知るコト知るコト
家のコト 2015.05.23

家庭料理は国と国とまで繋いでくれる親善大使

フランス人には、親日家が多いんです。

パリには日本料理店もありますし、クロード・モネのラ・ジャポネーズという名画も知られています。
シラク元大統領も親日家として有名でした。

パリ在住の、フランス人の友人もまた、大の親日家です。

日本が大好きで、たびたび来日しては北海道から九州まで各地を旅行しています。
日本人である私以上に日本を知り尽くしている彼女。さて、おもてなしといっても難しい。

そんな彼女がそれはそれは喜んでくれたこと、何だと思いますか?

自宅に招き、ふだんの家庭料理を作るところを見て、一緒に食べたことです。

hands_resize

お招きなんて言うには恥ずかしいほどの、本当のいつものおかず。

ごはんと、お味噌汁、肉じゃが、それから切り干し大根とひじきのサラダ。

乾物はあえてお見せしたのですが、とても興味を持って見ていました。
フランスでは、乾物といえば豆くらいしかないのだそうです。
どれもこれもおかわりして食べてくれて、お味噌とかつおぶしと昆布はお土産に買って帰り、家でも毎日作って、今ではパリで食材を調達する場所も見つけたとメールをくれました。

たしかに、海外からの旅行者がレストランで食べられるのは、家庭料理とはちがう日本の味ですものね。

慣れ親しんだ料理が、外国の方にも美味しいと言ってもらえるのは嬉しいです。

人は「美味しい」でつながります。
外国語が下手だって、美味しい料理が真ん中にあったら心も通じ合います。
日本の家庭料理は立派な親善大使だなと思います。

記事/olive&olive 長野京子

olive&olive http://www.olive2.co.jp/

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』