作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.02.06

バレンタインにしっとり濃厚な『フラワーレメディガトーショコラ』

LINEで送る
Pocket

バレンタインに簡単に出来て大人っぽいガトーショコラはいかがでしょう?
甘さ控えめで、ハーブフラワーの香りが疲れを癒してくれて優雅なティータイムを過ごせます。焼きたてより2、3日寝かせたほうがしっとりして美味しくなりますよ。
ドライフルーツとナッツはラム酒に浸してしっとりさせるのですが、お子様が食べる場合は同量の水で代用してください。濃い目に煮出した紅茶に浸しても風味がついて美味しくなります。

琺瑯がおすすめ

少量のお菓子を作るのに便利なのは小さいバットや保存容器。
今回の焼き型は野田琺瑯の蓋つき保存容器、ホワイトシリーズ「レクタングル浅型S」を使用しています。琺瑯製だと焼き型としてオーブンに入れられて、焼き上がったらそのまま蓋をして冷蔵庫にしまえてとても便利なんですよ。

材料(12cm×18cmの角バット)

・チョコレート    100g(板チョコ2枚分)
・無塩バター           35g
・全卵              1個
・きび砂糖            35g
・牛乳              35g
・薄力粉             35g
・ベーキングパウダー      小さじ1/2

・胡桃               50g
・いちじくなどドライフルーツ    50g
・ラム酒             大さじ2
・フラワーハーブティーミックス  大さじ1

作り方

≪準備≫
・薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
・胡桃は150℃のオーブンで10分空焼きして手で砕き、いちじくは大きいものは3cm角くらいに切って合わせてラム酒大さじ1を絡めておく。

1.ボウルに砕いたチョコレートとバターを入れてなめらかになるまで混ぜながら湯煎で溶かす。
フラワーレメディガトーショコラ_middle1
2.別のボウルに卵を割り入れ、きび砂糖と一緒にふんわりするくらいまですり混ぜる。
フラワーレメディガトーショコラ_middle2
3.2.のボウルに1.のチョコレートを加えて混ぜ合わせる。
4.3.に粉類を加えて混ぜあわせる。
フラワーレメディガトーショコラ_middle3
5.用意しておいた胡桃といちじくを4.に加えてオーブンシートを敷いた型に流し入れる。
フラワーレメディガトーショコラ_middle4
5.180℃のオーブンで10~15分焼いて、竹串を刺して生地がくっつかなければ焼き上がり。
温かいうちに残りのラム酒を刷毛で塗り、ハーブティーミックスを乗せて乾燥を防ぐためラップをかぶせ、冷めたら冷蔵庫に入れて寝かせておく。
フラワーレメディガトーショコラ_middle5
6.しっとりして来たらお好みのサイズに切り分ける。

ポイントはしっとり感が大切なので焼きすぎないこと。

・上にトッピングするフラワーハーブティーは花びら状のもので色のきれいなものを選びましょう。
・焼きっぱなしでも見た目が優雅になるのでお菓子初心者でも挑戦しやすいレシピです。
・チョコレートとローズの香りがとても合うのでローズが入っているものがおすすめです。
・今回使用したのは「レッドヴィーナス」というハーブティーミックス。
ハイビスカス、ローズヒップ、ローズレッドペダル、マリーゴールド、コーンフラワーがブレンドされ、ハイビスカスのクエン酸とローズヒップのビタミンCが含まれます。ローズは女性ホルモンのバランスを整え、消炎作用や香りのリラックス効果もあるといわれています。
スクリーンショット 2017-02-03 10.52.24

≪保存期間≫ 冷蔵庫で1週間

監修/株式会社ふらりーと

tatelogo%e6%ad%a3%e5%bc%8fai

1食950円から、栄養士/管理栄養士があなたの自宅で数日分の食事を作り置きします。面倒なメニューぎめから買い物まで、全て一括で行います。疲れてクタクタで帰った時に、誰かが温かい手料理を用意してくれる。毎日食べたいと思える美味しいご飯を食べてずっと健康でいられる。
そんな誰もが最高と思える暮らしを当たり前にしていきます。

レシピ/栄養士 菊池律

riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』