得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.05.16

天然のサプリメント『ドライフルーツを選ぶ3つのポイント』

Pocket

甘くておいしい果物は、甘い物好きの方にとって魅惑の食べ物♪ 新鮮な果物はビタミンが豊富で美容にも健康にもいいといわれていますが、体をとっても冷やす陰の力が強いので、寒い時期にいただくと、冷え性が悪化し風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなるので要注意!

とはいえ、「果物は天然のサプリメント」と呼ばれるように、食物繊維、抗酸化物質、ミネラルといった美容と健康に欠かせない成分がたっぷり含まれているので、食べないでいるのはとっても勿体ないですよね。
0516_2

ドライフルーツは寒い時でもOK!―『ドライフルーツを選ぶ3つのポイント』

そんなあなたにおススメなフルーツは、ドライフルーツ♪
果物の栄養は皮と実の間に一番多く含まれていますので、果物を丸ごと乾燥させたドライフルーツをいただけば、効率的に栄養補給ができますし、噛みごたえがあるのでダイエットにも最適です。

ここ最近はスーパーやコンビニでも手軽に色々な種類のドライフルーツを買い求めできるようになりましたが、残念ながらドライフルーツだったら全部ヘルシーというわけではありません。
そこで今日は賢いドライフルーツの見分け方をご紹介いたします。

『ドライフルーツ』3つのチェック項目

1.オーガニックのフルーツから作られていること
農薬や化学肥料を使った果物で作られたドライフルーツには、残留農薬が含まれている可能性もありますので、選択肢がある場合はオーガニックのものを選びましょう

2.サンドライ(天日干し)のものを選ぶ
生のフルーツは体を冷やす陰性の食べ物ですが、ドライフルーツには太陽の強い陽性のエネルギーを浴びてつくられているので、フルーツなのに体を温める陽性の力があります。
機械で乾燥させているものは、体を温める力が弱いので、「天日干し」「Sun dry」と製法が表記されているものを選びましょう

3.無添加のものを選ぶ
ドライフルーツで色のキレイなものには、食品添加物が使われている可能性が高いので、裏の原材料表記を確認して、「漂白剤」「着色料」などが使用されていない、無添加のものを選ぶようにしましょう。
レーズンやプルーンは元々色が濃いので、添加物を入れて作られることはあまりないので、安心して買えるドライフルーツですね。

お勧めはプルーン!―『ドライフルーツを選ぶ3つのポイント』

ちなみに、私のお気に入りのドライフルーツはプルーン!
プルーンはプラムを乾燥させたもので主な生産地はアメリカ、カリフォルニア。 プラムは生で食べるより、乾燥させたプルーンの方が栄養価は高くなり、生だと食物繊維が1.9gしかないのですが、乾燥させると7.2gに増えるというとても不思議なフルーツです。
プルーンは新陳代謝を活発にし、血液の循環を良くしてくれる上に、代謝機能を向上させてくれることからお腹の調子を整えます。

また、デトックス作用もあるのでダイエット効果も期待できる優秀な食材ですが、食べすぎには要注意!!1日1粒~2粒ぐらいを目安にして召し上がってみてください。
またコーヒーと一緒にとるのはNG。コーヒーにはポリフェノールの一種であるタンニンが入っていて、プルーンのように鉄分を多く含む食材と一緒に摂取すると、鉄の吸収を阻害し、貧血になる可能性があるので注意してくださいね。
プルーンを食べる時にはカフェインをほとんど含んでいない上に、体を温める力のある「三年番茶」がオススです♪
0516_1
また、美味しい組み合わせはナッツと一緒にいただくこと。特にアーモンドとの相性はピッタリですので、小腹がすいたときにお菓子を食べる代わりに、プルーン&アーモンドを召し上がってみてください。
お腹の調子がよくなるだけではなく、アーモンドに含まれる豊富なミネラルが美容にもピッタリですよ!

もっと「プルーン」のことを知りたい方は…
カリフォルニアプルーン協会

さあ太陽の恵みをたっぷりと吸い込んだドライフルーツをいただいて、甘い物と美味しく楽しくお付き合いくださいね。

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』