知るコト知るコト
食のコト 2017.03.30

いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美

青や赤のグラスに、繊細なカットで描かれる模様が美しい『切子グラス』。幼い頃の記憶から、私は『切子グラス』に“お客様のおもてなし用のグラス”というイメージがあり、なかなか普段使いできずにいました。
たまたま、和食器に合わせるグラスを悩んでいた時に、「そうだ、『切子グラス』を使ってみよう」と思い立ち、普段の食卓に合わせてみたところ、相性抜群なことを発見!『切子グラス』の美しい佇まいだけでなく、ほど良い存在感が食事風景に彩りを添えてくれるのです。

伝統工芸品でありながらも、花やぶどう、小紋など豊富な種類の模様があり、食卓の雰囲気や食器に合わせて選べますよ。これからの、暖かく気持ちの良い季節に使いたい、『切子グラス』の魅力を少しだけご紹介します。
いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美古い家屋

『切子グラス』が紡いだ歴史

江戸時代に薩摩(現在の鹿児島県)や江戸(現在の東京都)で作られていた、『切子グラス』。その後、日本各地にある『切子グラス』産地の技術が、それぞれの産地や他の産地にまで受け継がれていったのはもちろん、明治時代にはその当時最先端の技術を持っていたイギリスから、カットグラス技師を招くなどして、『切子グラス』は近代的な発展をとげてきました。日本を始めとした様々な『切子グラス』制作技術が混ざり合い、現代における『切子グラス』は出来上がったのだとか。
現在では、「色被せ(いろきせ:下記にて説明)」ガラスを使用した、美しい色合いの『切子グラス』が増えていますね。彫る角度や深さに応じて、模様部分の透明のガラスが、透けるように美しく現れます。

いくつにも分かれている『切子グラス』制作工程

『切子グラス』は、多くの制作工程を経て作り上げられます。近年では、工業用ダイアモンドを使って、ガラスの表面にカットがほどこされているそう。下絵としてあらかじめ表面に削る模様を描かず、熟練の職人のカット技術により生み出される美しい模様。細やかで繊細な模様の『切子グラス』を見ると、思わずそのカットの技に感動します。古くからの伝統を大切に受け継ぎながらも、さらにより良く、と『切子グラス』の制作技術を発展させてきたのだな、と感慨深くじーんとしてしまいます。
器のお店などで見かけることが多い、青や赤などの美しい色合いの『切子グラス』は、「色被せ(いろきせ)」と呼ばれているそう。透明なガラスの上に、色のガラスをかぶせて作られています。そのため、カットを施すと、美しい色合いのガラスと透明のカット部分の、ぱっきりとしたコントラストが楽しめる器に。また、カットの角度を変えることで、透明から色へのグラデーションが現れ、神秘的なまた別の美しさを私たちに見せてくれますよ。
いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美アップ

普段の食卓に似合う『切子グラス』

『切子グラス』の美しさが楽しめる醍醐味は、飲み物を注いだ時に現れる、模様から輝く光の移ろいではないでしょうか。お水、オレンジジュース、コーヒー、お酒。それぞれの飲み物によって、模様からもれでる光が異なり、注ぐ飲み物を変える度に新鮮な気持ちで『切子グラス』の美しさを感じます。
私が愛用している、赤と青の『切子グラス』は、ロックグラスにちょうど良い器ですが、私はお酒のグラスとしてだけでなく、普段の生活の中で楽しんでいます。やはり、『切子グラス』は日本で発展した伝統技術なだけあり、和食器との相性がとても良く、食卓をシックな雰囲気へと変えてくれますね。
涼しげな印象になることが多いガラス製の器ですが、『切子グラス』は、キリっとした表情と程良い暖かみを併せ持つ佇まいが魅力的です。明るい光の中で、きらきらと模様がきらめく『切子グラス』、素敵ですよね。私のおすすめは、日暮れに部屋の灯りを少し落として、間接照明やキャンドルの温もりある光の中で『切子グラス』とゆったりリラックスタイムを楽しむこと。そんな心地よい空間に合わせる『切子グラス』もまた格別ですよ。
いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美が食卓に置かれている

伝統を感じながら、『切子グラス』を日々楽しむ

幼い頃、良く見ていたのは、お客様をおもてなしする時の冷茶に使う『切子グラス』。深い青のガラスに、花や伝統的な小紋のような美しい模様が彫られていたのを憶えています。そんなこともあり、私にとって『切子グラス』は少し特別な存在でした。大人になり、普段の食卓など日常で『切子グラス』を使ってみたところ、ほど良い存在感を持って食卓に佇む様が美しく、とりこになっていきました。
おもてなしの時にも、普段の食事に合わせる時も、食卓の風景に彩りと、ほど良い華やかさを添えてくれる『切子グラス』。『切子グラス』が持つ軽やかな雰囲気が、これからのぽかぽかとした陽気にも、とても似合いますね。陽の光を受けた『切子グラス』は、万華鏡のようにきらきらと私たちを楽しませてくれますよ。
いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美が食卓に並んでいるところ

その他のおすすめ記事

”いつも”の暮らしに寄り添う『会津漆器』の魅力-私が出会ったパン皿

”いつも”の暮らしに寄り添う『会津漆器』の魅力-私が出会ったパン皿

毎朝のトーストを丁寧に焼いてみる。京都『金網つじ』の焼き網で楽しむ日常のひととき

毎朝のトーストを丁寧に焼いてみる。京都『金網つじ』の焼き網で楽しむ日常のひととき

京都の老舗『開化堂』の茶筒―使えば使うほど味わいを増す「暮らしの道具」

京都の老舗『開化堂』の茶筒―使えば使うほど味わいを増す「暮らしの道具」

記事/ケノコト編集部

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.07.31

夏野菜をピリッと美味しく!『エビとズッキーニのマスタード炒め』

2022.07.30

居酒屋風!ご飯ください!『ピリうま!ガーリックみそきゅうり』

2022.07.27

無限に食べられる!夏のランチにぴったりなアジア飯!『いんげんのドライフライ』

2022.07.07

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2022.07.06

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2022.06.22

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2022.06.20

暮らしにエコを。身体と環境に優しい『べジブロス』

2022.06.14

子どもと食べたい和のおやつ『五平餅風』

2022.06.14

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2022.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

編集部おすすめ記事

2022.08.14

夏のごちそう『トマトの塩麹サラダ』

2022.08.13

暑くてもご飯がどんどんすすむ!『なすの焼き浸し』

2022.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2022.07.29

栄養たっぷり!『子供も喜ぶ!ひじきのサラダ』

2022.07.28

意外と簡単!手作りしよう!『いろいろ野菜の福神漬け』

2022.07.16

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

2022.07.14

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2022.07.09

化学調味料不使用のインスタント麺!環境にも優しい「お湯かけ麺」

2022.06.29

実山椒オイルのアレンジレシピ『アジの山椒焼き』

2022.06.27

メインにも!あと一品に『スタミナ巾着』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2022.05.14

安いステーキ肉を柔らかくする下ごしらえの方法とは?

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2021.09.01

自宅でもおいしいシャトーブリアンの焼き方とは?調理器具別の焼き方もご紹介

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ