作るコト作るコト
料理 2017.03.27

保存食のある暮らし~お花見弁当にいかが?『真鯛の桜締め』

3月末頃から5月半ばの時期、産卵を控えた桜鯛は栄養を豊富に蓄え、上質な脂がのって一層旨みが増しています。
そんな桜鯛を使って春にぴったりの見た目にも華やかで桜の香りを楽しめる保存食を作りましょう。

『真鯛の桜締め』の材料

真鯛(刺身用)    1サク(約150g)
桜葉塩漬け     16枚
桜の花塩漬け    8個
菜の花       1/4束

『真鯛の桜締め』の作り方

1.真鯛は7mmの厚さ(普通の刺身より薄めに)切る。
IMG_8092_1
2.桜葉塩漬けの上に重ならないように3~4枚乗せる。
IMG_8093_1
3.2.の上に桜葉塩漬けをのせて鯛を挟む。
IMG_8095_1
4.バットの上に3.を並べてラップをぴったり被せて、冷蔵庫で半日~1日寝かせる。
IMG_8096_1
5.皿に盛り付ける。
上の葉をはがして軽く塩抜きした桜の花の塩漬け、茹でた菜の花を添える。
IMG_8134_1

保存期間

冷蔵庫で3日

ポイント

・漬けておく時間が長くなるほど鯛の身が締まって桜の風味と塩味が強くなります。味見をしながらお好みの加減で召し上がって下さい。
・桜餅のように桜の葉ごと召し上がることが出来ます。桜の華やかな香りを楽しめます。

アレンジ例

『ちらし寿司』
桜葉ごと乗せて。
IMG_8113_1

 
丸く握ってかわいらしい手まり寿司に。
IMG_6654_1

桜鯛とは?

春の季語にも数えられ、古来より日本人に愛でられてきた桜鯛。
真鯛は桜の花が咲き始める3月から5月にかけて肌の色を鮮やかなピンク色に輝かせることから桜鯛と呼ばれています。
真鯛の中でも産卵の為に栄養を蓄え、脂がのっているこの時季がピークとも云われています。
真鯛は12月初頭から3月の終わりにかけて旬を迎えます。
真鯛がもっとも旨いと言われる季節は寒さの厳しい1月から2月だと言われています。
レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

編集部おすすめ記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.08.04

簡単!ひんやり和デザート『ミルク水ようかん』

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~