2人前
・ もち麦 大さじ3
・ 玉ねぎ 1/4個
・ ツナ缶 1/2缶
[A] 塩 少々
[A] 辛子 少々
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【作り方】

【1】 もち麦はたっぷりの湯を沸かし、透き通るまで15〜20分ほどゆでる。ゆでたらザルにあげ流水で洗い水気を切る
【2】 玉ねぎはみじん切りにし、水にさらして辛味を抜き、水気をしぼる
【3】 【基本】ごぼうの漬物は0.5〜1cm角程度に刻んでおく
【4】 ボウルの中にすべての材料を入れ、全体を和える

【ポイント】

・もち麦はゆでて冷凍保存も可能です。小分けにしてスープに入れたり、サラダに使えたりと便利ですよ。

レシピ/OZmall

header-pc_logo

今年20周年を迎えたOZmallは「私の好きと出会う場所」をテーマに、グルメ・旅・ビューティ&暮らしのヒントを日々紹介します。

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.03.05

新鮮な魚をおいしく豪快に!『カンパチのごま醤油和え』と『漁師丼』

2021.03.04

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2021.03.03

レンジで簡単!ひなまつりにも『いちごミルクプリン』

2021.03.01

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

編集部おすすめ記事

2021.03.06

【七十二侯のコト】第七侯「蟄虫啓戸」

2021.03.05

簡単!ふわふわ!栄養たっぷりな『納豆焼き』

2021.03.05

新鮮な魚をおいしく豪快に!『カンパチのごま醤油和え』と『漁師丼』

2021.03.04

ふんわり香る『桜のシフォンケーキ』

2021.03.03

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2021.03.03

「一人の人と添い遂げられるように」の願いを込めて。はまぐりを自宅で味わおう

2021.03.02

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2021.03.02

春を呼ぶ野菜、かき菜を美味しく手軽に食べよう『かき菜のペペロン炒め』

2021.03.01

【七十二侯のコト】第六侯「草木萌動」

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類