得するコト得するコト
美容 2017.06.15

しわができる前に『気をつけたいスキンケアポイント』

一度がしわができてしまうと、化粧品をつかって隠すことは難しいと言われています。
なので、しわ対策は隠すのではなく、正しいスキンケアをすることが重要です。
では、一体どのような方法で行うのか、今回はしわを予防するスキンケアのポイントをご紹介します。

浅いしわのスキンケアポイント

浅いしわ、小じわは肌の乾燥が原因です。湿度が低く冷暖房にあたりやすい環境や、毎日のスキンケア不足によって出やすくなってしまう為、保湿対策が欠かせません。

保湿に優れたスキンケアを

小じわがある方や、乾燥肌になりがちな方は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやアミノ酸など保湿に優れた成分の化粧品を使用しましょう。

市販のスキンケアで効果が得づらい時は皮膚科へ

また、乾燥がかなりひどい場合は体質も影響している可能性があるので、皮膚科への診療が望ましいです。皮膚科では尿素を配合した血行を促進するヘパリン物質を使用した保温剤や、肌の状態に合った薬を処方してくれます。

真皮じわのスキンケアポイント

真皮じわは小じわとは異なり、指でしわを広げても消えない深いしわのことを言います。このしわは老化や紫外線の影響が強く、肌のハリをつくりだすコラーゲンやエラスチンなどの栄養素が減少、または劣化したことでしわになってしまいます。
03

乾燥肌にさようなら

ここまでしわが悪化すると、肌に良い成分が配合された化粧品を使っても、コラーゲンやエラスチンなどの成分は分子が大きいので、真皮層まで浸透しにくくなります。

コラーゲン生成を目的にしたスキンケア選びを

なので、真皮じわを防ぐにはコラーゲンの生成を促す成分が含まれた化粧品がおすすめです。リン酸アスコルビルやAPPSなどのビタミンC誘導体や、ビタミンAの一種であるレチノールには、細胞を活性化させる作用があります。ただし、レチノールは刺激が強めなので、肌が弱い人は注意しましょう。

紫外線予防でシミ対策

肌が老化する原因の6割以上が紫外線による影響だと言われています。
02

状況に合わせた日焼け止めを選んで

紫外線の予防はシワ予防にも繋がり、日常生活では「SPF20 PA+」、レジャーなどでは「SPF50 PA+++」と、状況に応じて日焼け止めの強さを使い分けて対策しましょう。また、汗や水などに触れると日焼け止めが落ちて効力を落としてしまうため、SPF値よりも塗り直すことが特に重要です。だいたい、2~3時間置きに塗り直すのが望ましいでしょう。

マッサージやクレンジングの注意点

01

マッサージは優しく、頭皮まで

肌の老化を防ぐには、顔をマッサージして血流を良くし、栄養が行きわたることが大切です。しかし、マッサージのやり方次第では逆にしわを増やしてしまいます。力強く引っ張るようなマッサージは、肌がたるんでしまい逆効果に。あくまで指の腹を使って、優しく行いましょう。頭皮を中心に引き上げるようなマッサージは顔全体のリラックスにもつながり、おすすめです。

クレンジングは保湿力をチェック

刺激の低いピーリングゲルを使うことで古い角質を落とし、同時に新陳代謝を良くするのがおすすめです。また、クレンジングも過剰に皮脂を落としてしまうと乾燥肌になり、シミへと繋がります。クレンジングや洗顔でも保湿に優れたものを使用しましょう。

しわの原因は乾燥や紫外線によるものが多いです。
悪化させないためにも、それぞれの肌状態に合った化粧品の使用と、保湿対策がしわ予防ではとても重要ですよ。

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

見た目年齢を決める?『ほうれい線予防スキンケア』

見た目年齢を決める?『ほうれい線予防スキンケア』

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

うっかり日焼けした次の日に『紫外線を浴びたお肌のアフターケア』

うっかり日焼けした次の日に『紫外線を浴びたお肌のアフターケア』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.05.07

彩り鮮やかなハーブを使った『実山椒と紅花のおにぎり』

2021.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.05.05

子どもとおうちインテリア『端午の節句に 卓上こいのぼり』

2021.05.04

袋でモミモミ!カリッと香ばしい『黒糖ときなこのスクエアクッキー』

2021.05.02

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2021.05.02

ごはんに!野菜に!お豆腐に!おたすけごはん『ニラそぼろ』

2021.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

2021.04.25

おたすけごはん!初心者でもつくれる『大根と鶏のピリ辛煮』

2021.04.24

野菜がすすむ!『白味噌ヨーグルトのバーニャカウダ風』

2021.04.24

旬を味わう『そら豆とカリカリベーコンのポテトサラダ』

編集部おすすめ記事

2021.05.08

甘くてちょっとほろ苦い!『くきたち菜の肉巻きサンド』

2021.05.08

出汁の旨みがじゅわっと広がる『巾着煮』

2021.05.07

買うより幸せ。『焼きのりで簡単!海苔の佃煮』

2021.05.05

【七十二侯】第十九侯「蛙始鳴」

2021.05.04

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2021.04.30

【七十二侯】第十八侯「牡丹華」

2021.04.28

こどもの日のおやつに『もちもちまんじゅう』

2021.04.26

【まもなく締切!】ケノコトライター・デザイナー・フォトグラファーを募集しています。

2021.04.26

なんでも使える!『白味噌ヨーグルトのゴマダレ』

2021.04.26

スーパーで買える食材で作る、北京ダック風『鶏肉のテンメンジャン照り焼き』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』