得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.05.03

化粧品添加物の真実『pH調整剤とお肌のコト』

LINEで送る
Pocket

お肌に良い「弱酸性」。化粧品売り場やドラッグストアなどでよく目にするけど、お肌にどういいのでしょうか?
今回の化粧品添加物の真実シリーズは、お肌を弱酸性に保つことを助ける『pH調整剤』についてです。お肌に直接つける化粧品だから、正しく知って自分に合うものを選びたいものですね。

pHと肌の関係

pHとは、「ピーエイチ」または「ペーハー」と呼ばれる、物質の酸性からアルカリ性までの度合いを示す0〜14の数値。0に寄るほど酸性が強く、14に近づくほどアルカリ性が強く、中間は7だ。ヒトの肌は、生まれたての赤ちゃんは中性だが、成長するにつれpH4.5~6の間の弱酸性を保っている。この数値が健康な肌の基準だ。これは肌を覆っている皮脂膜が関係しており、弱酸性を保つことで外的刺激や細菌をバリアしている。つまり、この「pH4.5~6」から数値が離れている物質は、肌にとって刺激が強いことになる。

化粧品にpH調整剤が使われるわけ

洗顔料や石鹸は、皮脂汚れを落とすためにもともとpH10程度のアルカリ性のものが多い。となると、洗顔後は肌がアルカリ性に傾き、弱酸性に戻るまでに数時間を要する。敏感肌や乾燥肌など、肌質によっては何倍もかかると言われている。肌は弱アルカリ性に傾いているとき、外的刺激や細菌に弱い状態。なるべくアルカリ性に傾く時間を少なくすることが大切だ。
そこでpH調整剤が使われる。洗顔料や化粧水などのpHを弱酸性に調整するのだ。このように、皮脂膜を正常な状態に近づけるために使われているほか、化粧品の酸度を保つことで、製品そのものの分離や劣化を防ぐ目的もある。
0503_2

代表的なpH調整剤6つ

pHを、酸性またはアルカリ性に傾けるために、pH調整剤は「アルカリ性」のものと、「酸性」のものとの2種類がある。

アルカリ性のもの

・トリエタノールアミン(TEA)
pH調整剤のほかに、乳化、分散、湿潤、希釈剤として使われる、弱アルカリ性の成分。亜硝酸と反応して発がん物質を生成することや、湿疹や皮膚炎になる可能性が指摘されている。

・水酸化ナトリウム
石鹸の素材などになるもの。酸性が高くなる場合に使用される。

・水酸化カリウム
石鹸や乳液、クリームなどの、乳化剤やゲル化剤としても使われる。

酸性のもの

・アスコルビン酸
ビタミンCのことで、美白の作用が期待されている。敏感肌にも使える傾向にあるが、人によってはピリピリとした刺激を感じる場合がある。

・グリコール酸
ピーリング剤などによく使われる成分で、サトウキビや甜菜など、天然材料から作られている。

・クエン酸
食べ物に含まれる酸としてもよく知られ、角質除去などに使われる。濃度が高いと刺激になることがある。

pH調整剤の、安全性と危険性

現在、化粧品に使用されている成分は、クエン酸やアスコルビン酸など比較的安全性の高いものが多く、また配合量も制限されているので、すぐに人体に影響があるとは考えづらい。ただし酸性のものは、濃度が高いと刺激や肌のほてりが起きることがあるので注意したい。酸性のpH調整剤はピーリング剤などに多く使われていて、肌質にあえば、タンパク質を溶かして角質を落とし、正常なターンオーバーを助ける作用がある。

また、乾燥肌と感じている人は弱酸性の化粧品を選ぼう。皮脂膜が正常に保たれる時間を増やしていくことが大切だ。弱酸性は害になる細菌類が住みにくい環境であり、健康な肌を保つためには必要な条件。逆に長時間、肌がアルカリ性になったままだと、アクネ菌や黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなってしまう。化粧品を選ぶときは、pHに注目して、基本は弱酸性に近い化粧品を選ぶのがよいだろう。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

化粧品添加物の真実『紫外線吸収剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『紫外線吸収剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『酸化防止剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『酸化防止剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『防腐剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『防腐剤とお肌のコト』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』