作るコト作るコト
料理 2017.04.03

保存食のある暮らし~栄養満点!!お弁当に便利な常備菜『うずらのピクルス』

小さくて見た目にもかわいいうずらの卵はじつはビタミンCと食物繊維以外の栄養、ミネラルを含んだ完全栄養食品。
今回は味もとっても美味しくてお弁当にも便利な『うずらのピクルス』をご紹介します。

『うずらのピクルス』の材料(350ml瓶1本分)

うずら         10個
◎米酢          150ml
◎水           120ml
◎砂糖          40g
◎塩           小さじ1弱
◎にんにく        1片
◎ローリエ        1枚
◎マスタードシード    小さじ1
◎ディル         1~2本

『うずらのピクルス』の作り方

1.うずらを茹でる。小鍋に水と一緒にうずらの卵を入れて沸騰してから3分茹でて取り出し、冷水につけて急冷する。
殻をむく。密封容器に冷水と一緒に入れてガチャガチャと振って殻にひびを入れるとつるりと簡単に殻がむける。
IMG_6884_1
2.殺菌した保存瓶にうずらの卵を入れておく。
3.ピクルス液を作る。小鍋に◎の材料を入れて沸騰したら火を止める。
IMG_6983_1
4.2.の瓶に3.ピクルス液を瓶の口より1cm下まで注ぐ。
IMG_6985_1
5.瓶の蓋をして湯煎して3分煮沸消毒して保存する。
IMG_7090_1

ポイント

・ハーブ、スパイスはパセリの茎、粒胡椒、唐辛子などあるものを使っていただければ大丈夫ですがローリエは入れると味が良くなります。

保存期間

冷蔵庫で2週間

アレンジ例その1『うずらと紫人参のピクルス』

ピンク色に染まったうずらの卵はお弁当の彩りにぴったり。野菜は大根や、人参などスティック状に切れるものなら何でも大丈夫です。
IMG_8516_1
1.瓶の一番下にビーツの薄切りを一枚入れて、うずらと瓶の高さにスティック状に切った紫人参を瓶の側面から見てストライプになるように詰める。
2.温めたピクルス液を注ぎ、蓋をして煮沸消毒する。

アレンジ例その2『簡単スコッチエッグ』(3個分)

忙しい朝でもお弁当の主役になるおかずが電子レンジで簡単にできちゃいます。
IMG_7035_1
1.ひき肉100gに水大さじ1を加え軽く塩胡椒してこねて、1/3に分ける。
IMG_6991_1
2.うずらに包丁で切り込みを小さく入れて(破裂防止のため)2.の肉で包む。
IMG_6993_1
3.ラップでキャンディー包みにして、電子レンジ600Wで1分半加熱する。
IMG_6996_1
4.ラップから取り出し、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1、水大さじ2に片栗粉小さじ1/2を溶いたものと一緒に耐熱ガラスボウルに入れて電子レンジで1分加熱する。
IMG_7001_1
5.電子レンジから取り出し、全体に調味料を絡ませたら出来上がり。半分に切ってお弁当に詰める。
IMG_7003_1

うずらの卵の栄養

IMG_6953_1
うずらの卵には、健康な皮膚・髪・爪を作り、エネルギー代謝を促進するビタミンB2が非常に豊富に含まれています。
鶏の卵と比べるとビタミンB2は1.2倍(うなぎの約2倍)。
その他の成分もビタミンB12は5.2倍、鉄分1.7倍(レバーと同等)、葉酸2.1倍(100g当たりで比較)と、非常に栄養価の高い食品なのです。
しかも鶏卵に比べてたんぱく質がやや多く、脂肪は少なめなのでダイエット中の方にも嬉しい食材ですね。

プロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/ 

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2020.07.12

子どもに大人気!『茎ブロッコリーの肉巻き』

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』