知るコト知るコト
家のコト 2021.01.03

暮らしの歳時記を知るコト『鏡開き』

年末になるとせっせと餅をつき、お正月になると年神様の居場所になるのが鏡餅。
そんな鏡餅、どうしてお供えするのでしょう。そしていつ鏡開きすればいいのでしょうか。
大切に語り継ぎたい、日本の暮らし方。

供え、開き、食べる

お正月は年神様をお迎えする期間です。年神様がいらっしゃる松の内の間、鏡餅に年神様は宿るといわれています。そのため松の内が過ぎたら下げて食べ、年神様をお送りします。鏡餅を食べることで、年神様の力を授けてもらい、この1年家族の無病息災を願うのです。
そう、つまり鏡餅は供えて、開いて、食べてこそ意味があるのですよ。

松の内が終わったら鏡開き

松の内を1月7日までとする地方では11日に、関西など松の内を15日とする地方では15日に鏡開きを行う場合が多いようです。
b1258f72384a27f3742a3b0cd0b1dd75_m

鏡開きの言葉の由来

鏡開きはもともと武家から始まった行事です。鏡餅に刃物を使うことは切腹を連想させることから、禁止されていました。そこで、手か木槌などで割ることになりましたが、「割る」という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」を使って「鏡開き」というようになったそうですよ。
鏡開きをすることで年神様を見送り、お正月に一区切りがつきます。つまりは心機一転、新たなスタートをするという意味があります。いわゆる仕事始めのことです。武道の世界で、新年の道場開きに鏡開きとしてお汁粉をふるまったりするのは、その名残りなのだそうですよ。

固い固い鏡餅

松の内の間中供えておいた鏡餅は、冬の大気の乾燥もあって鏡開きする頃にはカチカチになっています。ですがここで包丁をつかうのはご法度です。なかなか大変ですが、乾燥した鏡餅を少しずつ叩いて、ヒビが入ってから勢いよく叩くと、はじけるように割れます。
どうしても固くて開けない場合は、餅を半日ほど水に漬けてから、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジにかけて柔らかくしてから手でちぎるといいですよ。

油で揚げてかきもちにしてもよし、醤油やみりんで煮詰めたタレを大根おろしと一緒にかけて揚げだしにしてもよし、もちピザや油揚げに詰めてもち巾着にしてもよし、年神様が宿っていた鏡餅を、大切にいただきましょうね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

女性に嬉しい成分たっぷり『黒豆玄米おむすび』

女性に嬉しい成分たっぷり『黒豆玄米おむすび』

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

女性の味方「わかめ」をたっぷりいただく『わかめ玄米ごはん』

女性の味方「わかめ」をたっぷりいただく『わかめ玄米ごはん』

はじめてのナチュラルフード『安心して玄米と付き合うために』

はじめてのナチュラルフード『安心して玄米と付き合うために』

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2021.01.06

おもちがおやつに変身!『洋風ナッツもち』

2021.01.05

おせちで簡単おもてなしお菓子『栗きんとんでマロンパイ』

編集部おすすめ記事

2021.01.17

大根の消費に『やみつき大根サラダ』

2021.01.16

身体が弱る時期にスタミナをつけよう!アレンジ自在『濃厚にんにくペースト』

2021.01.15

【七十二侯のコト】第六十九候「雉始雊」

2021.01.14

美味しい時期はたったの2ヶ月!自宅で美味しいタラの白子を味わおう

2021.01.14

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

2021.01.10

豆腐のまんぷくおかず『豆腐の韓国風ステーキ』

2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

2021.01.07

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

2021.01.06

七草粥だけじゃもったいない!旬の「せり」を食卓に取り入れよう

2021.01.05

【七十二侯のコト】第六十七候「芹乃栄」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう