作るコト作るコト
料理 2017.02.06

バレンタインにしっとり濃厚な『フラワーレメディガトーショコラ』

バレンタインに簡単に出来て大人っぽいガトーショコラはいかがでしょう?
甘さ控えめで、ハーブフラワーの香りが疲れを癒してくれて優雅なティータイムを過ごせます。焼きたてより2、3日寝かせたほうがしっとりして美味しくなりますよ。
ドライフルーツとナッツはラム酒に浸してしっとりさせるのですが、お子様が食べる場合は同量の水で代用してください。濃い目に煮出した紅茶に浸しても風味がついて美味しくなります。

琺瑯がおすすめ

少量のお菓子を作るのに便利なのは小さいバットや保存容器。
今回の焼き型は野田琺瑯の蓋つき保存容器、ホワイトシリーズ「レクタングル浅型S」を使用しています。琺瑯製だと焼き型としてオーブンに入れられて、焼き上がったらそのまま蓋をして冷蔵庫にしまえてとても便利なんですよ。

材料(12cm×18cmの角バット)

・チョコレート    100g(板チョコ2枚分)
・無塩バター           35g
・全卵              1個
・きび砂糖            35g
・牛乳              35g
・薄力粉             35g
・ベーキングパウダー      小さじ1/2

・胡桃               50g
・いちじくなどドライフルーツ    50g
・ラム酒             大さじ2
・フラワーハーブティーミックス  大さじ1

作り方

≪準備≫
・薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
・胡桃は150℃のオーブンで10分空焼きして手で砕き、いちじくは大きいものは3cm角くらいに切って合わせてラム酒大さじ1を絡めておく。

1.ボウルに砕いたチョコレートとバターを入れてなめらかになるまで混ぜながら湯煎で溶かす。
フラワーレメディガトーショコラ_middle1
2.別のボウルに卵を割り入れ、きび砂糖と一緒にふんわりするくらいまですり混ぜる。
フラワーレメディガトーショコラ_middle2
3.2.のボウルに1.のチョコレートを加えて混ぜ合わせる。
4.3.に粉類を加えて混ぜあわせる。
フラワーレメディガトーショコラ_middle3
5.用意しておいた胡桃といちじくを4.に加えてオーブンシートを敷いた型に流し入れる。
フラワーレメディガトーショコラ_middle4
5.180℃のオーブンで10~15分焼いて、竹串を刺して生地がくっつかなければ焼き上がり。
温かいうちに残りのラム酒を刷毛で塗り、ハーブティーミックスを乗せて乾燥を防ぐためラップをかぶせ、冷めたら冷蔵庫に入れて寝かせておく。
フラワーレメディガトーショコラ_middle5
6.しっとりして来たらお好みのサイズに切り分ける。

ポイントはしっとり感が大切なので焼きすぎないこと。

・上にトッピングするフラワーハーブティーは花びら状のもので色のきれいなものを選びましょう。
・焼きっぱなしでも見た目が優雅になるのでお菓子初心者でも挑戦しやすいレシピです。
・チョコレートとローズの香りがとても合うのでローズが入っているものがおすすめです。
・今回使用したのは「レッドヴィーナス」というハーブティーミックス。
ハイビスカス、ローズヒップ、ローズレッドペダル、マリーゴールド、コーンフラワーがブレンドされ、ハイビスカスのクエン酸とローズヒップのビタミンCが含まれます。ローズは女性ホルモンのバランスを整え、消炎作用や香りのリラックス効果もあるといわれています。
スクリーンショット 2017-02-03 10.52.24

≪保存期間≫ 冷蔵庫で1週間

監修/株式会社ふらりーと

tatelogo%e6%ad%a3%e5%bc%8fai

1食950円から、栄養士/管理栄養士があなたの自宅で数日分の食事を作り置きします。面倒なメニューぎめから買い物まで、全て一括で行います。疲れてクタクタで帰った時に、誰かが温かい手料理を用意してくれる。毎日食べたいと思える美味しいご飯を食べてずっと健康でいられる。
そんな誰もが最高と思える暮らしを当たり前にしていきます。

レシピ/栄養士 菊池律

riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

編集部おすすめ記事

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.16

元美容部員が教える『シミをカバーするメイク方法』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2018.04.04

覚えておきたいおやつレシピ『ふんわりバナナシフォン』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』