作るコト作るコト
料理 2018.05.24

女性の味方「わかめ」をたっぷりいただく『わかめ玄米ごはん』

オーガニック料理で春におススメの海藻といえば【わかめ】
わかめは11月頃に発芽し、3月~5月に収穫できる、春が旬の海藻です。収穫されたわかめは、天日で乾燥させたり、塩漬けにして保存しておけば、一年を通して食べることができる、とても便利な食材ですね。

女性の味方【わかめ】

わかめの約80%の成分はアルギン酸と呼ばれる水溶性食物繊維で、残りの約20%がセルロースと呼ばれる不溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けて毒素を包み込み、体外に排出する効果のあるので、デトックス効果抜群!こんなにたっぷり水溶性食物繊維が含まれている食材は、なかなかありませんので、お腹の中からスッキリしたい方には、特におススメです。

他にも
フコキサンチン ⇒ 強い抗酸化力のあるカロテノイドの一種
フコイダン ⇒ 免疫力を高めたり、ウィルスの増殖を抑える働きがある
ビタミンB群
ビタミンA
ビタミンC

豊富な栄養成分があり、中でも海藻特有のフコキサンチンとフコイダンの力で、美肌をつくる効果が期待できるそうなのです。
旬のわかめを手軽にタップリと食べたい方におススメの方法は、ごはんに混ぜること!そこで今日は、ご飯が炊けてたらたった1分で出来上がる、わかめごはんのレシピをご紹介しますね♪
1

『わかめ玄米ごはん』材料 (4人前)

・オーガニック玄米  400㏄
・乾燥わかめ     8g
・水         玄米の1.25~1.3倍
・自然海塩      玄米1合に対してひとつまみ

『わかめ玄米ごはん』作り方

1.オーガニック玄米は軽く1~3回洗って、6時間以上浸水しておく。乾燥わかめは適当な大きさにちぎっておく
2.圧力鍋に浸水させた玄米を入れ炊く寸前に塩を加え、蓋をして強火にかける
3.圧が上がって1分位して圧が安定したら弱火にし、20分~23分炊く
4.炊き上がったら20秒程強火にかけ、コンロから降ろし圧力が落ちるまで放置しておく
5.圧力が落ちたら蓋を開けて、わかめを加えたら天地返をする
6.再び蓋をして1分置き、わかめがふやけたら出来上がり!

美味しく炊けたわかめごはんをさらに美味しくいただくために、白ゴマ塩を作りましょう。

『胡麻塩~春バージョン』作り方(1回分)

・自然海塩   大さじ1/2
・白煎りごま  大さじ9

『胡麻塩~春バージョン』作り方

1.塩大さじは、中火で水分がなくなるまで乾煎りする
2.1をすり鉢に入れてよく擂る
3.胡麻大さじ9(8)を、中火でいい香りがしてくるまで乾煎りする
4.2に胡麻を加えて混ぜる。このとき胡麻は8分目位まで擂る

オーガニック料理ソムリエが教える「ごま塩」と美味しく付き合う方法

ごまは擂りきってしまうと油がでて、傷みが早くなってしまうので、8分目までくらいまで止めておくことで日持ちがよくなりますが、1週間をめどに食べきってくださいね。また、出来上がったゴマはガラスの容器にいれて、冷蔵庫で保存しておくことをオススします。

それから、ごま塩の比率は季節によって変えると、ご飯とのバランスがグーンとよくなりますよ。
春夏 ⇒ (塩)1 :(胡麻)18
秋冬 ⇒ (塩)1 :(胡麻)16

気温が高い春夏は塩味が薄めにつくり、気温が低い秋冬は塩味の効いたごま塩を召し上げってみてくださいね。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてオーガニック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

春には、春巻き作りましょ。栄養満点『納豆と春雨の春巻き』

春には、春巻き作りましょ。栄養満点『納豆と春雨の春巻き』

24節気「芒種」の季節は『梅干しを食べて健やかな毎日を』

24節気「芒種」の季節は『梅干しを食べて健やかな毎日を』

主食をサラダに大変身!主菜も副菜もこれひとつ『玄米サラダボウル』

主食をサラダに大変身!主菜も副菜もこれひとつ『玄米サラダボウル』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.09.26

鶏むね肉でも満足!ボリュームおかずに『みそだれチキン』

2021.09.22

とろけるナスがおいしい常備菜『ナスのはちみつマリネ』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

2021.09.05

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2021.09.05

作り置き常備菜シリーズ『豚小間照りバーグ』とアレンジレシピ

編集部おすすめ記事

2021.09.26

栄養たっぷり!『おかわかめとミニトマトのナムル』

2021.09.25

あると便利!いろいろ使える発酵胡麻ダレで『切り干し大根の胡麻ダレ和え』

2021.09.24

旨味がギュッと詰まった黒いペースト『マッシュルームのペースト』

2021.09.22

自家製万能調味料『パンチみそだれ』

2021.09.21

実も花も食べられる!ズッキーニをおいしく食べるための下処理方法

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

2021.09.14

「かぼちゃ」を丸ごと1個買ってみよう!硬いかぼちゃを切りやすくする方法

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』