知るコト知るコト
取材 2017.05.19

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの初夏の今聞きたい一曲『See The World』~

何の変哲もない日常の風景。
誰かに話すまでもないけれど、湧いては消えていくふと思い浮かぶ気持ち。

「ケミカルボリューム」の音楽は、そんな何気ない毎日の瞬間を切り取って、すこし特別なものに変えてくれる不思議な力を持っています。

とある地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝日で曲作りをしている、ユニークなライフスタイルの宅録ユニット、通称≪ケミボ≫。
日々を大切にしながら、その日々の中の気づきを形にし続ける彼ら。そんな彼らの手から生まれる楽曲のバックグラウンドを知ると、ケミボの本質が見えてくるかもしれません。
今回ご紹介する一曲『See The World』。どんな想いからできた曲なのでしょうか。

aleksandar-radovanovic-13513
 

世界はあなたが見たいように見えるもの、あなたの心を映し出すもの。

知らないことがまだまだたくさんあると感じています。
良いことも悪いことも含め、自分の知らない世界が世の中にはきっとたくさんあるのでしょう。毎日同じような日々が続いてるだけの気がする日でも、日々何かが変化していたり、景色が違っていたり。そんな違いに気が付くように、心の余裕を作るよう心掛けています。

朝の通勤で通る見慣れた道や、夕方の帰り道、休日の空気の匂い。自分の世界はきっと自分がイメージしてる通りの見え方、感じ方をするのかもしれません。明るいイメージを持つと明るく、暗いイメージを持つと暗く見える。良いことがあると一瞬にして世界が明るくなったり、嫌なことがあると一瞬にして暗くなったり。そう考えると世界は自分の気持ち次第なのかもしれません。気持ちや考え方の癖みたいなものが影響してる感じでしょうか。

この曲を書いた時、理由は忘れましたがとても開放的で自由な気分だったことを覚えています。長期連休の始まりでワクワクするような感じ。サウンド面は世界がまだぼんやりしか見えてない状態をアンビエントな感じで表現してみたつもりです。

「その手で、その目で、その足で、世界を見にゆこう。」そんな気持ちを込めて。

andrei-bocan-28648

 

See The World

 
 

オレンジの陽が昇る 暗い空 アイボリーの壁に 赤いギター

朝食を済ませたら 服を着て 深く息を吐いて さあ ドアを開け

 

まだ知らないこと 探すために行くよ

 

WAY! そのWAY! 行くんだ!

WAY! DAY BY DAY!

手! その手! 開いて!

目! See The World!

 

オレンジの陽が滲む 朱い空 ダイアリーのページを めくる風

古ぼけたレコードが 回りだし 辺りを包む 枯れた声

 

まだ知らない唄 探すために行くよ

 

WAY! そのWAY! 行くんだ!

WAY! DAY BY DAY!

手! その手! 開いて!

目! See The World!

krista-mangulsone-53122

本当に世界はよくできていると思います。
世界は自分の心を映す鏡のよう。
少しの余裕と優しい気持ちで街を眺めれば、街はとても穏やかに見え、必要な人にさっと手を貸せたりする。
焦っている時、自分で自分の感情の手綱を引ききれていない時、ささいなことにも苛立ちを覚えてしまったりする。
心が穏やかだったらこんな風に感じなくて済んだのに。自分自身へのがっかり感。
でも、そんな風に感じた自分を責めなくてもよくて。
「ああ、こんな風に感じるのだなあ、こんな風に感じると自分はこんな気持ちになるのね。じゃあ、やっぱりこんな風に感じなくていい心の状態をつくっておきたい。」
こんな風にまた学びがある。
世界は自分が見たいように見ることができる。どんな風景も。状況も。
そんな大切なことを知った時のことをこの曲は思い出させてくれました。

—————————————————
Chemical Volume / See The World Short Ver/ライフスタイルミュージック


—————————————————

記事・歌詞 / Chemical Volume(ケミカルボリューム)
映像 / 渡邉高章
書 / 愉咲

CMVO_logo_Main のコピー
モットーは「自分たちの力量、環境、機材でできることしかやらない」。
地方都市でサラリーマンをしながら、アフター5と土日祝で音楽を作っている宅録ユニット。

公式ホームページ
Faceook
Twitter
ケミボチャンネル(YouTube)

 

header_logo
Unknown

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.02.24

保存食のある暮らし~ひな祭りに手作り甘酒、魔法瓶で意外と簡単!! 『基本の甘酒といちごと甘酒のパンナコッタ』

2020.02.23

レンジで簡単!!雑穀を使って『古代米の桜もち』

2020.02.21

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

2020.02.20

【編集部おすすめ】大注目の納豆・大豆料理をご紹介!

2020.02.18

困ったときに何でも使える!食べる万能調味料『肉みそ』

2020.02.15

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

2020.02.14

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2020.02.13

入れるだけ!持ち歩きにも◎『デトックスウォーター生活』で簡単おうちダイエット

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.10

【バレンタイン特集】美味しくて簡単!手作りクッキーレシピ

編集部おすすめ記事

2020.02.23

子どもと一緒に作りたい『桃の節句』にうれしい巻き寿司レシピ

2020.02.22

春の次にそわそわする時期『秋に引っ越しが多い理由とは?』

2020.02.22

~保存食のある暮らし~風邪予防に、花粉症対策に♪『金柑ジンジャーエールシロップ』

2020.02.20

【編集部おすすめ】大注目の納豆・大豆料理をご紹介!

2020.02.19

日本の鍋料理に飽きてきたらスペイン料理「ピルピル」を作ってみよう

2020.02.16

【編集部おすすめ】春の訪れ♪菜の花を使った簡単レシピ

2020.02.14

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2020.02.10

【バレンタイン特集】美味しくて簡単!手作りクッキーレシピ

2020.02.06

【バレンタイン特集】簡単にできるチョコレートレシピ

2020.02.02

チョコが苦手なパパへのバレンタイン『親子で作るフラワーアレンジメント』

月間人気記事

2019.07.30

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.06.06

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2017.05.30

『塩の味、違いを知れば料理はもっとおいしくなる!』~ソルトコーディネーターが教える使い分けのコツ~

2017.08.16

実は栄養価が高い?!『知って得するかいわれ大根の成分と保存方法』

2017.05.21

まるで卵!卵アレルギーのお子様にも安心な『ベジたまごサンド』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.05.01

すりおろして混ぜるだけ!『人参ドレッシング』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』