知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.02.25

色を暮らしに活用しよう『幸福と平和の象徴カラー”青色”がもつ秘密ゴト』

LINEで送る
Pocket

幸福と平和の象徴であるカラー「青色」。
青い空、青い海、というように青というカラーはどこか自然と一体となっている身近な色のひとつと言えるかもしれません。そんな「青色」を暮らしの中にとりいれてみませんか?
7b6e83b1bc5ab4d1ba9f98e291661776_m

「青色」を好む方は

冷静で理知的、争いごとを嫌う平和主義者が好むのが青。
いつも落ち着き、周りからの信頼も厚いリーダーといった感じです。真面目がゆえに、「~しなければならない」という思い込みに陥る癖や、言いたいことを飲み込んでしまう癖をもっているかもしれませんね。青は水との関わりが深い色です。そんな時はストレスになる前にきれいな水を飲み、まさに水に流してしまうとよいかも知れません。

尊い、神秘的な色

壮大な空と海、宇宙の「青」は私たちにとって最も身近な自然色の一つといえるでしょう。しかし、土の茶色や木々の緑のように実際には物質そのものが青い色をしているわけではなく、光の散乱や反射によってそう見えるという不思議な色でもあります。キリスト教の聖母マリアの外套の青や、メーテルリンクの「青い鳥」に象徴されるように、神話や伝説、芸術作品には青を尊い存在として表現しているものが多く見られます。どこか神聖かつ神秘的で、つかみどころのない空想の世界を思わせるような色でもあるのです。
『something blue』とは花嫁が挙式の当日、何か青いものを身につけると幸せになれるという言い伝えです。幸福や平和のシンボルカラーでもあるのです。
そしてプラスのイメージの強い青は、世界中で老若男女から好まれる嗜好色トップの色でもあるのです。

青・紺・藍…・日本人が古くから親しんできた色

「ジャパンブルー」という言葉があることからもわかるように、青は私たち日本人にとって最も身近な色の一つでしょう。明治時代、政府の招聘によって来日したイギリス人科学者が日本の至る所で見る藍色を「ジャパンブルー」と記述したことがこの呼び方の由来です。藍は人類最古の染料で、4000年もの歴史をもつと言われています。日本に伝来したのは飛鳥時代で、青系の伝統色のほとんどは藍によるものです。甕覗、白藍、浅葱、縹、納戸、搗色・・・「藍四十八色」と呼ばれるほどバリエーション豊かです。
江戸時代には、藍染めが流行し、あちこちに「紺屋」と呼ばれる藍染め専門の染物屋ができ、庶民から大名、将軍までもが愛用しました。そんな紺屋の忙しさから生まれたことわざが「紺屋の白袴」(他人のことに忙しく、自分に手が回らないという意味)なのです。
613a1a74cd64aebf7a3fe146ec7f03d0_m

犯罪防止や集中力を増す効果も

「静」という漢字には「青」が使われているように沈静効果の高い色で、エネルギーの代謝を抑え、血圧や脈拍を下げる効果がある色です。鉄道自殺防止の試みとして、ホームの前後方や踏切に青色のLEDを設置している例を目にされたことがあるかもしれません。照明光を青色に変えたことで犯罪発生率が減るなど、青には突発的に高ぶった興奮を抑える効果があるのです。
また、集中力を増し、頭をクリアにする働きもあるので、オフィスや勉強部屋などじっくり物事に取り組みたい場所におススメの色です。
ただし、寒色系の代表で実際の温度よりも体感温度が低く感じられるので、使い方に注意が必要です。ブラインドーやカーテンなど部屋の一部に取り入れると良いでしょう。
dbd0a663ded34527204b633f0d369e79_m
青い灯り、自然の生み出す青い輝き、身近に青の温もりを感じるとどこかほっとするような気持ちになるのは、わたしたちが古くから親しんできた経緯があるのかもしれませんね。

記事/大原智子
14463750_1178843135527054_1430710356_n
株式会社brilliant-style 代表
カラーコンサルタント
個人クライアントに向けた色彩を活用したパーソナルブランディング、イメージコンサルティングの他、法人向け色彩教育、研修事業、色彩マーケティング、色彩設計提案などを行う。
また、大学、専門学校など教育機関にて色彩教育に従事する傍ら、講座・研修企画から教材開発などを手掛ける。
近年は、色彩事業のほか地方地域活性などにも目を向け、農家の生産品支援も行う。
ホームページ

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

2019.05.01

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2019.04.29

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『34 愛しきお重ライフ』

2019.04.25

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

2019.04.17

バター不使用!おうちの常備おやつに『ナッツクッキー』

2019.04.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 32 よもぎ』

2019.03.30

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

編集部おすすめ記事

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

2019.03.25

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 31 我が町愛』

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.04.14

山菜の種類と食べ方を知っていますか?『春の息吹を味わう山菜』