知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

日帰り 2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

LINEで送る
Pocket

突然ですが、「きのこ狩り」に行かれたことはありますか?
え、きのこのって狩ることができるの?登山をしながらきのこを見つけるの?と思われる方もいるかもしれません。いちご狩りやみかん狩り、ブルーベリー摘みなど、くだものの狩りに行かれたことがある方は多いかもしれませんが、実は、日本国内では気軽にきのこの狩りができる施設もあるのです。
今日は、東京都青梅市にある「内沼きのこ園」での、しいたけ狩りをご紹介します。

都心から約1時間半!東京都の北東部に位置する青梅へドライブ〜『季節の楽しみ方「きのこ狩り」』

pic2

新宿から車で東に約1時間半。埼玉県に近い方面に青梅(おうめ)市は位置しています。都心に比べて緑が多く、澄んだ空気が心地よい青梅。内沼きのこ園のある成木と向かいます。
pic3

山道を走り、しばらくいくと成木に到着。こちらが内沼きのこ園の入り口です。
入園料を支払ってからスタッフの方にしいたけ狩りの説明を受け、園内に入ります。
pic4

こちらでは、しいたけの種菌を植え付けた原木を層に重ね、しいたけを増やしています。地域にもよりますが、一般的にしいたけの植菌(菌を原木に植えつけること)は2~3月ごろにするそう。
入園料は大人200円、子どもが100円となっており、まず人数分の金額を支払います。収穫したきのこは100gあたり300円なのですが、こちらは収穫後に計り、その分を精算するルールとなっています。
pic5

園内に入ると、森の中に登場する原木の層。ここからニョキニョキと様々な大きさのしいたけが生えています。層になっている原木は、地上から約50cmのものから重なっているので、小さなお子さんも手が伸ばせる部分にたくさんのしいたけがあります。
pic6

原木から生えているしいたけの根っこを指でつまみ、少し力を入れてひねるとポロッととれます。このポロッととれる感覚がなんとも楽しく、テンポよくしいたけ狩りが進みます。
pic7

手のひらにおさまらない、こんなに大きなしいたけもあります。
実際は、傘があまり開いていないしいたけのほうが、味が閉じ込められて美味しいのだとか。

収穫したしいたけは七輪でジュワーっと焼いて召し上がれ〜『季節の楽しみ方「きのこ狩り」』

さあ、収穫したしいたけですが、清算後はなんと園内の七輪で焼いてそのまま食べることができます。もちろん、持ち帰っても良いのですが、せっかくなので今回はもぎたてのしいたけを七輪で焼くことにしました。
pic8

時折、焼き加減をスタッフの方に相談しながらしいたけを焼いていきます。傘の裏、ヒダになっている部分から水分がジュワジュワ…と出てきたら、食べごろのサイン。
そのままかぶりつくも良し、醤油につけていただくのも良しです。

子どもも大人も楽しい、きのこ狩り!〜『季節の楽しみ方「きのこ狩り」』

pic9

緑豊かでしっとりとした空気の中にある、内沼きのこ園。しいたけをつみながらキャッキャとはしゃぐ子どもの声や、黙々としいたけをもぎ取り続ける女子大生など、しいたけ狩りに来る人は各々の時間を楽しんでいるようでした。
pic10

いちご狩りやみかん狩りなどのくだもの狩りもポップで楽しいですが、香り高く、旨味のあるきのこをもぎ取りに出掛けてみるのもいかがでしょうか。
また違った狩りの楽しみ方ができるかもしれませんね。

記事/ Makali’i(マカリィ)

makaliiロゴ_fix
Makali’i(マカリィ)はSUBARU WEB COMMUNITY 『#スバコミ』アクティブな女性に向けてお送りするカー・キュレーション・メディアです。

Makaliiホームページ

その他のおすすめ記事

日本最古の天守閣にうっとり。城下町も賑やかな『愛知県の犬山城へドライブ!』

日本最古の天守閣にうっとり。城下町も賑やかな『愛知県の犬山城へドライブ!』

片手で食べれて嬉しい!美味しい!『秋のドライブにぴったりのワンハンド・フードレシピ』

片手で食べれて嬉しい!美味しい!『秋のドライブにぴったりのワンハンド・フードレシピ』

さっとできるのに旨みもたっぷり!作り置き常備菜にも役立つ『きのこのおひたし』

さっとできるのに旨みもたっぷり!作り置き常備菜にも役立つ『きのこのおひたし』

パパッと10分でできる食物繊維たっぷりのプラス1品『きのこと糸寒天のたまごスープ』

パパッと10分でできる食物繊維たっぷりのプラス1品『きのこと糸寒天のたまごスープ』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』