参加するコト参加するコト
過去のイベント 2015.07.28

思わず触りたくなるお肌になるための「正しい洗顔とスキンケアの選び方」開催レポート

たくさん汗をかくこの季節、化粧くずれは女性にとって悩みのひとつではないでしょうか。
でも、正しいケアを知っていれば、毛穴が目立たず時間が経ってもくずれにくいお肌を保つことができるんです。
その方法を教えてくれたのは、サロン「SANUR豊洲」の小川初美先生。

IMG_8696

「スキンケアに遅すぎることはない」そんな力強い小川先生の言葉から始まったワークショップ。
実は、化粧くずれも肌の赤みも毛穴も肌トラブルのほとんどの原因は乾燥。化粧くずれは皮脂や汗が原因と思いがちですが、実は乾燥だったんですね。
手間をかけずに普段のお手入れで気をつけるポイントや、スキンケアの選び方について、生徒のみなさんに体験して頂きながらレクチャーして頂きました

まずはクレンジングから。

IMG_8724

ジェルタイプやクリームタイプ、オイルタイプなど色々な種類がありますが、サラッとしたテクスチャーのものを選ぶと、すべりが良くて刺激が少なく良いそうです。
リキッドタイプのファンデーションを使った場合は、オイルタイプで毛穴に入り込んだファンデーションをしっかりと落とすことが大事。
洗顔のポイントは、硬めのだれない泡をつくること。

IMG_8728

小川先生がお手本を見せると「こんなにたくさんの泡で洗顔したことない!」「手を下に向けても泡が落ちない!」と生徒さんから歓声の声。
泡立てネットを使うと、少ない石鹸の量でかんたんに理想のモコモコ泡が出来上がります。
朝、洗顔した後に肌が突っぱる方は、石鹸を使わずにぬるま湯洗顔でも十分。油分がほどよく残り、日中の乾燥を防いで化粧がくずれにくくなりますよ。

IMG_8739

IMG_8747

みなさんは、ローションはどうやって肌につけていますか?
実は手でつけると、ローションが手に吸収されてしまい肌にはほとんど残らないそう。
コットンを使い、下から上に向かって肌が冷たくなるまでパッティングするのがコツです。

IMG_8771

体験した生徒さんも「肌の手触りが変わった」と保湿後のしっかり潤った肌に感動。
たっぷり肌に水分を補給したら、クリームはうすく、手のひらの全体になじませて押さえるだけで大丈夫。

IMG_8791

基本の4ステップが終わったら、いよいよベースメークレッスンです。
下地は厚くつけすぎると化粧くずれのもと。1円玉大くらいの量を、顔全体にムラなく塗ります。くずれやすい目の周りもしっかりと。
ファンデーションもうすめが鉄則。筋肉の流れに沿って、顔のななめ下に向かってつけるときれいに仕上がるそう。

IMG_8872

IMG_8881

リンパの流れを良くするツボ押しやマッサージ法など、いろいろな角度からスキンケアのアドバイスをされる小川先生。生徒さんの質問ひとつひとつにも実演を交えて丁寧に答えて下さり、“女性を美しくしたい”という想いを随所に感じました。

IMG_8831

IMG_8889

サロンに通うお客様がリピートしたくなるのも納得です。
生徒さんからは、美容についてこんなことも知りたい!の声もたくさん上がり、また次回どんな美容のコトを教えて頂けるのかワクワクした雰囲気で今回のワークショップはお開きとなりました。

IMG_8857

これからも定期的に小川先生のワークショップを開催していきますので、次回はぜひ参加してみて下さいね。

撮影/渡辺圭亮

講師プロフィール

小川初美
ボディメイキングスペシャリスト

外資系化粧品会社エスティローダーの美容部員として11年間務める。日々お客様の肌に触れ、お手入れすることで綺麗がお客様の笑顔につながる喜びからエステに興味をもち、その後3年間勉強しながら訪問エステを続ける。
2013年にHIDAを通してカンボジアの女性たちに技術と日本のおもてなしを伝えるべく人材育成のチャンスを得て海外へ派遣。帰国後、現在のサロン『SANUR豊洲』をオープンし、健康で美しい身体と心のケアを目指し活動中。

SANUR豊洲ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2021.07.03

贅沢にたっぷりと。冷やして絶品『桃のコンポート』

編集部おすすめ記事

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

2021.07.07

星に願いを掛けるだけではない七夕

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物