作るコト作るコト
料理 2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

箸休めに、懐かしいカレーライスの付け合わせに、おつまみに。カリッと美味しいらっきょうはいかがでしょうか?自分好みの味わいに漬け込めば、食べごろまでが待ち遠しくなりますよ。今年は、らっきょう仕事に挑戦してみませんか?

ーーーーーーーーーーー
らっきょうを漬け始めて、もう5年になる。きっかけは、義父のらっきょうだった。
あるとき義母が、「箱いっぱいのらっきょうの皮をむくのに半日かかる」とぼやきながら、義父が毎年漬けているというらっきょうを食べさせてくれた。それまでらっきょうといえばカレーの端に添えてある“脇役”のイメージしかなかったが、義父のらっきょうを食べてイメージががらりと変わった。
一口かじったら口の中に香りが広がり、歯ごたえはカリっとして味染みがいい。これさえあればご飯が美味しく食べられる、そんならっきょうだったのだ。義父のらっきょうを食べた翌年から、自分でも漬けるようになった。
らっきょうの旬は5~6月頃。わたしは5月の連休が明けたくらいに、らっきょうを漬けることが多い。
0510_5

らっきょうの漬け方―『夏の常備菜らっきょうしごと』

『らっきょう漬け』材料

らっきょう

1kg

80~100g

適量

赤唐辛子

2本くらい

『らっきょう漬け』作り方

1.らっきょうを水につけて根元と頭を少し切り、薄皮をむく(薄皮をむいてから切るより、水から上げて切ってむいてを繰り返すほうがラク)。

2.煮沸消毒した保存容器にらっきょうと塩を入れ、その上から酢を入れる。容器の1/4くらいの高さまで入れたら残りは水を入れ、赤唐辛子を入れて蓋をする。

3.10日ほどしたら漬け汁を捨てて塩抜きをする。ボウルにらっきょうを入れて水に浸し、3時間ほど塩抜きしたら水を捨てる。これを3~4回繰り返す。

4.塩抜きを終えたら水気がなくなるまでざるに広げて乾かす。

5.お好みの漬け汁で漬け込む。お酢・水・砂糖・醤油のバランスを変えると、いろいろな味になる。

0510_4
しょうゆと甘酢で漬けたらっきょう

『らっきょう漬け』の塩梅

作り始めの頃は、皮をむくのに苦労したり、塩抜きが適当でしょっぱく仕上がってしまったりとうまくいかないことも多かった。毎年作り続けて5年経ち、ようやく漬ける量も、むき方も塩加減も、自分の塩梅がわかるようになってきた。

らっきょうの塩抜きは、塩辛いのが好きかどうかで加減したらいいと思う。私の場合は3時間ほど塩抜きした後、30分~1時間おきに3回水を変えるから、半日ほどかかる。完全に塩抜きしたいなら丸一日かければいい。

夏の食卓の定番に―『夏の常備菜らっきょうしごと』

らっきょう漬けができてからのお弁当は、ご飯の隅っこに甘酢かしょうゆで漬けたらっきょう2つが乗るのが定番になる。カレーに添えるのはもちろん自家製のらっきょうだし、夏場の食卓にも箸休めにとらっきょうを並べる。
0510_2
お弁当にらっきょう、が定番になる

毎年夏に漬けて、年が明ける前には食べ尽くしてしまうのだが、自分で作り始めてからというものお店で売っているらっきょうではどうも物足りなく感じ、買うことがなくなった。それでもまだまだ敵わないのだ、義父のらっきょうには。

気ままに暮らす義父が作るらっきょう―『夏の常備菜らっきょうしごと』

農家に生まれた義父は、らっきょう以外に梅酒も自分で作るし、沢庵(たくあん)も毎年漬けて近所の友達に配っているそうだ。夏場は屋上でキュウリやゴーヤ、ピーマン、トマト、ナス、時にはスイカまで育てている。菜園の横には屋根付き・テレビ付きのお昼寝スペースを設け、孫たちを呼んでトマトをかじりながらテレビを見ていることもある。

屋上は虫が来ないから、人間の手で受粉させてあげなければ実がならない。その代わり蚊に悩まされたりすることもないので、夏はビールを飲み飲み野菜をいじり、夕涼みしているようだ。そんな義父を見ていると、かっこいいなぁと思う。

そんな義父が漬けるらっきょうは、しょうゆ漬け。最初に食べて以来、毎年「漬けあがる」とその年のらっきょうを食べさせてもらうのだが、これが本当においしい。らっきょうに秘密があるのかしょうゆに秘密があるのか……。聞いても「しょうゆしか入れてないよ」と言われるのだが、私には同じ味がどうしても出せない。
0510_3

作り続けることが美味しさの秘訣かも―『夏の常備菜らっきょうしごと』

いつだか夏に、「暑いね、ほら飲みな」とビールとらっきょうを出されたときに思った。ビールによく合う義父のらっきょうは、お酒好きだからこそ出せる味なのかもしれないと。
毎年ずっと作り続けていたら、私も“定番の味”を決めることができるのだろうか。
義父とはいつも野菜談義で盛り上がるのだが、今度こっそり、義父のらっきょうの秘密を探ってみようと思う。そのときは私の漬けたらっきょうも食べてもらい、義父に厳しく評価してもらおうかなと思っている。

文/chas
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

手前みそで十分『世界でたった一つの手作りみそ』

手前みそで十分『世界でたった一つの手作りみそ』

いつものご飯をさらに美味しく『おひつのある暮らし』

いつものご飯をさらに美味しく『おひつのある暮らし』

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類