作るコト作るコト
料理 2020.05.11

チーズじゃないのにチーズみたい『もちあわとハムのケークサレ』

ケークは『ケーキ』、サレは『塩』を意味するケーク・サレは、フランス発祥の総菜ケーキのことです。野菜やハム、チーズなどを混ぜ込んで作られるものが一般的ですが、残り物のお惣菜などを混ぜたり自分でアレンジも自由自在です。

今回は、チーズの代わりに雑穀の『もちあわ』を使ったレシピをご紹介いたします。もちあわはあさっりとしていてクセがなく食べやすい雑穀ですが、牛乳と一緒に炊くとコクがでてまるでチーズのような味わいになります。チーズの代わりにもちあわを使うことで、鉄分やカリウムなど女性に嬉しい栄養素が補給できますよ。小粒の雑穀なので入っていることに気づかれにくく、お子さまでも食べやすくおすすめです。

『もちあわとハムのケークサレ』の材料(18㎝型1本分)

【生地】

薄力粉

100g

ベーキングパウダー

3g

2個

牛乳

50㏄

オリーブオイル

30g

小さじ1/2

砂糖

小さじ1/2

ブラックペッパー

少々

【具】

ハム

5枚

玉ねぎ

1/2個

ピーマン

1個

オリーブオイル

小さじ1

【もちあわチーズ】

もちあわ

30g

牛乳

100㏄

50㏄

小さじ1/2

『もちあわとハムのケークサレ』下準備

・パウンドケーキ型にオーブンシートを敷いておく。
・オーブンを180℃に予熱する。

『もちあわとハムのケークサレ』の作り方

1. 具を準備する。ハム、玉ねぎ、ピーマンをそれぞれ5㎜角に切り、フライパンにオリーブオイルをひいて炒める。
IMG_8066

2. もちあわを茶こしなどの目の細かいザルでさっと洗い鍋に入れ、牛乳、水、塩を加えて水気が少なくなるまで煮る。
IMG_8065

3. ボウルに卵を割りほぐし、オリーブオイル、牛乳、塩、砂糖を加えよく混ぜる。

4. 3に薄力粉とベーキングパウダーを加え混ぜ合わせたら、1と2も加え馴染むように混ぜる。
IMG_8069

5. 型に流し入れ、180℃のオーブンで30~40分焼き、表面に焼き色がつき、竹串を差しても何もついてこなければオーブンから取りだして粗熱をとる。
IMG_8085

『もちあわとハムのケークサレ』のポイント

・入れる具材は好みのものに変更して楽しんでください。
・もちあわは鍋底にくっつき焦げやすいので、弱火で混ぜながら煮込みましょう。
・牛乳を豆乳に変えてもOKです。

レシピ/雑穀管理栄養士 中西由紀

中西由紀プロフィール写真
大学在学中にフードコーディネーターの資格を取得し、料理教室や雑誌等の料理撮影のアシスタント経験を積む。また、「雑穀」と出会い長年の悩みであったダイエットと肌荒れを解決。雑穀の魅力を伝える活動を開始。大学卒業後は給食委託会社に就職し、社員食堂で管理栄養士として勤務。入社3年目に、都内社員食堂の店長として店舗運営などの責任者を務める。大量調理でも提供可能な「雑穀を使用したオリジナルメニュー」の提供に努める。
雑穀料理で「食べるダイエット」を全力サポート!をテーマに、レシピ開発、料理教室、コラム執筆、雑穀講座、ダイエットサポートなどを中心に活動中。
ブログ
Instagram
Twitter

その他のおすすめ記事

つぶつぶが美味しい『もちきびドレッシングの新玉ねぎサラダ』

IMG_8145-のコピー

雑穀で新食感!『材料3つ+雑穀の簡単クッキー』

IMG_7525-のコピー

季節のおつまみとおやつ『枝豆クラッカー』

発酵菓子の魅力『酵母の全粒粉パウンドケーキ』

コメント

  1. Ellyanna より:

    I was diagnosed with asthma 20 years ago at the age of 2, a condition that has been common throughout my grad#an&d8217;s side of the family.He lost his mother, 2 sisters and a brother to the illness.As well as myself: my mum, 2 of her siblings and one of my cousins also suffer from asthma to varying extents.

コメント欄


人気の記事

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

編集部おすすめ記事

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』