知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.02.14

インテリアで暮らしを豊かに『狭い部屋を広く見せるコツ』

LINEで送る
Pocket

「家の中にいるのがなんだか窮屈…」
「狭い部屋を少しでも広くみせたい…」
インテリアでそんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。
小さくて狭い部屋で困っている方でも、お金をかけずに「家具の配置」だけで部屋を広く見せる工夫をご紹介します。

狭い部屋で困っている一人暮らしさんが多いのはなぜ?

一般的に家賃は「収入の3分の1」が家賃の目安になるのだそうです。
20代新卒社員の平均月収が20万円であることを考えると、約6~7万円。都内や都市部で一人暮らしをしようとすると、1Rや1Kで、間取りは7〜8畳のコンパクトなお部屋になってしまいます。実際に20代独身の男女では70%が1R、1Kというデータもあります。
<参考>
・平均年収.jp「新卒の平均年収」

・SUUMO「20代社会人シングル男女の一人暮らしデータ 2009」

お金をかけなくても部屋は変わる

「狭い部屋を広く見せる」ということは、広く見えるようにインテリアで「錯覚させる」ということ。家具の配置を「錯覚」を利用した3つのポイントで工夫してみましょう。

1. 「抜け」と「光」を意識して空間を確保しよう

まずは「抜け」と「光」を意識してお部屋づくりをしてみましょう。
入り口から窓までの導線に家具を置かず部屋に入って自然と外の景色に視線が向くようにします。そうすることで窓の外への「抜け感」で圧迫感が和らぎます。
そして外の光を十分に取り込めるように、窓際の空間をたっぷり空けてみてください。床に「反射する光」の影響で、お部屋が明るく開放的な印象になりますよ。
330ed001a41f7b35aa47a529148d9fc5

2. 夢の国も実践する「遠近法」で広さをつくろう

手前にあるものを大きく、奥にあるもの小さく「遠近法」を利用して配置してみましょう。
対角線にあるものが遠くに感じ、自然とお部屋に奥行きを感じられます。また、これには手前にある大きい家具は視界に入りにくいという効果も。なるべく入り口の対角線を避けて、入り口近くの壁際へ場所へ移動しましょう。

ちなみに「遠近法」をうまく利用しているのが、ディズニーリゾートです。
東京ディズニーランドのショッピングアーケードの入口と出口では道幅が異なっているのをご存知でしょうか?入口の方が広く、出口に行くにしたがって少し幅が狭くなっています。
その効果で、アーケードを出た瞬間の開放感と、シンデレラ城をより一層遠くに大きく感じられるのです。

3. 家具をまとめて「余白」をつくろう

家具などを一カ所にまとめて、“空間の「余白」”(スペース)をつくりましょう。
もし動かしづらい家具やキッチンなどがある場合は、そこへ家具を寄せてみるとよいかもしれません。ソファなど、部屋で長い時間を過ごす場所からの視線上にはなるべく家具や収納などは避け、その背後や脇に置きます。また家具の向きを変えることでもスペースをつくれます。
一定のスペースが確保できると視界に余裕が生まれ、圧迫感を感じにくくなるのです。

同じ6畳でも家具の配置の仕方でお部屋の印象はぐっと変えられます。最近では収納グッズや、便利なインテリアグッズが100円ショップや雑貨屋さんなど、様々な場所で安く簡単に手に入りますね。
しかし、気をつけたいのは、モノを増やせば増やすだけスペースを使ってしまうことにもなりかねません。
まず第一歩としては、お部屋の最小限のもので実践できることを試してみるのもアリかもしれませんよ。
c7f31682f6856a755be17ddfab24c581_m
自分だけの素敵なお部屋づくり、してみませんか?

記事/Me times
13020475_908061889304828_2064966987_n
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』