知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

取材 2015.07.09

暮らしの話 ~書を通して癒しや元気になるきっかけを 島野真希さん~

Pocket

人によって価値観や人生観などは様々。

色んな人の話を知ることで工夫や新しい価値が生まれてくれたら嬉しいです。
今回は島野真希さんの話。

1983年生まれ31歳。香川県出身、東京都品川区在住の女性。
書道家・カリグラファーとして、テレビ番組の題字や店舗ロゴの揮毫の他、日本文化に興味のある人や字が上手になりたい人達に、老若男女問わず書を楽しむワークショップを開催。NPO法人 maggie’s tokyo では運営メンバーとしても活動されています。

そんな島野さんの暮らしの話とは。

maki_active2_re

書の道を決意させてくれた前職

前職は株式会社Plan・Do・Seeという会社のブライダルのお仕事をしていました。
たまたま社内で字を書くことがあり揮毫したところ、それがとても好評で、以来新規店舗のOPENなどで筆文字が必要であればまずは私に話が来るようになりました。
会社に所属しながら、作品を生み出しているうちにより良いものを書くために勉強したいと思い、現在の師匠である武田双龍氏の門をたたくことに。
それから出産を経て育児休暇をとることになりましたが、会社を離れている間でも必要なときは文字の依頼を続けて受けており、自然とまわりの環境が私の背中を押してくれ書の道で独立することを決意しました。

また、独立のタイミングとほど近く、親友からプロジェクトの話が。彼女はがん経験者であり闘病中に彼女が欲しかった居場所、闘病中でも安心して参加できるヨガなどのワークショップを運営する「Cue!」の立ち上げに携わることになりました。私自身も書で人を癒せたり元気づけたり役に立てるならと思いがん経験者さんたちにワークショップをするようになりました。
現在はCue!の延長で『がん患者とその家族・友人が自分の力を取り戻す居場所 「マギーズがんケアリングセンター」を東京に』というmaggie’s tokyo projectの運営メンバーとしても活動しています。

家族も字を書くことも大切なこと

大前提として、私たち夫婦には約束事があります。「仕事をするなら、会社のために働くのではなく自分のために働く」「家族が第一優先」。だから私は出産後、大好きだった会社を辞めて子どもたちの成長に合わせて自分自身でボリュームを調整しながらできるように書の道を歩むことにしました。

「自分のために働く=ライフワーク=字を書くこと」って明確になったのも大きなことです。

まきさん画像re

自分とも夫とも上手に向き合う

夫の仕事は不規則、土日もスポーツで不在、両家両親は遠方ときて、頼るべきものはほぼ自分の体力なので、家事育児は完璧を目指さず、手抜きできるところは手抜きし、たまには友達に甘え、メリハリのある時間の使い方をしています。
仕事とスポーツと二足の草鞋を履く夫なので、あてにすると自分が辛いだけ。だけど、夫はいくら仕事が大変で疲れていても帰宅してから時間があれば子どもたちと一緒にお風呂に入り、絵本を読み、遊んでくれます。私が仕事と育児で今は余裕がないのだと感じ取ると、何も言わなくても気づけば山積みのはずの食器が綺麗に洗われていたりすることも。前提としてお互い別々のライフワークを抱えていて、尊敬し合っているからこそだと思っていますが、夫の思いやりにいつも救われています。

maki_active_re

仕事はあくまで1つの要素。ライフスタイル全体を描く

結婚をし、仕事を辞め、妊娠と出産をすることで大切なものの順位が明確になりました。
「家族」という存在がどれだけ自分のライフスタイルにとって大事なものなのかが今でははっきりわかります。

大切で譲れないものが決まると、物事の取捨選択がすごく楽になり、シンプルになりました。自分の身体はひとつ、時間軸もひとつだから、今しないと自分の可能性を潰すかもしれないと悩んだこともあるけれど、それは違います。可能性は無限で、広がる時機が人それぞれなだけでタイミングが必ずあると思っているから無理はしません。
また「生きたいライフスタイル全体を描くこと」を大切にしています。「仕事」は理想のライフスタイルの中にある一つの要素でしかないと私は思っています。だから全体を描いて、短期的ではなく長期的に自分が納得のいくように選択し続けています。そして「目標は必ず書く」「口に出す」「人に伝える」ことを意識しています。すると必ず巻き込まれてくれる仲間が現れてきます。

プロフィール

島野真希

まきさんプロフィール

書家・カリグラファー

1983年7月5日 香川県出身。幼少から書道を始める。現在は武田双龍を師事。テレビ番組の題字をはじめ企業や店舗のロゴ、命名書など幅広く揮毫する。またモダンカリグラフィーでのウェディングアイテムも手がけている。
プライベートでは二人の男の子のママ。プロボノ活動としてNPO法人maggie’s tokyoの運営に携わっている。

ブログ『Maki Shimano Calligraphy』
Instagram
maggie’s tokyo projectホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』