得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.06.01

女性ホルモンバランスを整えて内側から輝く肌に『ラ・ミューテ化粧品の知られざる魅力』

目次

LINEで送る
Pocket

女性のお肌を美しく保つために欠かせない、基礎化粧品。あなたはどんな化粧品を使っていますか?
保湿重視、ハリ重視、テカリを抑えたい、くすみをなんとかしたい、ニキビを直したい…肌のお悩みは様々。それぞれの悩みにフォーカスした化粧品は、「保湿はいいけどニキビにはあんまり効かないかも?」と、ちょっと物足りなさを感じたり。そんな時は、女性の美容と健康の大元とも言える「女性ホルモン」に着目した化粧品を使ってみると、内側からきれいになる自分のお肌を実感できるかもしれません。
今回は、そんな女性ホルモンと心と肌のバランスに着目した、『ラ・ミューテ』の化粧品について、その魅力と私が実際に使ってみての肌心地や効果、愛用者の方々の声をご紹介します。
10

女性ホルモンに着目した、ライフスタイルに寄り添う『ラ・ミューテ』化粧品

『ラ・ミューテ』が女性の美しさを保つためにたどり着いたのは、「リバランシング」というコンセプト。「女性ホルモン」「肌」「心」、相互につながるそれらはいずれかに偏ることで、肌や気持ち、身体など様々な不調をきたすことも…。そのバランスの重要性に着目した『ラ・ミューテ』は、それぞれのバランスを生まれながらの理想的な姿に整え、内側から輝くような美しさを実感できる化粧品を作り出しました。中でも、「女性ホルモン」と「心」のバランスを整えるため、贅沢な国産ダマスクローズを使用。『ラ・ミューテ』化粧品は、女性の変わりゆくライフステージに合わせ、心も身体も健康でありたい女性に寄り添い続けます。
11

無農薬有機栽培の国産ダマスクローズを、全ての『ラ・ミューテ』製品に贅沢に使用

直接お肌に触れる化粧品に使う植物は、使う人の母国で育まれたものを。その想いの元、『ラ・ミューテ』では、信州蓼科高原の清らかな空気と日本アルプスの天然水で育てられた、国産ダマスクローズを使用しています。純国産無農薬有機栽培で手間ひまかけて作られるダマスクローズを、独自の製法で熟成ダマスクローズウォーターに仕立てました。全ての製品に配合される、美容成分を一般的なローズウォーターの約3倍豊富に持つ、『ラ・ミューテ』の熟成ダマスクローズウォーター。高貴で芳醇な香りを漂わせながら、肌に贅沢な潤いをもたらします。

『ラ・ミューテ』が約束する、美肌を優しく支える5つのフリー

全ての『ラ・ミューテ』化粧品は、「パラベン」「鉱物油」「アルコール」「石油系合成界面活性剤」「合成着色料」を完全不使用。肌本来の美しさを実感できるよう、刺激する成分を入れないことにこだわっています。敏感なお肌の方でも安心して使い続けられますね。「お客様の大切なお肌に触れるものだから、肌にやさしいものを」という、『ラ・ミューテ』誕生当時からの強い想いが受け継がれています。

忙しい女性のライフスタイルに寄り添う、3ステップの『ラ・ミューテ』スキンケア

『ラ・ミューテ』のスキンケアは、シンプルな3ステップ。毎日続けられる美肌習慣として、『ラ・ミューテ』化粧品は、忙しい毎日を過ごす女性のライフスタイルに寄り添います。「洗顔フォーム」「化粧水」「美容液」、それぞれに効果的な使い心地で、肌だけでなく女性ホルモンバランスも整えるケアアイテムが揃います。スキンケアの度にふわっと包み込んでくれる、ダマスクローズの豊かな香りに癒されながら。使い続けるうちに実感できる美肌効果について見てみましょう。

ふんわりもっちり濃密泡。洗い上がりもしっとり『ラ・ミューテ ビオリズム洗顔フォーム』

良く泡立て出来上がる、キメの細かいもっちり濃密泡。肌にすべらせれば、包み込むように優しく洗い上げてくれるのを実感できますよ。7専用泡立てネット付
6

『ラ・ミューテ ビオリズム洗顔フォーム』に配合された吸着力の高い天然洗浄成分が、肌に負担をかけずにしっかりと古い角質や皮脂をとりのぞきます。
2
1手を傾けても落ちない濃密泡

毛穴の奥の汚れまでしっかり落としても、しっとりと潤いのある洗い上がりのワケは、美容成分を贅沢に配合しているから。洗顔後肌がつっぱるから急いで化粧水しないと!…なんて心配もありません。さらに、熟成ダマスクローズウォーターが、女性ホルモンバランスにアプローチ。内側から輝く美肌へ導いてくれますよ。

熟成ダマスクローズの美容成分がぐんぐんお肌に浸透『ラ・ミューテ エンリッチ化粧水』

顔全体に優しく馴染ませれば、柔らかいローズの香りに包まれながら、美容成分がぐんぐんお肌に浸透していきます。さっぱりとしたテクスチャーながらしっとり潤い、手のひらに吸い付くようなハリと弾力のある健やかな肌に。9
5さらりとして無色透明

贅沢にも国産無農薬有機栽培のダマスクローズで作られる、熟成ダマスクローズウォーターと、お肌のすみずみまで染み渡る豊富なナノ保湿成分がたっぷりと配合された『ラ・ミューテ エンリッチ化粧水』は、毛穴の開きや肌のくすみにお悩みの方にもおすすめ。使い続けるうちに、きっとあなたの肌が持つ本来の潤いやハリを実感いただけますよ。

とろり濃厚美容液が美肌を育む『ラ・ミューテ アドバンス保護美容液』

とろりとしながらも肌にすっと馴染み、シルクのような滑らか美肌を実現する『ラ・ミューテ アドバンス保護美容液』。伸びが良く、目元や口元など気になるところの部分ケアにもぴったり。
8
3とろりとしたテクスチャー

肌に美容成分を浸透させるだけでなく、潤いを守りながら、肌がもつハリや弾力を引き出します。翌朝の肌のハリは、使ってみてびっくりすることのひとつ。お肌自らが潤う力を発揮する、これが“育み守る”美容液である理由です。
特に乾燥が気になる季節は、『ラ・ミューテ アドバンス保護美容液』を、『ラ・ミューテ ビオリズム洗顔フォーム』に3滴加えてみましょう。一緒に泡立てれば、美容成分たっぷりの極上洗顔フォームの出来上がり。いつもの洗顔の時間が、サロンで味わうスペシャルケアのような贅沢なひと時になりますよ。

使って実感。納得の美肌効果『ラ・ミューテ』化粧品ご愛用者の声

『ラ・ミューテ』の効果は、使い続けることでますます実感いただけますよ。愛用されている方々に、その魅力を語っていただきました。
12

もちもち、しっとり。何度も触りたくなるお肌になりました

洗顔フォーム、化粧水、美容液と3ステップで、忙しい朝や晩でもきちんとお手入れできて大満足です。使い始めてからお肌がプルンプルンなので、ファンデーションをのせるのがもったいないくらい。もちもち、しっとりとしていて一日に何度も肌を触りたくなっちゃいます。シミやシワが気にならなくなったから、全体的に肌の透明感が増してきて顔の印象まで明るくなったみたいです!(敏感肌30代女性)

お肌の乾燥がなくなって、忙しいママに嬉しい効果です

お肌が乾燥して、カサカサすることがなくなりました。以前はファンデーションやらコンシラーを厚くぬってみたり、化粧水やクリームを何回もつけていたのに。忙しいママには嬉しい効果だと思います。また、自分のお肌が気になると、他の人にも見られているような気がして、嫌な気持ちになっていたのですが、現在はそのような心配がないので嬉しいです。母や友人にも紹介したいと思います。(敏感肌30代女性)

キメが整い、大人ニキビも出来にくくなりました

洗顔フォーム・ローション・美容液とラインで使ってみて、お肌に嬉しい変化が!とても乾燥肌だったのに、お肌の水分量も上がって、キメが整ってきました!メイクのノリも良くなって、気になっていた大人ニキビも出来にくくなって嬉しいことばかりです!また、バラの良い香りに癒されて、夜のお手入れが楽しみになってきました。(乾燥肌30代女性)
4

目元にハリが生まれ、顔全体が明るくなったようです

ラ・ミューテを使ってみて、お肌がやわらかくなった気がしました。特に美容液は嫌なべたつきもなくお肌をしっとりとさせてくれて、化粧のノリがいつもと違いました。そしてずーっと気になっていた目元の小じわが目立たなくなってビックリ!保湿力のおかげで目元全体のハリが出たように感じます。目元が乾燥してくすんだりして疲れ顔だったのが、使い続けるうちに顔全体がパッと明るくなったような気がします。(混合肌40代女性)

分からないことを気軽に相談できる心強さに感謝しています

使い始めて約1か月。白ニキビや黄ニキビがいくつかできていますが、肌がしっとりとして、触り心地がよくなって、トーンが明るくなったように思います。肌の悩みを相談できるシステムも、私は心強くありがたいと思っています。知らない事、分からない事を教えていただき、不安が取り除かれました。お客様係の方に感謝しております。(敏感肌30代女性)

今までの間違ったケアにも気づけ、しっとりとしたお肌になりました

肌の水分量が増えてしっとりとした感じになってきました。ケアの仕方等も細かく教えて頂き、今まで間違ってやっていたケアにも気づけました。まだ使用開始して間もないので続けていきたいと思います。(乾燥肌20代女性)

女性ホルモンが整い、お肌のトーンが明るくなったようです

ずっと顎周りの大人ニキビに悩まされておりました。妊娠中は全くできず、しかし出産後1年ほどしてからまた悩まされ、ホルモンにうったえてくれるようなこちらの商品に目が止まりました。使用して3カ月経とうとしていますが落ち着いてきて、顔のトーンも明るくなってきた気がします。(混合肌30代女性)
14

手書きのお手紙やプレゼントなど、細やかな心遣いが嬉しいです

洗顔は泡立ちも良く、長年愛用しています。もう手放せませんね。また洗顔と一緒に新しい泡立てネットを届けてくれることも嬉しいです。また、いつも手書きのお手紙、それから時折届くプレゼントに感謝しています。(敏感肌30代女性)

自信をくれる、お守りのような『ラ・ミューテ』のスキンケアアイテム

『ラ・ミューテ』化粧品は、特に「大人ニキビ」でお悩みの方から高い支持を集めています。それは、女性ホルモンバランスに着目しているからこそ、効果を実感できるのかもしれませんね。私も使ってみてまだ一か月ほどですが、肌のハリや透明感がでてきたようで、「なんだか肌が白くなったね」なんて褒められることも。
周りの人に褒められるだけでなく、自分が自分の肌に自信を持つことで、さらに愛され美肌になりそう。そんな自信をくれる、お守りのようなラ・ミューテ化粧品を、あなたも使ってみませんか?
key
今なら、ラ・ミューテ化粧品「ビオリズム洗顔フォーム」「エンリッチ化粧水」「アドバンス保護美容液」がセットになった『美肌セット』が初回限定で50%オフ!とってもお得にお試しいただけますよ♩


<「女性ホルモン」の乱れからくる肌荒れにお困りの方はこちら >
17887343_1263600890405251_2124353972_o (1)

正しいスキンケアの仕方、女性ホルモンについての小冊子、心遣いが嬉しい手書きのお手紙など、BOXを開けるだけで嬉しい気持ちになるセットです。
15
この機会にぜひお試しくださいね♩

記事/ケノコト編集部

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2018.11.30

お掃除は『新聞紙』にお任せ!おうち掃除に役立つ使い方ご紹介

2018.11.28

【開催レポート】『クリスマスリース・ワークショップ』を開催しました!

2018.11.26

旬食材『牡蠣』ー 海のミルクと言われる栄養豊富な冬の味覚 ー

2018.11.25

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2018.11.23

人気の焼き芋をおつまみにアレンジ『焼き芋ゴルゴン』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2018.11.13

外はサクッ!中はフワぷりっ!『エビタラカツ と たくあんタルタル』

2018.11.12

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 19 整理整頓なんて』

編集部おすすめ記事

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

2018.11.21

どこに置いたらいいの?『調味料のベストな保存場所』

2018.11.20

11月の和菓子 かわいい動物をイメージした『亥の子餅』 

2018.11.14

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

2018.11.13

これだけは抑えておきたい大掃除!『家族の役割分担を決めて効率的に終わらせよう』

2018.11.09

子どもと楽しむクリスマス『英語で歌えたらかっこいいクリスマスソング』

2018.11.08

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2018.11.03

ヨーグルトの酸味とブラックペッパーがほどよいアクセントに 『柿と水切りヨーグルトとブラックペッパーのサンドイッチ』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.11.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.08.30

みかんの栄養はビタミンだけじゃない!『知って得するみかんの成分と保存方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』