知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

2017.06.30

はまる子どもも続出『プログラミングの魅力とは』

LINEで送る
Pocket

2020年度から小学校でも「プログラミング教育」が必修化されることをご存知ですか?社会のIT化に対応した学習指導要領の改訂に伴い、プログラミングが現存の科目の一部として取り入れられることになるようです。

私はこのニュースを最初に耳にした時、とてもワクワクした気持ちになりました。なぜなら義務教育がようやく大きく変わろうとしているのだと思ったからです。私たちが子ども時代に実際に体験し、今も続いている「答えの決まった学習」だけでは、プログラミング教育は決して成り立たないと感じていました。「子どもたちが自ら考えて生み出す力を養う」ことこそがプログラミング教育であるはずだからです。

プログラミングとは何か?

改めて調べてみると、プログラミングとは「コンピューターのプログラムを作成すること。すなわち、プログラムを設計し、それをプログラム言語によって記述し、テストを行い、誤りの検出と訂正を行うことをいう。(※1)」とあります。コンピューターに何かの動作をさせたい場合、コンピューターが分かる言葉で正確に指令を与えなければなりません。例えば、今この記事を手元のスクリーンを通して読んでいるまさに今、コンピューターにはテキストの内容だけでなく、「何色の文字を、どのくらいのサイズで、どんな行間で表示する」というような細かい指令もプログラミングされており、だからこそこのように見えています。アプリにしても、ゲームにしても、全てがこの「プログラミング」で成り立っているのですね。

子ども向けプログラミング学習環境「Scratch」とそれに「はまる」理由

世界的に開発~利用されている子ども向けのプログラミング教材は、英語や記号の羅列で表現されるプログラミング言語や構文を暗記した上で進めていくものではなく、簡単なマウス操作で視覚的にプログラミングを行う「ビジュアルプログラミング」の手法が用いられています。
中でも有名なのがマサチューセッツ工科大学メディアラボで開発された「Scratch」という無料のオンラインシステムです。(https://scratch.mit.edu/
photo2 のコピー例えば、画像左側のネコを動かすために、1つずつの指令が入ったブロックを右側のスクリプトエリアにマウスでドラッグ&ドロップし、色々な指令のブロックを組み合わせることで、ネコの動きをプログラミングすることができるという仕組み。このブロックの組み合わせを様々に変えて繋げていけば、アニメーションやゲームが出来上がります。子どもたちがイマジネーションを働かせて生み出した楽しい「作品」は同じくこの「Scratch」のページにどんどん公開されていき、交流の場にもなっています。
最近ではこの「Scratch」を利用した習い事教室が人気を博しているそうですが、それは親側の「将来のために」という気持ちと、子ども側の「ゲームって自分で作れるの?!楽しい!もっとやりたい!」という遊びの延長線上の感覚が見事に合致するからなのではないでしょうか。

みなさんのプログラミングの体験シーンや感想は、学研ゼミのInstagramで「#学研ゼミ」「#プログラミング」と投稿してみてください。ほかの人が実際の体験してみた感想やそのメリット、子育ての仕方の参考になる情報が見つかるかもしれませんよ。

プログラミングで養われる力

photo3 のコピー
AI(=人工知能)が加速度的に進化している今、子ども達が大人になって迎える世界は一体どんなものになるのでしょうか?これはあくまで私の想像ですが、ひたすら教科書を暗記して高得点を積み重ね、ランクの高い大学を目指している今の学歴至上主義のシステムは、このAIの台頭によって終わりを告げるのではないかと思います。暗記力ならばAIの方が人間より何十倍も何百倍も優れているはずです。人間に求められているのは知識の詰め込みではなく、知識を繋げて物事を創造していくことです。プログラミングの根本は、「こういうことを実現したい、そのためには何が必要か?」を論理的に構築して試行錯誤していくことですから、このトレーニングを小さい時から鍛え続けることで、未来を生きる子どもたちに必要な力が自然と身についていくのではないかと思っています。

2020年からのプログラミング教育で、より時代に即した学びの姿勢が根付いていくことが楽しみですね。

※1 引用:小学館「日本大百科全書(ニッポニカ)」

記事/ここるくライター
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a2

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2019.07.12

『海の日』は海に囲まれた日本ならではの祝日。海から受けているはかりしれない恩恵に感謝する日。

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』