知るコト知るコト
美容・健康 2018.04.18

冷え性に。身体をじんわり温める『優しいお灸のチカラ』

突然ですが、あなたはお灸をしたことはありますか?お灸は、東洋医学の外治法のひとつで、温熱で特定のポイントを刺激することによって、様々な体の不調を改善する効果があることから、日本では民間療法として長く親しまれてきました。

そしてここ最近は、東洋医学の本場中国や日本だけではなく、治療効果の高さから欧米でも注目を集めているそうなのです。今回は、そんな知ってるようで知らない『お灸』についてのお話です。

お灸治療の基本理論は、経絡と経穴

経穴はいわいる「ツボ」のことで、長い歴史の上で経験的に見つけられた特別に治療効果のある体表上のポイントのことです。全身には365の代表的なツボがあり、ツボは気血の流れにしたがって全身を駆け巡っていると考えられています。

この気の流れ道のことを経絡といい、14本に分かれてます。経絡と経穴(ツボ)の関係を理解するには、鉄道の線路と駅の関係という風に考えると解りやすいですよ。
0425_3

『お灸』って何?

お灸の原料はもぐさです。もぐさは生育したヨモギの葉の裏にある繊毛を精製したもので、燃えやすく消えにくいという特徴がお灸にぴったり。中国では艾葉(がいよう)と呼ばれていて、漢方としても用いられています。また、韓国では「よもぎ蒸し」という治療法が有名で、婦人科疾患の予防や治療、産後の機能回復などにも役立つといわれています。

【艾葉(がいよう)の薬用】

  • 経絡を温める
  • 出血を止める
  • 寒と痛みを散らす
  • 咳や喘息における痰を取り除く

0425_1
また、お灸にはよもぎの葉緑素、ビタミン、ミネラル、食物繊維がぎっしりとつまっていますので、そのエッセンシャルオイルが体内に浸透することで、白血球が増え血液を浄血、止血、殺菌、抹消血管拡張、健胃、腹痛、下痢、貧血、関節痛にも良いと、医学的にも認められています。手軽で速効性のあるお灸を自分でできるようになれば、体調管理に役立つこと間違いなしですが、いくつかの注意点があります。

セルフお灸の注意点

  • 空腹、満腹時を避ける
  • 入浴直後はお灸による温熱効果が半減するため避け
  • 高熱、感染、炎症時は避ける。
  • 熱いのを我慢しない。
  • 1つのツボへのお灸の回数は3回までが効果的

0425
お灸は冷え性解消にとっても効果があるといわれていますので、下記の項目に当てはまる生活習慣をおもちの方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

冷え性を生み出す生活習慣〜お灸で癒そう!〜

  • 1日中、デスクワークもしくは、パソコン仕事
  • 夏場なのに、おへその下から足元が冷える
  • 布団に入っても足先が冷たくてすぐに寝付けない
  • ちょっとした用事でも車を使い、ほとんど歩かない
  • 駅の階段は使わずに、迷わずエスカレーターを使用する
  • 入浴はシャワーのみである
  • 夏は常に、素足にサンダルファッション
  • ハイヒールをよく履く
  • Tバックなど薄い下着を身につけている
  • 矯正下着などきつい下着を身につけている

 

上記の項目が1つでも当てはまれば、あなたは冷え性の確率がとっても高いです!! もしかしたら下記のような不快な症状があらわれていませんか?

あなたを悩ます不快な症状〜お灸で癒そう!〜

  • 肉体 ~ だるい、疲れやすい、のぼせがある、太りやすい、体重増加がきになる、むくみやセルライトが気になる
  • 消化器 ~ 胃のもたれ、便秘または下痢ぎみ
  • 筋組織 ~ 首・肩こり、頭痛、腰痛、膝痛がある
  • 婦人科系 ~ おりもの、PMS、生理痛、生理不順、カンジダ、膣炎、更年期、子宮内膜症、不妊症
  • 肌 ~ くすみ、しみ、たるみ、ほうれい線、くま、吹き出物
  • 目 ~ 視力低下、老眼、近視、眼精疲労、白内障、緑内障
  • 髪 ~ ハリ、コシがない、薄毛、地肌が見える、脱毛、白髪
  • 精神 ~ イライラ、不安、不眠

 

大きな病気ではないけれど何らかの不快な症状に悩まされている状態を、東洋医学では【未病(みびょう)】と呼んでいます。
現代人、特に女性の8割~9割の方の不調の原因が、体の冷えによるものといわれているのだとか。お灸で「冷え」を解消すれば、もっとキレイで健康になれること、間違いなしですよ♪

 

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてオーガニック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

春のよもぎってすごい『よもぎのもつ美容効果と薬効』

春のよもぎってすごい『よもぎのもつ美容効果と薬効』

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

気の巡りを良くして冷えとむくみを改善『女性に嬉しいあずき茶』

気の巡りを良くして冷えとむくみを改善『女性に嬉しいあずき茶』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

編集部おすすめ記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』