知るコト知るコト
新しいコト 2017.04.22

色を暮らしに活用しよう『直感的能力に通ずる”紫色”がもつ秘密ゴト』

美意識が高く、感性と直感力に優れた人が好む「紫」。
精神的な豊かさを持ち、困った人には手を差し伸べる優しさと癒しを与えられる人と言われています。
芸術家肌で自分の世界に没頭する少々ナルシストタイプの面もあるかもしれません。そんな紫色について、少し紐解いてみましょう。どうやら自然界は意外と紫があふれているようです。そして古くから、紫という色は人々の暮らしに深く馴染みがあったようですよ。
7c6d76d16e22afe91f132d822d79b070_m
紫は直感的能力に関係する色で、レオナルド・ダ・ヴィンチは「紫の光の下で瞑想を行うと、偉大なインスピレーションが湧いてくる」という記述を残しています。霊的な能力を高める効力を持つと言われる紫水晶(アメジスト)はキリスト教では司教の石とされ、日本でも勾玉として祭事に使われていたことが分かっています。「誠実」「平和」「高貴」「純愛」などの石言葉を持つアメジストは、現代でも人の心を安定させる働きや魔除けの意味を持つパワーストーンとして人気なのです。

心に安らぎをくれる癒しのカラー

また、紫は癒しの色でもあります。
神経過敏や緊張状態が続いている時、疲れた心身に安らぎをもたらします。周囲への気の使いすぎや頑張りすぎの疲労が頭や肩に来ているなと感じたとき、紫の花ラベンダーのエッセンシャルオイルを使ってアロマセラピーを楽しむのもおススメです。8c02bcf4c870d026d377f460fbb5fc28_m
藤、菫、紫陽花、杜若、菖蒲、桔梗・・・春から夏にかけて見ごろを迎える花たちには紫色がとても多くあります。ぜひ、自然の紫色を目から楽しんでみてはいかがでしょうか。
ba391fee6e91bc3572a6b418057637c2_m
6226da9c23f9dcddbf8741417ba013b9_m

古くから高位の象徴であった紫色

紫は、染料が希少で高価だったことから様々な国で高貴、高位の象徴として尊ばれてきました。古代ローマでは皇帝シーザーが愛し、独占したことからロイヤルパープル(帝王紫)と呼ばれ、代々の皇帝の色とされてきました。古代エジプトの女王クレオパトラはローマに向かう船の帆を紫に染めたと伝えられています。
皇帝紫の思想は、中国隋・唐の時代に仏教伝来などと共に日本にも伝えられます。
飛鳥時代に聖徳太子が定めた冠位十二階の制度では、最高位の「徳」に紫が与えられました。日本では紫草の根から染色する方法が一般的でしたが、この紫草の根には、解熱や解毒効果があったことから、病気になると紫の鉢巻(病鉢巻)を頭に巻いて症状を和らげるといった考え方があったようです。時代劇中で殿様が紫の縮緬の鉢巻をまいて横たわっている姿、見た事があるのではないでしょうか?
また、寿司屋で醤油のことを「ムラサキ」といいますが、江戸時代に紫根染と醤油が同じくらい貴重だったことからこの名前になったという説もあります。

紫色の色素アントシアニン

175c20edb6fdae794c9efbeb25e5af7c_m
ブルーベリー、カシス、プルーン、紫芋、ブドウ、ナスなど紫の食材が目によいというのを聞かれたことがあるのではないでしょうか?
これらに含まれる青や紫の色素成分であるアントシアニンは、植物が紫外線から実を守るために蓄えられる抗酸化物質であるポリフェノールの一種です。これが強い抗酸化力を持ち、目の働きを高める効果や眼精疲労の緩和が認められているのです。目を酷使している私たちの毎日に意識的に摂りたい色ですね。
6b81dcea89ae2d5b3dcc3a9cc75a0d2b_m
意外と私たちの身の回りにたくさんの紫があふれています。自然の中から紫色の力を借りて、カラーから暮らしを豊かにしてみませんか?

記事/大原智子
14463750_1178843135527054_1430710356_n
株式会社brilliant-style 代表
カラーコンサルタント
個人クライアントに向けた色彩を活用したパーソナルブランディング、イメージコンサルティングの他、法人向け色彩教育、研修事業、色彩マーケティング、色彩設計提案などを行う。
また、大学、専門学校など教育機関にて色彩教育に従事する傍ら、講座・研修企画から教材開発などを手掛ける。
近年は、色彩事業のほか地方地域活性などにも目を向け、農家の生産品支援も行う。
ホームページ

その他のおすすめ記事

色を暮らしに活用しよう『幸せと優しいカラー”ピンク色”がもつ秘密ゴト』

0b3c4fa378b99f26d28aae96a9b3f21c_m

色を暮らしに活用しよう『安らぎカラー”緑色”がもつ秘密ゴト』

7995f289c9f29e90a51d28fb40261f72_m

色を暮らしに活用しよう『健康カラー”オレンジ色”がもつ秘密ゴト』

8e1d33c4c65070de097bf0c9b2efd019_m-のコピー

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

編集部おすすめ記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』