知るコト知るコト
新しいコト 2017.01.13

グローバルに育てよう『英語をつかって楽しくコミュニケーション』

学習指導要領の改訂により、2020年には小学校5〜6年生の英語が「教科」になることが、小学校3年生以上は英語「活動」が必修となることが決まりました。
教科になるということは、教科書に沿った学習および成績評価があるということのようですね。
小学校で英語教育!私たちのような今の親世代が触れてきた小学校教育からどんどん発展していくものですよね。子どもたちの未来を考えると、早いうちから英語に触れたり学ぶことは喜ばしいことと思える一方、「うちの子、ちゃんとついていけるかしら…」と不安になっている方も多いかもしれません。今回は、未就学児や小学校低学年のうちにできる英語学習の準備のヒントになればと、我が家で英語に関してやってみていることをご紹介いたします。

早めに英語に触れさせたいけれど、予算や時間の制約が・・・

我が家には小学校低学年男子と、幼稚園年齢の女子がいます。ますます世界の距離感が近くなっていく子どもたちの未来を思うと、できるだけ早いうちから英語でのコミュニケーションにも親しんでいけるとよいのはもちろんですが、一般的な英語の習い事は効果がよくわからない割に費用がとても高く、通信教育なども続けられるか不安で、今のところ我が家では特に利用していません。その代わりに英語に触れる機会を何かにつけて増やす努力をしています。子ども達が英語に触れ続けるための鍵は、「楽しさ」と「モチベーション」にあるようです。

肝はモチベーションづくりと、楽しく続けること

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92
「楽しさ」については、未就学児の場合は特に、リズムや歌遊びから入るのがオススメです。子どもってすごいもので、何度も同じ歌を聞いていると、なんとなく口ずさめるようになっていきます。とくに幼稚園児の長女は体を使った遊びが大好きで、一緒に英語の曲を聞きながら体を動かして遊ぶと大喜びしてくれます。結局子どもって、「楽しいこと」しか続けられませんよね(それは大人も同じかもしれません)。

また「モチベーション」については、「英語が話せるとこんなに良いことがある」ということを積極的に、そして噛み砕いて声かけするようにしています。テレビや動画を見ているときに外国が舞台になっていると、「日本語じゃない言葉を話す人たちがいること」や、「世界中には色んな言葉があるけれど、英語を話せるとかなり沢山の人たちと遊べること」などを折に触れて伝えています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93
そのせいか、先日なんとなく買って置いてあった英語の絵本を「小さい子用の絵本だからもういらないかな?」と聞くと「これはとっておく。英語を勉強したいから」と長男(小学校低学年)が言ったので驚いてしまいました。

きちんとした英語のお勉強はまだ先の話ですが、低年齢の今から、英語のリズム・音の感覚に親しんでおくことや、世界には色々な言葉や文化があるということをなんとなく知っておいてもらえると、いざ英語学習が始まったときにすんなりと興味を持って取り組めるようになるのではと考えています。最近は各地域で多文化交流ができる場が開かれており、機会を作って親子で出かけてみたいとも思っています。できれば海外旅行に連れて行ってあげられたら、本格的な多文化体験をさせてあげられて本当にいいですよね!

ちなみに、普段から触れられる英語環境ということでは、「学研チャンネル」の英語動画がオススメです。子どもたちが口ずさめるような英語の歌や、英語でのスキットが入っています。英語の習い事や通信教育までの気合い(と予算)が難しい方でも、こういった形ならとっつきやすいのではないでしょうか。

小学校で本格的に英語学習が始まる前の「楽しく」英語に触れる体験、ぜひ一緒に取り組んでいきましょうね。

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
お申し込み初月無料!

コメント

  1. Daveigh より:

    Thank you so much for giving everyone remarkably marvellous possiblity to discover important secrets from this blog. It’s usually very great and jam-packed with amusement for me and my office fellow workers to visit your website at minimum thrice weekly to learn the newest issues you have got. And deitfinely, we are certainly contented with the striking creative ideas served by you. Selected two points in this posting are in reality the very best I have ever had.

コメント欄


人気の記事

2021.09.26

鶏むね肉でも満足!ボリュームおかずに『みそだれチキン』

2021.09.22

とろけるナスがおいしい常備菜『ナスのはちみつマリネ』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

2021.09.05

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2021.09.05

作り置き常備菜シリーズ『豚小間照りバーグ』とアレンジレシピ

編集部おすすめ記事

2021.09.26

栄養たっぷり!『おかわかめとミニトマトのナムル』

2021.09.25

あると便利!いろいろ使える発酵胡麻ダレで『切り干し大根の胡麻ダレ和え』

2021.09.24

旨味がギュッと詰まった黒いペースト『マッシュルームのペースト』

2021.09.22

自家製万能調味料『パンチみそだれ』

2021.09.21

実も花も食べられる!ズッキーニをおいしく食べるための下処理方法

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

2021.09.14

「かぼちゃ」を丸ごと1個買ってみよう!硬いかぼちゃを切りやすくする方法

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』