知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

マッサージ 2017.04.30

子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』

LINEで送る
Pocket

子どものころ、裸足で外を駆け回って遊んでいた…あなたにも、そんな懐かしい思い出はありませんか?
子どものころに裸足で過ごすことは、実はその後の成長に重要なことなのだとか、と言われています。足裏にほど良い刺激を与えることで感覚が発達し、運動神経への良い効果が期待できるのだそうですよ。

室内でも屋外でも、普段から裸足で過ごすことが良いそうですが、安全面も考えるとなかなか難しいものですね。今回は、そんな時におすすめの、子どもの足を優しく刺激してくれる『七島い草草履(しちとういぐさぞうり)』をご紹介します。
子どもの足に接する面が、畳を作る元になる「い草」で編まれており、ざっくりとした網目が、足裏に心地よい刺激を与えてくれますよ。そんな、『七島い草草履』の魅力を少しだけお話します。
子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』カモフラージュ

裸足にさらっと心地よい『七島い草草履』

『七島い草草履(しちとういぐさぞうり)』は、子どもの足が接する面に「七島い草」を使用しています。古典的な花柄や、カジュアルなカモフラージュ柄など、全部で6種類の柄をご用意しています。足をあまり締め付けない、しっかりと太い鼻緒で子どもでも履きやすい草履です。
鼻緒のついた草履は、足の指で鼻緒をつかんで踏ん張るため、足の筋肉の発達に良いのだとか。足裏の土踏まずの形成にも一役買うようですよ。そういった効果もあり、保育園や小学校の指定の履物として導入しているところもあるそうです。開放的な裸足で過ごす生活は、とても気持ちがよさそうですね。
そんな草履の良さと、「七島い草」の良さを兼ね備えた『七島い草草履』の特徴を見てみましょう。

『七島い草草履』の特徴

1.通気性に優れているので、蒸れずに履けてベタつきを起こしません。
2.通常のい草より硬く、耐久性に優れています。
3.天然素材の心地よいさらっとした感触です。
4.安心安全の国内産です。

子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』子どもの足

履くだけで、心地よい足ツボ押し効果『七島い草草履』

『七島い草草履』は、裸足で履いていただくと、より健康効果が期待できます。畳の網目による凹凸が、足裏にさらっと心地よい触れ心地ですよ。
足裏には、身体中のたくさんの「ツボ」があることは知られていますね。健康には良さそうだけど、足ツボマッサージって痛そう…と思われがちですが、適度な刺激はとても気持ち良いもの。また、足ツボが刺激されることにより、身体には下記のような嬉しい効果があるのだとか。

『七島い草草履』の足ツボ効果

1.脳が活性化!
2.血行がよくなります。
3.体がぽかぽか温まります。
4.老廃物のデトックス効果。

子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』畳

『七島い草草履』を作る、「七島い草」とは?

「七島い草(しちとういぐさ)」とは、畳を作る元になる植物“い草”の一種です。茎の断面が三角形をしていることから、「三角イ」とも呼ばれているそうです。
古くは沖縄で栽培され、鹿児島南部、大分へと生産地が広がってきました。しかし、「七島い草」は人々の暮らしの変化や農家の減少、栽培のしやすいい草の台頭により、時代を追うごとに生産量が少なくなってしまいました。現在では、大分県国東(くにさき)地方だけで生産されている、大変希少な作物となっています。そんなことから、「七島い草」は“幻のい草”と呼ばれているのだとか。
そんな貴重な「七島い草」で作られた畳はとても丈夫。古くから柔道場用や呉服屋の畳、ヘリのない琉球畳などに使われていました。1本の茎を2本に割いてから編み込んで作られる「七島い草」の畳は、割いたことによる自然な断面が生み出す、ザクッとした独特の風合いが魅力的。七島い草で編み上げられた畳に裸足で触れると、心地よい刺激が感じられます。

子どもの健やかな成長を足から支える『七島い草草履で裸足生活』子ども

子どもの健康を足の裏から支える『七島い草草履』

おうちに帰って靴を脱ぎ、靴下も脱いで、裸足になると、なんとも言えない解放感がありますよね。改めて、裸足で過ごすことは、私たちにとってとても自然なことなんだなあ、と感じます。特に、裸足で触れる畳は、さらりとした心地よさがたまりませんね。
そんな畳の心地よさを気軽に感じることができる『七島い草草履』を、大切な子どもたちへ。子どもが履くことで、今後の発育や成長に良い効果が期待できる、というのはもちろん、裸足で畳に触れるってこんなに気持ちいいんだよ、と古くから繋いできた、日本の暮らしの良さが伝わるのではないでしょうか。

文/株式会社 モノフィールド
13150024_1010117755733895_320089512_n
ホームページ
私達は株式会社モノフィールドを、本当に良いモノやサービスを提供できる会社に育てていきたいと考えております。
この情報が溢れている現代社会に “価値あるものに正当な評価を” 得れるようにして行くことが使命であると考えています。
これからも沢山の方々と交流を持ちながら、発展して行きたいと思います。
IMG_2466

その他のおすすめ記事

暮らしの中に、ちいさな畳の空間を『畳マウスパッド』

暮らしの中に、ちいさな畳の空間を『畳マウスパッド』

ECOな暮らしを続けたい『畳からはじめる丁寧で自然な暮らし方』

ECOな暮らしを続けたい『畳からはじめる丁寧で自然な暮らし方』

和漢の恵み『100%い草の粉末で健康な暮らしを』

和漢の恵み『100%い草の粉末で健康な暮らしを』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2017.08.20

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』