知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

LINEで送る
Pocket

子どもは風の子。どんなに寒い日でも、お外遊びはやめられません。見ている親の方が、寒くて音を上げてしまうこともありますよね。
容赦なく吹きつける北風の中で長時間遊んでいては、風邪をひいてしまわないかやっぱり心配です。とはいえ、モコモコに着込みすぎると、動きづらいもの。そこで、暖かくて動きやすい、子ども服の着方について考えてみます。

「3つの首」を守ることが、防寒対策のヒケツ

東洋医学的な寒さ対策のひとつとして「3つの首を守ること」がよく言われています。3つの首とは「首」、「手首」、「足首」。神経が集中していて寒さを感じやすいこの3カ所をしっかりと守ることで、体全体が暖かく感じることができるのだそうです。

マフラーや手袋、長めの靴下、レッグウォーマーなどをうまく活用することがポイント。子どもの好きな色やキャラクターがついたものを選べば、嫌がらずにしてくれると思いますよ。公園などで遊びだしたらすべて外して走り回り、帰り道にまたマフラーと手袋をして…というように、状況に応じて着脱しやすいのも嬉しいですよね。

薄手の洋服を重ねて着る

寒いからといって、肌着にシャツにセーターに分厚いダウンに…と重ね着していくと、どんどん動きづらい格好になってしまいます。実は、厚い洋服を着るよりも、薄手の洋服を重ねて着る方が、空気の層ができて温かいのだとか。また、薄手のものを重ね着していると、暑くなってきたら1枚脱ぐ、少し冷えてきたから1枚着る、といったように、子ども自身でも体温の調節がしやすいです。
photo2
長袖2枚では少し暑すぎるようなときは、半袖Tシャツもうまく活用すると◎。その際、肌着は忘れずに着せてあげましょう。冬でも動いて汗をかくことは多いですが、肌着を着ていれば必要な体温が逃げないので、冷えを感じにくいそうです。特に、お腹や背中が冷えないように気をつけてあげてくださいね。
長袖の肌着や半袖のシャツは、季節の変わり目の気温の変化にもうまく対応できます。衣替えをしても残しておくと、何かと重宝するのでおすすめです。

何よりも”薄着”に慣れさせよう!

photo3
どうしても、大人が厚着を促してしまいがちですが、本来子どもの体温は大人よりも高く、そこまで厚着をする必要はありません。また、厚着をさせることで、体本来が持つ体温調整機能を低下させることにもなりかねません。できるだけ薄着に慣れさせることが、寒い冬を元気に乗り切る一番のヒケツです。

とはいえ、いきなり「今日から上着は着ないで遊びなさい!」なんて無茶をさせるのはNG! 少しずつ、体に薄着で過ごすことを慣れさせることが重要です。いつも多めに着すぎている子は、まずは1枚減らしてみる。できればあまり早くから厚着をさせないように、寒くなり始める秋頃から薄着を心がけているといいですね。

さあ、この冬は親子で動きやすく暖かい着こなしをして、寒い日もお外で元気に走り回りましょう!

記事/ここるく
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2
ママのすぐそばで、お子さまを預けながらランチやエステが楽しめる子育て支援サービスを展開しています。『ここるく』では、親子で過ごす時間をもっと楽しく豊かにするセミナーを開催しています。

ホームページ

LINEで送る
Pocket

コメント

  1. Kailee より:

    Otherwise, just about any normal going for walks would be hazardous. You could turn or crack your ankle joint very easily so you foot seriously is8#2n&17;t made to tolerate your weight in that position. Most of us have heard the particular horrific testimonies about what ballet dancers go through to live a life much of their lives around pointe shoes proper.

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.09.08

二十四節気の暮らし方 「朝晩涼しくなってくる『白露』」秋の始まりを意識してみよう

2018.09.05

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2018.09.03

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

2018.09.02

お弁当におすすめ!なすとごぼうを使った『作り置きの常備菜』

2018.09.02

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

2018.08.31

おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれる!敬老の日の贈り物『フラワーフォトフレーム』

2018.08.24

夏の終わりにおいしい冷茶でほっと一息『冷たい緑茶の楽しみ方』

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

編集部おすすめ記事

2018.09.08

アレンジ自在『つるむらさきのごま和え2種』

2018.09.01

【ケノコトInstagram企画】9月の「日常のコト」を『#長月のコト』で投稿しよう

2018.08.31

残暑を楽しむ!エヌアセットおすすめ『溝の口周辺おでかけスポット』

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』