知るコト知るコト
新しいコト 2017.06.16

人間だもの『優柔不断でいい。愛すべき人間らしさ』

転職、結婚、子ども。服選びに夕食の献立に夏休みの旅行先……。
人生の節目でも日々の暮らしの中でも、私たちには迷い、決まらないことがたくさんあります。大胆な決断で道を切り開き、成功している人の話など聞こうものなら、目の前のランチメニューもさっさと決められない優柔不断な自分にうんざり、という人もいるかもしれません。
しかし、書籍『人間と機械の間 心はどこにあるのか』によれば、この「決まらなさ」こそが、生物であることの証。生物が色んな環境に対応することを可能にさせている大切な性質です。
04池上高志、石黒浩『人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか』(講談社)

人間の「決まらなさ」が環境への適応力を生む

「コンピューターはキーボードから正しい入力を与えてやらないと、正しく動けない。生物の場合には、そんなコンピューターのようには入力を限定しない。コンピューターにコーヒーをぶっかけたら、コンピューターそのものが壊れてしまう。コーヒーをかけられたら、熱いと言って怒るかもしれないし、数字じゃないものを数字とみなすかもしれない。それが現実世界である。入力を限定しなくても使えるコンピューター、それが生命の大事な性質である」(本書224ページ)
コーヒーをかけられたら、壊れてしまうのではなく「熱い!」と怒り、入力された情報に縛られずに自分の判断で行動するのが人間。入力に1対1で対応するコンピューターとは異なり、人間には一定の「決まらなさ」があるため、多様な環境に適応することが可能になっていると分析します。
03Photo by MARIA

ツイッターは生きている?

2010年から2012年までの2年間で、ウェブのデータの90%が構築されたと言われています。その理由はツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)。人と人との日常的なコミュニケーションがウェブを介して行われるようになったことで、圧倒的にウェブの情報量が増えたといいます。
ツイッターの世界は、現実世界で起きていることとは少しずれています。大きな地震があれば「地震」という単語を含んだツイートが急激に数を増します(バーストする)が、実際には地震が起きていなくても、「最近、地震がないね」「そろそろ地震が起きそうだね」「あの地震からもう5年だね」といった形で地震に関するツイートが起きうる可能性があります。
情報が取り込まれ、生成され、循環し、バーストする。ツイッターには、平常モードと興奮モードが存在し、情報の流れが自発的に作られるところは、生物の神経細胞が興奮して働く様と同じです。
01Photo by MARIA

そのツイッターにおけるセンサーは人。実際に起きていることだけでなく、さまざまなできごとを妄想する人間という存在が、ツイッターに生命のようなダイナミクスを与えています。

「妄想力」はあなたの味方

『人間と機械の間』によれば、人間にあって人工知能にないのは、妄想する力。妄想で自発的に問題を走らせる能力こそが生物の本質であり、「決まらない」のは、いろいろな未来や選択を妄想し、可能性を模索する力があるからです。
02Photo by MARIA

「決まらなさ」は生物が生き抜くための強みであり、「妄想すること」こそが人の知性の特徴である――。この本を読むと、優柔不断で頼りないと思っている自分もあの人も、妄想力に満ちたたくましい存在として愛しく思えてくるのではないでしょうか。

文/村中 璃子
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

書き出してみると見えてくる『やりたいコトを引き寄せるコツ』

書き出してみると見えてくる『やりたいコトを引き寄せるコツ』

子育て中のお母さんにこそ『日常に寄り添うお寺があるコト』

子育て中のお母さんにこそ『日常に寄り添うお寺があるコト』

5つ子母からのメッセージ『悩むたびに人生は豊かになる』

5つ子母からのメッセージ『悩むたびに人生は豊かになる』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.01.24

一度はチャレンジ!ジューシー『自家製ソーセージ』

2021.01.21

甘くてほろ苦い美味しさがたまらない『タルトタタン』

2021.01.21

色を暮らしに活用しよう『安らぎカラー”緑色”がもつ秘密ゴト』

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

編集部おすすめ記事

2021.01.23

二十日正月は正月期間の終わり

2021.01.23

はじめてのナチュラルフード『新年を迎えて~出汁活をしよう~』

2021.01.22

白菜の甘みを味わおう!『焼きロール白菜』

2021.01.22

簡単なのに豪華‼『アボカドサーモンのチコリボード』

2021.01.22

冬土用入りで体のメンテナンスを

2021.01.21

ホッと美味しい!『大根とつくねの食べるスープ』

2021.01.20

煎り大豆の活用法!ごはんのお供に『みそ大豆』

2021.01.20

ほっこり体が温まる『白菜の豆乳クリーム煮』

2021.01.19

熱々とろとろ身体もほっこり!『アップルパイ風ホットサンド』

2021.01.17

大根の消費に『やみつき大根サラダ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』