得するコト得するコト
まめ知識 2018.05.07

24節気「立夏」の季節は『いちごを食べて内側からきれいになろう』

5月5日~5月20日
暦の上では夏の始まり。この日から立秋の前日までが夏季となります。
夏とはいっても、本格的な夏が来るのはまだ先の話で、さわかやな五月晴れの空と目に鮮やかな新緑が美しく、一年のうちでもっとも過ごしやすい季節なのでアウトドアで過ごすには最適の時期。
公園やオープンエアーのカフェやレストランで、心地よい優雅な時間を楽しみたいものですね。

また、天気のよいお休みの日には、春のレジャー「いちご狩り」はいかがでしょうか?この時期におすすめの「いちご狩りスポット」はのシーズンは、長野県など涼しい気候の地域。5月下旬から6月初めまでオープンしているそうですよ。
0509_2

立夏が食べごろのいちご―『いちごを食べて内側からきれいになろう』

章姫 ~ 果肉はやや柔らかくジューシーで、酸味が少なくその分甘さを感じます。
さちのか ~ 甘さと酸味のバランスがよい苺。 果肉の中まで赤くなりやすいので、ジャムやケーキやお菓子作りに最適です。
やよいひめ ~ まろやかな甘味があり酸味はあまり強くありません。 サイズは大きめで円錐形のきれいな姿をしています。
紅ほっぺ ~ サイズが大きく、甘味は強く、酸味もやや強いのが特徴。 苺本来の甘酸っぱさと深い味わいを堪能できる品種といえるでしょう。
(引用:果物ナビ

真っ赤な色と、甘酸っぱい味わいが魅力のいちごは、ビタミンCやカリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルを含んでいるほか、アントシアニンなどのポリフェノール類も多く含まれていますので、美容効果も期待できますよ♪

いちごの美容効果―『いちごを食べて内側からきれいになろう』

ビタミンC・ポリフェノール ~ 美白・美肌効果
葉酸・鉄分 ~ 貧血・冷え症解消
カリウム ~ むくみ防止
ペクチン ~ 整腸効果
カルチニン ~ 脂の燃焼・代謝促進
0510_1
美味しくて美容効果もたっぷりないちごですが、赤ちゃんにはNGな果物ですので、お気を付けくださいね♪

それから果物はマクロビオティックでは身体を冷やして緩める強い陰性の力を持つ食べ物といわれていて、体温の低い朝に食べると冷え症の原因になります。また空腹時に召し上がると血糖値が急に上がってしまうので、食べる時間帯やタイミングに気を付けましょう。ベストタイミングは体温が高くて、お腹がいっぱいのランチのあと!!美味しい果物と上手にお付き合いして、体の内側からキレイになりましょうね♪

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてオーガニック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

24節気「穀雨」の季節は『緑茶を飲んで、心も身体も健やかな毎日を』

24節気「穀雨」の季節は『緑茶を飲んで、心も身体も健やかな毎日を』

24節気『雨水のころの土いじりとおすすめ食材』のおはなし

24節気『雨水のころの土いじりとおすすめ食材』のおはなし

春のよもぎってすごい『よもぎのもつ美容効果と薬効とは』

春のよもぎってすごい『よもぎのもつ美容効果と薬効とは』

コメント

  1. Kaeden より:

    I'm new to this site and blogging in general, but came across your page and it is wonderful! I love this type of stuff! Thanks for all the into.mafion…ryou have my wheels turning!

コメント欄


人気の記事

2021.05.07

彩り鮮やかなハーブを使った『実山椒と紅花のおにぎり』

2021.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.05.05

子どもとおうちインテリア『端午の節句に 卓上こいのぼり』

2021.05.04

袋でモミモミ!カリッと香ばしい『黒糖ときなこのスクエアクッキー』

2021.05.02

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2021.05.02

ごはんに!野菜に!お豆腐に!おたすけごはん『ニラそぼろ』

2021.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

2021.04.25

おたすけごはん!初心者でもつくれる『大根と鶏のピリ辛煮』

2021.04.24

野菜がすすむ!『白味噌ヨーグルトのバーニャカウダ風』

2021.04.24

旬を味わう『そら豆とカリカリベーコンのポテトサラダ』

編集部おすすめ記事

2021.05.08

甘くてちょっとほろ苦い!『くきたち菜の肉巻きサンド』

2021.05.08

出汁の旨みがじゅわっと広がる『巾着煮』

2021.05.07

買うより幸せ。『焼きのりで簡単!海苔の佃煮』

2021.05.05

【七十二侯】第十九侯「蛙始鳴」

2021.05.04

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2021.04.30

【七十二侯】第十八侯「牡丹華」

2021.04.28

こどもの日のおやつに『もちもちまんじゅう』

2021.04.26

【まもなく締切!】ケノコトライター・デザイナー・フォトグラファーを募集しています。

2021.04.26

なんでも使える!『白味噌ヨーグルトのゴマダレ』

2021.04.26

スーパーで買える食材で作る、北京ダック風『鶏肉のテンメンジャン照り焼き』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』