知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.02.28

ブラジルの暮らしから『おやつタイムは各国共通の至福時間』

LINEで送る
Pocket

おやつの時間は子どもだけのものでしょうか?
コーヒーブレイク、ティータイム、と言った言葉があるように、大人のわたしたちでもほっと一息いれる時間ありますよね。そこで良いアイディアが浮かんだり、コミュニケーションの場になったり…。
大人になってからのおやつタイムは胃袋を満たすだけでなく、日々の暮らしを円滑に進めるための潤滑剤のような存在なのかもしれません。日本の裏側ブラジルでもそれは同じ。どうやらわたしたち日本人には、目新しいおやつが日常の中に溶け込んでいるようでした。
ブラジルならではの素材をつかった素朴なおやつをご紹介します。

国や地域が違えば、人々の味覚は異なるもの。甘党の多いブラジルでは、わたしたちにとって「甘過ぎる」と感じるおやつも多いのですが、ここでご紹介するものは素材の味を生かしたやさしい甘みのものばかり。きっと日本人の舌にもぴったりなはずですよ。

ココナッツ・ウォーター(água de coco)

ココナッツオイルやココナッツミルク、最近では日本でもお馴染みの食品ですよね。ブラジルでも、もちろん!ココナッツはとても身近です。

ココナッツ・ウォーターは、若いココナッツの実の中に含まれている液体で、カリウムやマグネシウムといったミネラルを多く含み、身体の水分補給にもとても良いそうです。
2.ココナツウォーター(ココナッツ・ウォーター)

年間を通して日差しが強くかつ乾燥するブラジリアでは、バス停のそばや道路沿いなど、街中の至るところに屋台がたちます。人々は、朝の出勤前やジョギングの途中、学校の帰り道などに立ち寄り、水分補給。冷やしたものと常温のものから選べます。私も目覚めの悪い朝等には、散歩がてら近所の屋台まで買いに行き、一日をスタートさせています。
1.ココナツウォーター_お店外観(ココナッツ・ウォーターのお店の外観)
3.ココナツ(原材料のココナッツ)

コーンケーキ(bolo de milho)

世界でも有数のトウモロコシ産地であるブラジル。日本では、ケーキやパンの材料といえば小麦粉が主流ですが、ブラジルではトウモロコシのケーキやパンがとても多いことに驚きました。

生のトウモロコシをすりおろし、少しの小麦粉を混ぜてつくるコーンケーキは、トウモロコシの甘さとバターの塩っぱさが合わさって、飽きのこない美味しさ。レケイジョン(requeijão)というブラジルのクリームチーズ入りタイプは、よりリッチな味わいです。
4.コーンケーキ のコピー
5.コーンケーキ_ショーウィンドウ(お店にはたくさんの種類のケーキが並んでいる)

手作りケーキが美味しいお気に入りのお店でコーヒーを飲んでいると、近所の会社に勤めるサラリーマンがひっきりなしに訪れては、ケーキをホールで買って行きます。不思議に思い話を聞いてみると、職場にはいつもみんなのためにケーキが置かれているのだそう。「いい習慣でしょう?」と満面の笑顔で教えてくれました。
6.コーンケーキ_お客さん(職場用にと、コーンケーキを買いにきたお客さん)

パモンニャ(pamonha)

パモンニャは、すりおろしたトウモロコシを牛乳と混ぜ、茹でて作るブラジルの伝統的なおやつ。
チーズ入りの塩っぱい味と、砂糖入りの甘い味があります。夕方になると、「パモンニャ!パモンニャ!」と独特の売り声を発しながら、バイクや車の移動販売で回って来ます。
8.パモンニャ売り

その様子はどこか〈日本の石焼き芋〉を思い出させます。素材を生かした味わいや、トウモロコシの葉に包まった見た目に、日本から来た私はどこか懐かしく感じてしまうのです。
9.パモンニャ_拡大
7.パモンニャ

田舎風クッキー(biscoito de nata)

畜産大国でもあるブラジルは乳製品の種類も豊富で、おやつにもバラエティの多さが反映されます。
ご近所の一角では、夕方になると帰宅中のサラリーマンに向けて小さなワゴンのおやつ屋が現れます。そこで売っているクッキーを食べてびっくり!とーっても美味しいんです!!!
10.クッキー(こちらは田舎風クッキー)

素朴な味わいの中に、正体不明の酸味あり。おじさんに聞いてみると、秘密はナタ(nata)と呼ばれるクリームにありました。
生乳を分離させてとるナタ(クリーム)。バターの主原料でもあります。伝統的な田舎風のお菓子にはよく使う食品なのだそう。とにかく今まで食べたことのない味わいで、一度食べたらやみつきに!今ではすっかりおじさんとも顔なじみになりました。
11.クッキー売りのおじさんこちらのクッキー売りのおじさんは、ブラジリア近郊で農業を営んでおり、飼っている鶏のたまごなど新鮮な材料を使って、奥様が全て手作りでクッキーを作られているのだとか。

それぞれに、作る人の顔が見えるのは素朴なおやつならでは。 飽きのこない味わいは、気がつけばブラジルで暮らす私にとって欠かせない存在となりました。
今日のおやつ、何にしますか?
ブラジルのおやつ、一度食べてみませんか?

記事/ペルフェイトあき子
14692113_1231546966916704_5012459638186496083_o
広島県生まれ。フリーランスで「食と人をつなぐ」サポート業に携わる。早稲田大学卒業後、商社および海外進出支援団体に所属するかたわら、国内外の農場をめぐり、働き方・生き方に対する視野を拡げる。退職後、2016年9月よりブラジル在住。
ブログ:SLEEPY CITY BUGS

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』