知るコト知るコト
家のコト 2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

子どもは風の子。どんなに寒い日でも、お外遊びはやめられません。見ている親の方が、寒くて音を上げてしまうこともありますよね。
容赦なく吹きつける北風の中で長時間遊んでいては、風邪をひいてしまわないかやっぱり心配です。とはいえ、モコモコに着込みすぎると、動きづらいもの。そこで、暖かくて動きやすい、子ども服の着方について考えてみます。

「3つの首」を守ることが、防寒対策のヒケツ

東洋医学的な寒さ対策のひとつとして「3つの首を守ること」がよく言われています。3つの首とは「首」、「手首」、「足首」。神経が集中していて寒さを感じやすいこの3カ所をしっかりと守ることで、体全体が暖かく感じることができるのだそうです。

マフラーや手袋、長めの靴下、レッグウォーマーなどをうまく活用することがポイント。子どもの好きな色やキャラクターがついたものを選べば、嫌がらずにしてくれると思いますよ。公園などで遊びだしたらすべて外して走り回り、帰り道にまたマフラーと手袋をして…というように、状況に応じて着脱しやすいのも嬉しいですよね。

薄手の洋服を重ねて着る

寒いからといって、肌着にシャツにセーターに分厚いダウンに…と重ね着していくと、どんどん動きづらい格好になってしまいます。実は、厚い洋服を着るよりも、薄手の洋服を重ねて着る方が、空気の層ができて温かいのだとか。また、薄手のものを重ね着していると、暑くなってきたら1枚脱ぐ、少し冷えてきたから1枚着る、といったように、子ども自身でも体温の調節がしやすいです。
photo2

長袖2枚では少し暑すぎるようなときは、半袖Tシャツもうまく活用すると◎。その際、肌着は忘れずに着せてあげましょう。冬でも動いて汗をかくことは多いですが、肌着を着ていれば必要な体温が逃げないので、冷えを感じにくいそうです。特に、お腹や背中が冷えないように気をつけてあげてくださいね。
長袖の肌着や半袖のシャツは、季節の変わり目の気温の変化にもうまく対応できます。衣替えをしても残しておくと、何かと重宝するのでおすすめです。

何よりも”薄着”に慣れさせよう!

photo3
どうしても、大人が厚着を促してしまいがちですが、本来子どもの体温は大人よりも高く、そこまで厚着をする必要はありません。また、厚着をさせることで、体本来が持つ体温調整機能を低下させることにもなりかねません。できるだけ薄着に慣れさせることが、寒い冬を元気に乗り切る一番のヒケツです。

とはいえ、いきなり「今日から上着は着ないで遊びなさい!」なんて無茶をさせるのはNG! 少しずつ、体に薄着で過ごすことを慣れさせることが重要です。いつも多めに着すぎている子は、まずは1枚減らしてみる。できればあまり早くから厚着をさせないように、寒くなり始める秋頃から薄着を心がけているといいですね。

さあ、この冬は親子で動きやすく暖かい着こなしをして、寒い日もお外で元気に走り回りましょう!

記事/ここるく
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2
ママのすぐそばで、お子さまを預けながらランチやエステが楽しめる子育て支援サービスを展開しています。『ここるく』では、親子で過ごす時間をもっと楽しく豊かにするセミナーを開催しています。

ホームページ

その他のおすすめ記事

唐揚げに飽きたら…漬けて焼くだけ『鶏肉のハニーマスタード焼き』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

簡単!おいしい!『ふんわり豆腐チキンナゲット』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメント

  1. Kailee より:

    Otherwise, just about any normal going for walks would be hazardous. You could turn or crack your ankle joint very easily so you foot seriously is8#2n&17;t made to tolerate your weight in that position. Most of us have heard the particular horrific testimonies about what ballet dancers go through to live a life much of their lives around pointe shoes proper.

コメント欄


人気の記事

2021.01.25

一度はチャレンジ!ジューシー『自家製ソーセージ』

2021.01.21

甘くてほろ苦い美味しさがたまらない『タルトタタン』

2021.01.21

色を暮らしに活用しよう『安らぎカラー”緑色”がもつ秘密ゴト』

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

編集部おすすめ記事

2021.01.25

【七十二侯のコト】第七十一候「水沢腹堅」

2021.01.24

【七十二侯のコト】第七十候「款冬華」

2021.01.23

二十日正月は正月期間の終わり

2021.01.23

はじめてのナチュラルフード『新年を迎えて~出汁活をしよう~』

2021.01.22

白菜の甘みを味わおう!『焼きロール白菜』

2021.01.22

簡単なのに豪華‼『アボカドサーモンのチコリボード』

2021.01.22

冬土用入りで体のメンテナンスを

2021.01.21

ホッと美味しい!『大根とつくねの食べるスープ』

2021.01.20

煎り大豆の活用法!ごはんのお供に『みそ大豆』

2021.01.20

ほっこり体が温まる『白菜の豆乳クリーム煮』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』