得するコト得するコト
美容 2020.06.05

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

サラサラと艶があり、滑らかな髪。一度は憧れたことがある、という方も多いのではないでしょうか。
でも、カラーやパーマをしていたり、忙しくてヘアケアがなかなかできなかったりで、髪はどんどん傷む…。そんな時は自宅で簡単にできる「オリーブオイルシャンプー」がいいのかもしれません。ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
2

サラサラの美しい髪になりたい

美しい髪というのは艶があるサラサラのロングヘアというイメージがありませんか?
『美しい髪を保つ』というのは簡単なようでとても難しく、ヘアカラーをしている女性の約8割が枝毛や髪のパサつきなどの悩みをかかえていると言われます。髪が傷んでいるとセットしても毛先がパサついて綺麗に仕上がりません。艶のないパサパサの巻き髪は、見た目も酷く、オシャレして綺麗にメイクをしても傷んだ髪のせいで台無しになってしまいます。

私が髪の傷みを気にするようになったきっかけ

ある日、友人との会話の中に『ロングヘアって30代が最後かな〜。髪も年齢とともに細くなって老けるって聞いたし最後に伸ばそうかな〜』という話が出ました。
私はそれを聞いて、「髪も老ける?そうだ髪も老けるんだ…私の髪ヤバイ、パサパサで汚い!!」と急に自分の傷んだ髪が気になってたまらなくなりました。
私は、ロングヘアが似合わないという理由もありますが、髪の傷みを気にしたり髪を乾かすのに時間がかかることが面倒で、ロングヘアにしたのは34年の人生で20代半ばの2年間だけでした。
4

傷んでいた私の髪

私の髪は毛量が多く、固いです。10代後半から頻繁にヘアカラーを繰り返し、毎日ヘアアイロンを使って巻いていたのでショートヘアでも傷んでパサパサになっていました。ヘアカラーの退色も早く、染めてから一ヶ月程経つと色が抜け赤茶けてしまいます。

傷んだ髪の原因は適当だった私のヘアケア

私は、若い頃から顔は気をつけてこまめにお手入れをしていましたが、髪は美容院でカラーをした時にトリートメントをしてもらう位でした。普段は乾かす前や巻く前に覚えていたらヘアオイルを付ける程度でほとんど髪のお手入れをしたことがありませんでした。
独身の頃は、美容師さんにすすめられると美容院で販売されているシャンプーやリンスを購入し、使っていたこともありました。ですが結婚して子供が産まれてからは、1000円しない安いシャンプーを使い、子供の世話で手一杯になり髪を乾かさないことも増え、さらに傷んでしまいました。
3

傷んだ髪を改善したい!

髪が傷む原因について調べていくと、ヘアカラーやパーマ以外にも紫外線・ダイエット・ストレスなど、生活習慣による影響もありました。そして髪には自ら修復する力がないため切らない限りは元には戻らないということが分かりました。
髪の傷みを治してくれると思っていたトリートメントなどのヘアケアは、修復というより傷ませないためにするものだそうです。傷んだ髪を少しでも改善するには、美容院に頻繁に通ってトリートメントをしてもらいダメージヘア用の高級なアミノ酸シャンプーを使うのが一番だと思います。でも主婦の私はそこまで髪にお金がかけられない…でもやっぱり傷んだ髪が気になる…どうにか改善出来ないかなとモヤモヤしながら色々試す日々が続きました。

ついに見つけたヘアケアの方法!オリーブオイルシャンプー

私が色々試し、ようやく見つけたヘアケアの方法は『オリーブオイルシャンプー』でした。

オリーブオイルシャンプーの作り方

オリーブオイルシャンプーは、小さなボトルにシャンプーとオリーブオイルを1:1の割合で入れて振って混ぜて乳化させて作るスペシャルシャンプーです。
オリーブオイルを入れるだけで、シャンプーが柔らかくなり細かい泡が立ち、汚れをしっかり落としてくれ、リンスをする前でも洗い上がりがしっとりでツルツルになります。オリーブオイルをシャンプーに混ぜるといつものシャンプーがワンランクアップするのです。
※オリーブオイルは必ず美容専用のエキストラヴァージンオイルを使用して下さい。
食用オイルは美容オイルと品質管理の方法が違うため、使用すると肌荒れの原因となる場合があるので注意して下さい。
1

オリーブオイルシャンプーの効果

≪ トリートメント効果 ≫
オリーブオイルには、ビタミンEを始めとする豊富な美容成分が含まれています。ダメージを受け、傷んでパサパサになった髪に浸透し、潤いと艶を与えよみがえらせてくれます。そして髪を保護し、ドライヤーの熱などから守ってくれる働きもあります。

≪ 髪に優しいのに汚れが落ちやすくなる ≫
オリーブオイルが頭皮に詰まった汚れを浮き上がらせしっかり落としてくれます。髪に残ったワックスやスプレーなどの汚れにも効果的です。

≪ 一週間で髪が変わった気がする ≫
オリーブオイルシャンプーは、使い始めたその日から髪が柔らかくなり、指通りがよくなります。一週間続けると傷んでパサパサだった髪が美容院でトリートメントをした直後のようなツヤツヤな髪に生まれ変わります。毎日続けると髪質が変わりまとまりがよくなり、寝癖もつきにくくなりました。

正しいシャンプー・コンディショナーの方法

シャンプーを髪に優しいものに変えたら、次に気にしたいのがシャンプー、リンスの方法。
間違ったシャンプーやコンディショナーの方法が髪を傷める原因にもなります。私は、ワックス・スプレーでセットした髪の汚れがなかなか落ないため、毎日シャンプーで二度洗いをしていました。その洗い過ぎが原因で髪が傷み、ヘアカラーの色持ちが悪くなっていました。
5

髪に優しいシャンプーのやり方

まず髪を洗う前にブラッシングをして髪の絡みをとります。そして38℃位のシャワーでしっかり洗い流す与洗いをして下さい。※高温のお湯は髪を傷める原因になります。
髪の汚れはシャワーで洗いながすだけで8割程度落ちるそうです!!
そして手でシャンプーを泡立ててから頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。しっかりマッサージすると頭皮の汚れが綺麗に落ち、健康な地肌を保つことが出来ます。シャンプーの後は、すすぎ残しがないように3分程度シャワーで洗い流して下さい。シャンプー前にしっかり与洗いすると二度洗いしなくても綺麗に洗髪出来るようになりました。

髪に優しいコンディショナーのやり方

シャンプーが終わったら、水気を切ってコンディショナーをつけていきます。コンディショナーには髪の傷みを保護し、指通りを滑らかにする効果があります。

チェンジリンスでさらつやの髪に

コンディショナーをする時にチェンジリンスをするとコンディショナーが髪になじみやすくなります。チェンジリンスとは、コンディショナーを流す時に流したお湯を洗面器に受け、コンディショナーが混じったお湯をもう一度髪に馴染ませる方法です。コンディショナーがお湯と混じり乳化することで傷んだ髪になじみやすくなります。
コンディショナーは、頭皮に付くと頭皮の汚れ(毛穴の詰まりやベタつき・痒み)の原因となるため、頭皮はさけて毛先に揉み込むようにつけて下さい。

傷んだ髪を優しくケアしてあげて

傷んでしまった髪は修復しませんが、いつものシャンプー・コンディショナーに一手間加えるだけで、傷んだ髪をツヤツヤで美しい髪にすることが出来ます。髪は女性の命です。今日からオリーブオイルシャンプーで美しい髪を取り戻してください。

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

77%の女性が悩んでいる髪のトラブルを解消するには?『髪と食べものの関係』

77%の女性が悩んでいる髪のトラブルを解消するには?髪と食べものの関係

つや髪・抜け毛予防、リフトアップも!!『うさぎシャンプーのすすめ』

つや髪・抜け毛予防、リフトアップも!!『うさぎシャンプーのすすめ』

サラサラなら気分もうきうき『湿気に負けないストレートヘアの作り方』

サラサラなら気分もうきうき『湿気に負けないストレートヘアの作り方』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2021.01.06

おもちがおやつに変身!『洋風ナッツもち』

2021.01.05

おせちで簡単おもてなしお菓子『栗きんとんでマロンパイ』

編集部おすすめ記事

2021.01.15

【七十二侯のコト】第六十九候「雉始雊」

2021.01.14

美味しい時期はたったの2ヶ月!自宅で美味しいタラの白子を味わおう

2021.01.14

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

2021.01.10

豆腐のまんぷくおかず『豆腐の韓国風ステーキ』

2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

2021.01.07

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

2021.01.06

七草粥だけじゃもったいない!旬の「せり」を食卓に取り入れよう

2021.01.05

【七十二侯のコト】第六十七候「芹乃栄」

2021.01.03

暮らしの歳時記を知るコト『鏡開き』

2020.12.31

【七十二侯のコト】第六十六候「虹蔵不見」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』