知るコト知るコト
教育・子育て 2017.06.30

はまる子どもも続出『プログラミングの魅力とは』

2020年度から小学校でも「プログラミング教育」が必修化されることをご存知ですか?社会のIT化に対応した学習指導要領の改訂に伴い、プログラミングが現存の科目の一部として取り入れられることになるようです。

私はこのニュースを最初に耳にした時、とてもワクワクした気持ちになりました。なぜなら義務教育がようやく大きく変わろうとしているのだと思ったからです。私たちが子ども時代に実際に体験し、今も続いている「答えの決まった学習」だけでは、プログラミング教育は決して成り立たないと感じていました。「子どもたちが自ら考えて生み出す力を養う」ことこそがプログラミング教育であるはずだからです。

プログラミングとは何か?

改めて調べてみると、プログラミングとは「コンピューターのプログラムを作成すること。すなわち、プログラムを設計し、それをプログラム言語によって記述し、テストを行い、誤りの検出と訂正を行うことをいう。(※1)」とあります。コンピューターに何かの動作をさせたい場合、コンピューターが分かる言葉で正確に指令を与えなければなりません。例えば、今この記事を手元のスクリーンを通して読んでいるまさに今、コンピューターにはテキストの内容だけでなく、「何色の文字を、どのくらいのサイズで、どんな行間で表示する」というような細かい指令もプログラミングされており、だからこそこのように見えています。アプリにしても、ゲームにしても、全てがこの「プログラミング」で成り立っているのですね。

子ども向けプログラミング学習環境「Scratch」とそれに「はまる」理由

世界的に開発~利用されている子ども向けのプログラミング教材は、英語や記号の羅列で表現されるプログラミング言語や構文を暗記した上で進めていくものではなく、簡単なマウス操作で視覚的にプログラミングを行う「ビジュアルプログラミング」の手法が用いられています。
中でも有名なのがマサチューセッツ工科大学メディアラボで開発された「Scratch」という無料のオンラインシステムです。(https://scratch.mit.edu/
photo2 のコピー例えば、画像左側のネコを動かすために、1つずつの指令が入ったブロックを右側のスクリプトエリアにマウスでドラッグ&ドロップし、色々な指令のブロックを組み合わせることで、ネコの動きをプログラミングすることができるという仕組み。このブロックの組み合わせを様々に変えて繋げていけば、アニメーションやゲームが出来上がります。子どもたちがイマジネーションを働かせて生み出した楽しい「作品」は同じくこの「Scratch」のページにどんどん公開されていき、交流の場にもなっています。
最近ではこの「Scratch」を利用した習い事教室が人気を博しているそうですが、それは親側の「将来のために」という気持ちと、子ども側の「ゲームって自分で作れるの?!楽しい!もっとやりたい!」という遊びの延長線上の感覚が見事に合致するからなのではないでしょうか。

みなさんのプログラミングの体験シーンや感想は、学研ゼミのInstagramで「#学研ゼミ」「#プログラミング」と投稿してみてください。ほかの人が実際の体験してみた感想やそのメリット、子育ての仕方の参考になる情報が見つかるかもしれませんよ。

プログラミングで養われる力

photo3 のコピー
AI(=人工知能)が加速度的に進化している今、子ども達が大人になって迎える世界は一体どんなものになるのでしょうか?これはあくまで私の想像ですが、ひたすら教科書を暗記して高得点を積み重ね、ランクの高い大学を目指している今の学歴至上主義のシステムは、このAIの台頭によって終わりを告げるのではないかと思います。暗記力ならばAIの方が人間より何十倍も何百倍も優れているはずです。人間に求められているのは知識の詰め込みではなく、知識を繋げて物事を創造していくことです。プログラミングの根本は、「こういうことを実現したい、そのためには何が必要か?」を論理的に構築して試行錯誤していくことですから、このトレーニングを小さい時から鍛え続けることで、未来を生きる子どもたちに必要な力が自然と身についていくのではないかと思っています。

2020年からのプログラミング教育で、より時代に即した学びの姿勢が根付いていくことが楽しみですね。

※1 引用:小学館「日本大百科全書(ニッポニカ)」

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.05.30

コロコロ食材をごそっとスプーンでいただく『ソーセージとお豆のポトフ』

2020.05.30

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2020.05.29

麹を使いこなすとカラダもおいしい朝ごはんのできあがり『塩麹と枝豆のコーントースト』

2020.05.28

植物性100%!砂糖・卵・生クリームもつかわない『濃厚ミルキーなアイスクリーム』

2020.05.28

さっぱりと魚料理をいただける『イワシの梅煮』

2020.05.27

ビールが飲みたくなる簡単おつまみ 『玉ねぎの枝豆和え』

2020.05.26

簡単!自家製『レモネードの素』の作り方。

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.24

子どもと食べたいやさしいおやつ『基本の蒸しパン』

2020.05.23

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

2020.05.21

だしいらず!ゆでずにさっと調味できる『さやえんどうのごちそう煮浸し』

2020.05.21

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とくるみ味噌』

2020.05.20

昔と今では意味が違う、「五月晴れ」ってどんな晴れ?

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』