得するコト得するコト
まめ知識 2017.06.06

あなたはどれに当てはまりますか?性格から見る『心も身体も健康な人とは』

皆さんは、「この人健康そう・・・」という判断はどこでしていますか?顔色、肌状態、爪、髪ツヤ、それともハツラツとした声?
「健康状態」というと外見を見てしまいがちですが、実際に人と会ったときに、どこか落ち着いていて、おおらかで、素直で、正直で、思いやりがあって、人の話にきちんと耳を傾けてくれる人って、一緒にいて安心感がありませんか?実はこういう方って、すごく健康の状態が良いのです。

健康な人は【中庸な人】-『心も身体も健康な人とは』

マクロビオティックでいう健康な人とは、「中庸な人」だと言われています。「中庸」とは、バランスの良い状態のこと。心と体のバランスが良く、常に笑顔で柔らかくて暖かい存在。
健康状態は、見た目で判断できるものもあれば、その人の性格から判断できるものもあります。人の体のバランスは、中庸を軸として陰性に傾くと陰性過多、陽性に傾きすぎると陽性過多となり、どちらかに傾くことで健康から遠ざかってしまいます。
「人の体は、食べたものでできている」 まさにこの言葉の通り、食事からつくられた今の体がどんな状態かによって、その人の思考や動作、生き方までもが大きく変わるほど、食は体と心に密接に関係しているんですね。
3

「中庸」「陰性過多」「陽性過多」の特徴-『心も身体も健康な人とは』

では、健康な人=中庸な人とは一体どんな人なのでしょうか?また、陰性過多・陽性過多の人はどんな特徴があるのか、それぞれ見ていきましょう。

【中庸な人】

柔軟で何にでも対応できる・落ち着いていて動じない・穏やかで謙虚・機敏で気がきく・時間通りで正確性・率直で正直・前向きで積極的・信用できる・自分を磨き成長させ高める・ロマンティック・全てのものを愛する

【陰性過多な人】

受け身で消極的・締りがなくだらしがない・不活発で動かない・興奮しやすく傷つきやすい・優柔不断・不平不満な愚痴をこぼす・だまされやすい・自分に自信がない・神経質

【陽性過多な人】

攻撃的で我が強い・緊張・頑固・仕事中毒・怒りっぽい・攻撃的・自尊心・プライドが高い・無神経・気が利かない・せわしなく落ち着かない・リラックスできない・睡眠時間が少ない
2

なりたい自分になるために普段の意識を変えてみよう-『心も身体も健康な人とは』

自分に当てはまる項目はありましたか?若しくは、知っている誰かに当てはめてイメージすることはできましたか?
中庸な生き方とは、今を生きるということ。今、この瞬間瞬間を大切にしている人は、この世の中のすべてを愛する素敵な心を持ち、周りの人との良質な人間関係を築くことで、人生がより豊かになります。
健康であれば人に優しくでき、怒らなくなりますよね。怒りの感情は人を傷つける感情なので、ないに越したことはありません。
中庸になるために今の自分の性格を変えようとする必要はないと思いますが、少しでも中庸に近づける努力はしたいと思っています。 自分は自分、人に変えてもらうものではありませんし、変わりたいと思うのであれば自らが変わる努力をすればいいのです。
自分がどう考えるかで人生は変わり、思考が変わると現実が変わります。なりたい自分になるために今日から意識を変えて、より良い人生を築いていきましょう!

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

心と身体を整える『ヨガと食養とマクロビオティックのコト』

心と身体を整える『ヨガと食養とマクロビオティックのコト』

24節気「芒種」の季節は『梅干しを食べて健やかな毎日を』

24節気「芒種」の季節は『梅干しを食べて健やかな毎日を』

身体の中にじんわり効いていく『優しいお灸のチカラ』

身体の中にじんわり効いていく『優しいお灸のチカラ』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2021.05.28

和えるだけ!生で食べて栄養たっぷり『新玉ねぎのおかかサラダ』

2021.05.27

手作りの味は格別『生いちごのマシュマロ』

編集部おすすめ記事

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

2021.05.30

食欲がない日でも食べやすい!黒七味香る『シソ醤油』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類