知るコト知るコト
家のコト 2017.03.16

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「Teema ティーマのマグ」

あなたは、毎朝決まって飲むものはありますか?コーヒー、緑茶、牛乳、野菜ジュース…。私は、「Teema ティーマ」のマグに注いだコーヒーを飲むことで一日が始まります。北欧の老舗メーカー『iittala イッタラ』の中でも、ベーシックなデザインの「Teema ティーマ」シリーズ。丈夫で普段使いにちょうど良い器たちです。実用性とデザイン性を兼ね備えた、北欧の日用品としての器「Teema ティーマ」。絶妙な色合い、計算されたフォルムが食卓を彩ります。今回は、ほぼ365日愛用している「Teema ティーマ」のマグについてお話します。愛すべき北欧の“普通”の道具について、魅力をちょこっとおすそ分け。
teema4

毎日使っても飽きない『iittala イッタラ』の食器

北欧らしい食器ってどんなだろう。カラフル?シンプル?柄もの?雑貨屋さんを見ると、多くの北欧デザインのアイテムを目にしますね。お手頃価格のショップも増え、日常で触れる機会が増えてきました。それら北欧デザインの食器には、賑やかな柄や色使いが多いのも特徴ですね。そんな中『iitala イッタラ』の食器は、食卓にほど良い彩りを添えてくれます。カラフルだけど、食卓の上で浮くこともなく、馴染む『iittala イッタラ』の器たち。「君たちは色んな食卓に馴染むねえ。」と、ついつい食卓に『iittala イッタラ』の登場回数が増えています。今回は『iittala イッタラ』の中でも、普段使いにぴったりの「Teema ティーマ」シリーズをご紹介いたします。シリーズの中で、毎日愛用している「Teema ティーマ」のマグについて、魅力を少しおすそ分け。スタンダードで実用的、シンプルなのに飽きないマグカップです。どうぞお楽しみください。
teema2

“普通”が一番難しくって美しい-『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」

普通、スタンダード、ベーシック…そんな言葉が似合うような、『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」シリーズ。 なんの変哲もなく見える、この器。その醍醐味は、毎日の暮らしの中での“使いやすさ”にあります。「どこにでもある器と同じ形じゃん。」と思うなかれ。『iittala イッタラ』の歴史が紡いだ、日用品としての美しさを堪能できるシリーズです。

「Teema ティーマ」の生みの親 デザイナー カイ・フランク

「Teema ティーマ」シリーズは、デザイナー カイ・フランクによってデザインされました。以前(アアルトのベース)ご紹介のデザイナー アルヴァ・アアルトと同様に、iittalaの代表的なデザイナーであり、フィンランドデザイン界の巨匠です。ベーシックなフォルムを探究し続けた、カイ・フランク。ヘルシンキ芸術デザイン大学の教授でもありました。「Teema ティーマ」シリーズを始め、彼のデザインした『iittala イッタラ』のプロダクトは、永遠のベーシックとして今もなお世界中で愛されています。美しいフォルムで、使いやすい。デザイン性と機能性を併せ持つ、北欧で生まれた日用品です。

毎朝の相棒「Teema ティーマ」のマグ

毎朝のコーヒーに、なくてはならない「Teema ティーマ」のマグカップ。私が愛用している300mlのマグは、通常のマグカップよりも小ぶりなサイズ。なので、忙しい朝にさくっと飲みたい1杯のコーヒーにはぴったりです。また、ほっとできるお茶時間に、ティーポットに紅茶をいっぱい作って、何杯も飲みたいときにもおすすめ。マグカップが大き過ぎちゃうと、一杯飲み終わるまでにお茶が冷めてしまうのが気になっていた私。そんな時出会った「Teema ティーマ」のマグは、ちょうど良い大きさで、お気に入り道具のひとつになりました。しっかりとした取っ手も持ちやすいのです。「Teema ティーマ」のマグの、“ちん”と座っているような佇まいに、可愛いなあと日々愛着がわいています。安定感のあるフォルムで、仕事のデスクなどでも使いやすいですよ。
teema1

「Teema ティーマ」ありそうでない、独特の色合い

潔く一つの色で彩られた「Teema ティーマ」シリーズ。単色ながら絶妙な色合いが、他にはない洗練された雰囲気です。宵の頃のような深いブルー、夜の森のような黒、どことなくアンニュイな雰囲気のくすんだグリーン、つきぬけるような青さのライトブルー…。身近にあるようでない「Teema ティーマ」が魅せる独特の色彩。北欧の暮らしや風景、気候が生み出した色合いは、私たち日本の暮らしにもそっと寄り添います。同じ料理や飲み物でも、器が変わるとまったく別の雰囲気を見せてくれますね。料理が映える真っ白な器も美しいですが、『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」シリーズで食卓の雰囲気を変えてみても。お手持ちの器に馴染みながらもほど良い存在感が、マンネリしがちな食事風景に彩りを添えてくれます。意外と和食や日本の家庭料理にもよく似合いますよ。

「丈夫だなあ」と感心しちゃう「Teema ティーマ」の器

「Teema ティーマ」の器で忘れてはならない素敵なポイントが、“丈夫”なところ。手が滑って器をぶつけたら、端っこがかけちゃった…とやってしまうことありますよね。そんなことをやりがちな私でも、「Teema ティーマ」のマグは毎日使い続けていても無事!ちょっとやそっとのことでは、割れない丈夫な「Teema ティーマ」の器。丈夫さは、普段使いする上で外せないポイントですね。また、オーブンや電子レンジにも対応できますよ。特別な日のオーブン料理、チンして食べてねのお夜食など。普段の生活で気兼ねなく使えてこそ、“暮らしに寄り添う器”と言えそうですね。
teema3

いつもそこにあって、なんでも受け入れてくれる『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」

いろんな寄り道をしても、“普通”であることが一番長く愛せる秘訣なのかもしれませんね。実用的で、美しい。『iittala イッタラ』の「Teema ティーマ」が持つ魅力は、実用的なデザインを追求したからこその、美しさなのかもしれませんね。無駄をはぶいた潔い佇まいの「Teema ティーマのマグ」。機能性に重きを置いた真っすぐなデザインが、“普通”であることの美しさを物語ります。コーヒーだけでなく、ほっとしたい時のお茶やホットミルク。私の最近のお気に入りは、甘酒でぬくぬくしたい時のお供として。両手ですっぽり収まるサイズもちょうど良い。すきなものを、すきな時に。なんでも受け入れてくれるような、おおらかさのある器は、使う私たちを飽きさせませんね。親しみを込めて、「今日も、ティーマのマグでいいか。」とつい選んでしまう日々が続いています。
teema5
『iittala イッタラ』について詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「アアルトのベース」

北欧デザイン『iittala イッタラ』と暮らすコト-「アアルトのベース」

『住まいで旅するWORLD TRIP!』 ~スウェーデン編~

『住まいで旅するWORLD TRIP!』 ~スウェーデン編~

上質なリネンと紡ぐ、シンプルな暮らし-『fog linen work』普段使いのリネン

上質なリネンと紡ぐ、シンプルな暮らし-『fog linen work』普段使いのリネン

記事/ケノコト編集部

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.07.31

夏野菜をピリッと美味しく!『エビとズッキーニのマスタード炒め』

2022.07.30

居酒屋風!ご飯ください!『ピリうま!ガーリックみそきゅうり』

2022.07.27

無限に食べられる!夏のランチにぴったりなアジア飯!『いんげんのドライフライ』

2022.07.07

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2022.07.06

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2022.06.22

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2022.06.20

暮らしにエコを。身体と環境に優しい『べジブロス』

2022.06.14

子どもと食べたい和のおやつ『五平餅風』

2022.06.14

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2022.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

編集部おすすめ記事

2022.08.14

夏のごちそう『トマトの塩麹サラダ』

2022.08.13

暑くてもご飯がどんどんすすむ!『なすの焼き浸し』

2022.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2022.07.29

栄養たっぷり!『子供も喜ぶ!ひじきのサラダ』

2022.07.28

意外と簡単!手作りしよう!『いろいろ野菜の福神漬け』

2022.07.16

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

2022.07.14

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2022.07.09

化学調味料不使用のインスタント麺!環境にも優しい「お湯かけ麺」

2022.06.29

実山椒オイルのアレンジレシピ『アジの山椒焼き』

2022.06.27

メインにも!あと一品に『スタミナ巾着』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2022.05.14

安いステーキ肉を柔らかくする下ごしらえの方法とは?

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2021.09.01

自宅でもおいしいシャトーブリアンの焼き方とは?調理器具別の焼き方もご紹介

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ