知るコト知るコト
教育・子育て 2017.04.28

教科書と一緒に使ってみよう『紙とタブレットのダブル学習の効果』

「今年度こそ、子どもたちに勉強をしっかりやらせよう!」と腕まくりをしている方も多いのではないでしょうか。
でも「勉強しなさい!」と言えば言うほど子どもたちが勉強をしなくなる…なんて声も聞かれ、どうしたらいいのかと頭を抱えてしまいますよね。
そこで、元小学校教員の私の経験も踏まえて、子どもがスムーズに学習に取り組むヒントと、教科書などと一緒に使うことで効果が倍増する「タブレット学習」についてお伝えしたいと思います!

子どもはみんな勉強ができるようになりたい

私が学校で教えていて思ったことは、勉強に伴うテストやその評価、評価が気になる外野(大人たち)の声がイヤ!ということはあっても、勉強自体が嫌いという子どもはいないのではないかということです。
しかも、子どもたちの生活の主な場所である学校では、ほとんどの時間が授業中であり、勉強をしているのですから、その勉強ができなくてもいいなんて思っている子どもは少ないはずです。「できれば、勉強ができるようになりたい」…それは子どもたちの願いなのです。

とはいっても勉強したくない!

「じゃあ、勉強すればいいじゃない」と思われるかもしれませんが、それができないのが『子ども』。今の子どもたちを取り巻く環境は、勉強に向かわせるにはとても酷なものです。テレビ、ゲーム、インターネット、おもちゃ、…学校ならまだしも、家庭学習では誘惑となる刺激がいっぱい!!こんな誘惑の海に放り投げておいて、「勉強しなさい!」と何十回叫んでもそれはムリ!険悪なムードを生むだけです。何度言ってもしないのなら、こちらが工夫しなくてはいけません。

まずは勉強をするきっかけ作りから

教員としてたくさんのご家庭を見てきましたが、大人の「勉強しなさい!」という声かけだけで勉強するという子どもはほとんどいません。よく勉強をするお子さんのご家庭は、とにかく学習へのきっかけ作りが上手です。「おやつで誘って、机に座らせてそのまま20分は勉強します。」「何時から勉強するというルールがあって、アラームを鳴らすようにしています。」「やる課題は面倒でも私のほうで準備しておきます。」などなど大人の方で勉強する環境を作りだしています。「そんなこと言っても、自分でやれるようになってほしいわ。」と思われるかもしれませんが、初めはなんでも助けが必要なもの。定着するまでは環境・きっかけ作りが必要です。

タブレット学習できっかけ作り

「いやいや、忙しくてそんな丁寧なきっかけ作りなんて無理だわ…」そんな声が聞こえてきそうなので、ご紹介したいのが「タブレット学習」です。
小学校の授業の中で、タブレットやパソコンが明らかに子どもたちの学習意欲に火をつけていると感じることが何度もありました。勉強をすることにすっかり意欲をなくしていたり、その教科に自信をなくしている生徒でも目を輝かせている姿を見るたびに、デジタル教材の可能性を感じたものです。
「勉強しなさい!」の声には耳をふさいでも、「タブレット持ってきてごらん」なら素直に応じたり、むしろ何も言わなくても使い始めるのではと思います。
sds3sahy15000107_01

きっかけを作ったら、教科書やプリントでの応用学習へ

今回はタブレットでまず基礎学習。きっかけを作ったら、教科書やプリントでの応用学習という方法をおすすめします。学研ゼミの「スマートドリル」を例にとって、タブレットと教科書やプリントでのダブル学習の効果についてお伝えしましょう。
まず、タブレットはとにかく基礎学習に向いています。学習が苦手な子どもは、何度も間違えて書いたり消したりしているうちに、プリントが汚れてしまうことで学習意欲を失くしてしまうことがありますが、タブレット学習は反復練習が何度でも!しかもスマートドリルでは、回答の選択肢が毎回変化するので、答えを記憶せず、何度でも練習できます。
sds3sahy15000301_08の単独バージョン

その後、スマートドリルで勉強したところを教科書で確認。教科書を音読し、教科書にある基礎問題をノートに解くのもいいでしょう。スマートドリルはお子さんの使っている教科書を設定することができるので安心です。基礎問題がばっちりできたら応用問題へ。スマートドリルは、応用問題をプリントアウトして利用できます。実際の学校のテストはプリントですから、プリントに問題を解くのも大切なことです。
pic3 のコピー

まとめると…

① スマートドリルで学習のきっかけづくり。
② 15分間と時間を設定し、スマートドリルで基礎の反復学習。基礎をしっかり身につけます。
③ 教科書を音読し、できればノートに教科書の問題を解きます。
④ スマートドリルのプリントアウトした応用問題を解く。
⑤ まだ余力があれば、もう一度スマートドリルでできなかったところなどの確認を!

目と耳、手…すべてを十分に使っての学習はきっと勉強の楽しさをお子さんに与えてくれるはずです。

あとはどれだけ周囲の大人が勉強の楽しさを共有し、伝えてあげられえるかにかかっているのではないでしょうか。
もうこれからは、「勉強しなさ~い!!!」は卒業したいものですね!

記事/ママトコライター
12636930_10208848790483829_714750486_o

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.19

5分で作れる!簡単副菜『豆苗と油揚げのにんにく炒め』

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』