得するコト得するコト
まめ知識 2017.05.11

満面の笑みで心も身体も健康に『笑う門には長寿来たる』

面白い話を聞いたり、映像を観たり、遊んだり…友人や家族と過ごす楽しい時間には、絶えず笑顔があふれていますね。
そんな満面の笑みは、実は心と身体の健康に良い効果を生むのだとか。たくさん笑うことが、長生きの秘訣になるかもしれませんね。

「笑い」が心身の健康や長寿に関連する!?―『笑う門には長寿来たる』

「笑う門には福来たる」というが、最近の研究により笑いの程度が大きい人ほど長生きの傾向があることがわかった。
米国ウェイン州立大学のアーネスト・アベル博士らは、1950年以前に米メジャーリーグでプレーを始め、52年のベースボール選手名鑑に顔写真が掲載された野球選手230人について「微笑みの度合い」を分類した。顔写真が無表情な顔は「微笑みなし」、口のまわりの筋肉のみが微笑んでいる顔は「部分的な微笑み」、口も目も微笑んでいて両頬が上がっている顔は「満面の微笑み」と分類し追跡調査した。

その結果2009年6月の時点で故人となった選手150人の平均寿命を比較してみると、「微笑みなし」は72.9歳(63人)、「部分的な微笑み」は75.0歳(64人)、「満面の微笑み」は79.9歳(23人)で笑いの程度が大きいほど長生きの傾向があることがわかった。アベル博士は「微笑みの度合いが潜在的な感情である笑いを反映するという視点に立てば、笑いが心の健康、身体の健康や寿命に関連するというこれまでの研究を支持するものである」と主張する。
0511_

笑いには鎮痛効果も?―『笑う門には長寿来たる』

一方、笑いが鎮痛効果や多幸感にも関連して長寿をもたらしている可能性も指摘されている。
オックスフォード大学社会文化人類学研究所のロビン・ダンバー所長は、研究室で被験者に通常の自然番組のドキュメンタリーを見せたときと、『Mr.ビーン』や『フレンズ』などのコメディを15分見せたときの脳の変化を比較した。その結果、視聴者をリラックスさせる自然番組のドキュメンタリーでは、痛みに対する閾値(いきち)が変化していなかったのに対して、コメディを観たときには痛み刺激に対する閾値が高くなっていることを発見した。閾値とは、興奮や反応などを起こさせるために必要な最小の強度や刺激などの量のことだ。

ダンバー所長はコメディを観ることにより「笑い」が誘発され、笑いにより脳でエンドルフィンという神経ペプチドが放出されることを発見した。エンドルフィンは自分自身が脳のなかで作る麻薬性の化学物質で、そのために痛み刺激に対して脳が麻痺することが知られている。エンドルフィンといえば、ランナーズハイなどの幸福感を作る作用も知られていて、人の行動の動機付けを作っている物質でもある。
興味深いことに1人でコメディを観た群ではエンドルフィンはあまり放出されなかったが、4人のグループでコメディを視聴した実験群ではたくさんのエンドルフィンが放出された。笑いの環境には友人も重要らしい。

笑いは、人間社会で重要な役割を果たしている―『笑う門には長寿来たる』

所長はさらに、研究室で起きたことが実際の社会生活のなかでも起きていることを確認するために、エディンバラで開催された芸術祭で、コメディを観覧した参加者と演劇を観劇した参加者のエンドルフィン放出を調べ、笑いの脳への効果を検討した。興味深いことに、コメディを観覧した参加者とコメディを演じた役者は、ズキズキとした痛みを感じる疼痛(とうつう)刺激閾値が強まっていた。しかし、演劇では見た人も演じた人も疼痛刺激閾値は変化していなかった。

実際にエディンバラの芸術祭で参加者の笑いを録音し解析すると、コメディを観ている時間の3分の1の時間を笑って過ごしていることがわかった。これまで人間が笑う理由や社会生活における笑いの役割に関してはあまり研究されてこなかったが、ダンバー所長は今回の研究から「笑いが人間社会で重要な役割を果たしているのは、脳におけるエンドルフィンの放出作用によるものだろう」と考察。
今回の研究の結果は、これまでダンスや宗教儀式など人間の共同活動が幸福感を創出するメカニズムと共通する要素があり、これらの共同活動が集団による笑いと同様に脳内のエンドルフィン放出と関連していることを示唆している。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

”自転車×健康寿命”がカギ! 今こそ『自転車で始める健康生活』

”自転車×健康寿命”がカギ! 今こそ『自転車で始める健康生活』

認知症を予防する!?『筋肉の驚くべき役割とは』

認知症を予防する!?『筋肉の驚くべき役割とは』

身体にとって敵?味方?『常在菌を知って上手に共存しよう』

身体にとって敵?味方?『常在菌を知って上手に共存しよう』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.01.24

一度はチャレンジ!ジューシー『自家製ソーセージ』

2021.01.21

甘くてほろ苦い美味しさがたまらない『タルトタタン』

2021.01.21

色を暮らしに活用しよう『安らぎカラー”緑色”がもつ秘密ゴト』

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

編集部おすすめ記事

2021.01.23

二十日正月は正月期間の終わり

2021.01.23

はじめてのナチュラルフード『新年を迎えて~出汁活をしよう~』

2021.01.22

白菜の甘みを味わおう!『焼きロール白菜』

2021.01.22

簡単なのに豪華‼『アボカドサーモンのチコリボード』

2021.01.22

冬土用入りで体のメンテナンスを

2021.01.21

ホッと美味しい!『大根とつくねの食べるスープ』

2021.01.20

煎り大豆の活用法!ごはんのお供に『みそ大豆』

2021.01.20

ほっこり体が温まる『白菜の豆乳クリーム煮』

2021.01.19

熱々とろとろ身体もほっこり!『アップルパイ風ホットサンド』

2021.01.17

大根の消費に『やみつき大根サラダ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』