作るコト作るコト
料理 2020.03.18

保存食のある暮らし~黄身がとろーり!!『半熟卵の土佐煮』

簡単で美味しくて栄養満点の味卵。
失敗なしで美味しく作るにはコツがあるんですよ。
鰹節を加えた土佐煮にすると出汁を加えなくてもコクのある美味しさに仕上がります。

『半熟卵の土佐煮』の材料

10個

◎しょうゆ 

1カップ

◎みりん

1カップ

◎砂糖

1/4カップ

鰹節

2g(小1パック)

『半熟卵の土佐煮』の作り方

1.鍋に湯を沸かし沸騰したら手つきざるに入れた卵を入れ、6分茹でる。(卵は冷蔵庫から出したてで良い)
2.ゆであがったらざるを引き上げ、冷水につけて急冷し殻をむく。
3.鍋に◎の調味料を入れて、沸いたら鰹節を加えて火を止める。
IMG_9500_1
4.2.のゆで卵を3.の鍋に入れて沸騰したら火を止め、そのまま冷ます。
IMG_9502
5.1時間ほどで味が染みたら出来上がり。鰹節ごといただきましょう。
IMG_9543_1

保存期間

冷蔵庫で1週間

ポイント

・黄身を固めに仕上げる場合は1.の工程を7分間茹でてください。お弁当にはこれからの季節傷まないようにこちらがおすすめです。(写真は7分茹でた状態)
IMG_9504_1
・卵を急冷することで皮がむきやすくなります。
・鰹節の代わりに昆布を加えても美味しくできます。
・卵を漬けて残った調味液は筍の土佐煮など、煮物に活用してください。
・半熟卵を切るときは細い針金や糸をくるりと巻いて両端を引っ張るときれいに切れます。

卵は「完全栄養食」

卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素がすべて含まれているので「完全栄養食」と言われています。しかも安価で消化、吸収が良く昔から滋養に良いとされてきました。
「アミノ酸スコア」とは人間が体内で作り出すことが出来ない9種類の必須アミノ酸をその食品がどれだけバランス良く含んでいるか、ということを示す値ですが、卵のアミノ酸スコアは最高点の「100」。
卵2個に含まれるたんぱく質は、成人が1日に必要なたんぱく質の約26%を補うことが出来ます。
卵に含まれないビタミンCと食物繊維は野菜やフルーツから摂取することが出来るので、組み合わせた献立にすれば簡単にバランスの良い食事を摂ることが出来ます。忙しい朝食に手間や時間をかけずに卵料理を食べる、というのはとても理にかなったことなのですね。
味卵を作っておけば、いつでも手軽に栄養補給することが出来ますので、毎日の食生活にぜひ取り入れてみてくださいね。

ライタープロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなにげない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

その他おすすめ記事

IMG_8516_1

IMG_8612_1

IMG_9053_1

IMG_9278_1

コメント

  1. Randhil より:

    Bob Dylan once called Smokey “Areaicm’s Greatest Living Poet,” and that piece shows why. As far as Morgan Freeman’s comments, I do see and understand his position, but we still need to have Black History month in the light of some of the ignorance other folks show towards blacks on a regular basis.

コメント欄


人気の記事

2020.10.01

乳・卵・砂糖フリー!優しいおやつ『甘酒クラッカー』

2020.09.30

おうちで手作り『基本の肉まん』

2020.09.29

秋を感じる!『ほくほく里芋ときのこの炊き込みご飯』

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

編集部おすすめ記事

2020.10.01

衣替えはどうして10月1日?『大切にしたい季節感のお話』

2020.10.01

作り置き常備菜シリーズ『アラで作ろう!ブリ大根』

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』