知るコト知るコト
食のコト 2017.06.26

健康の秘訣はチョコレート?『カカオのヒミツごと』

疲れている時や、おやつに嬉しいチョコレート。ひとかけ食べれば、ほっと気持ちが安らぎますね。甘くて美味しいだけでなく、原料のカカオそのものに健康効果もあるのだとか。毎日ひとかけ。楽しい健康習慣を始めてみませんか?
schokoladen scharf / hot chocolate

1日ひとかけらのチョコレートが脳卒中を防ぐ!?

カカオと聞くと、チョコレートやココアといった、職場の休憩時や自宅でのリラックスタイムに、ホッと一息つくための甘いものを想像する人が多いだろう。これらはおいしいだけではなく、気持ちが落ち着き、疲れも和らぐような不思議な力があると感じる人が多いようだ。
じつは、カカオにはさまざまな病気から身体を守る力が秘められていることが、最近の研究で実証されはじめている。2011年、スウェーデンの研究所が、チョコレートの摂取量と脳卒中との関連性についての研究結果を発表した。それによれば、チョコレートを週に約63g程度食べる人とまったく食べない人では、食べる人のほうが脳卒中にかかる可能性は17%も低いというのだ。

血圧低下効果をもたらす! カカオは健康維持の大きな味方

カカオは、はるか昔から不老長寿の薬として珍重されていた。そして近年、飛躍的に発展した科学の世界においても、カカオに関する研究は盛んであり、その健康効果は年々注目を集めるばかりである。
カカオに含まれる「カカオポリフェノール」という物質が体内の活性酸素の働きを抑える効果を発揮し、がんや動脈硬化といった病気の予防になることがわかっている。さらに大きな注目を集めているのが、カカオを多く含むチョコレートに期待される血圧降下作用である。世界中でじつに150を超える研究論文が、チョコレートは血圧を下げる力があるということを結論づけている。
血圧降下作用を促進するのはカカオポリフェノールの一種「エピカテキン」という物質だ。チョコレートが体内に入ると小腸でエピカテキンが血液内に入り、血管の組織に取り込まれて血管内皮の弾力性を強化、それが血圧上昇を抑えることにつながる。要するに、エプカテキンは血管を健やかに若々しく保つ働きがあるのだ。
3

まだまだある! カカオに秘められた健やかさを保つ効果

カカオが持つポリフェノールには、まだまだ秘められた力がある。
ポリフェノールは腸を活性化して腸内環境を整える働きを促すので、便秘解消に高い効果が期待されている。ただ、効果を期待するがために摂取しすぎると逆に便秘になってしまうこともあるので、摂取量は適量を心がける必要がある。
また、カカオを原料とするチョコレートの香りには、集中力や記憶力を高める効果があることが明らかになっている。カカオポリフェノールがリラックス効果をもたらし、身体的・心理的ストレスを和らげる効果が実証されている。
さらに、アレルギー症状の緩和にも効果が期待されている。カカオポリフェノールはアレルギーの原因である活性酸素の働きを抑制することができるので、アレルギーのつらさを和らげるのである。
2

摂り方次第では逆効果に。カカオを正しくとり入れよう!

さて、健やかな身体を維持するために役割を果たしてくれるなら、カカオを積極的にとり入れようという気持ちを抱いた人も少なからずいるだろう。しかし何事も節度が肝心だ。
たとえばカカオがよいのなら、チョコレートも身体によいのだという考えは必ずしも正解ではない。なぜなら、チョコレートの多くは脂質(ミルク)や糖分といったものが調合され、その分、カカオ要素は薄らいでしまっている。それに気づかずに食べ続ければ、当然過糖気味となり身体にはよくないものへと変貌を遂げる。
効果的にチョコレートからカカオの恩恵を受けたいと思うのなら、カカオ分が多く、ポリフェノールを豊富に摂取することができるダークチョコレートを選ぶのがよい。1日約6gを目安に摂るのが理想的であるという研究結果が得られている。
最近では健康を意識したチョコレート商品が増え、「カカオ◯%」とわかりやすく記されている。身体のことを考えて、カカオ高配合のチョコレートをひとかけら、リラックスタイムに食べてはいかがだろうか?

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

保存食のある暮らし~すぐできる!溶かして混ぜるだけ『チョコシリアルバー』

保存食のある暮らし~すぐできる!溶かして混ぜるだけ『チョコシリアルバー』

止ヘルシーなのにとっても甘い!『ベジーなホットチョコレート』

ヘルシーなのにとっても甘い!ベジーなホットチョコレート

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.05.23

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2022.05.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2022.05.12

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2022.05.09

卵・乳製品・砂糖不使用『みりんレーズンのスコーン風』

2022.05.01

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

2022.04.17

春を長く味わおう『筍のピクルス』

2022.04.13

小麦粉なしで作れる!甘くて優しい味『ココナッツミルクシチュー』

2022.04.01

春のいちごメニュー4『いちごの甘酒』

2022.03.31

春のいちごメニュー3『いちごとブルーチーズのサラダ』

2022.03.31

外はサックリ!中ふんわり♪『ブロッコリーの切り株トースト』

編集部おすすめ記事

2022.05.24

さっぱり!香りを存分に味わえる『ニラぬた』

2022.05.20

パセリが主役!私のとっておき万能レシピ『南米のチミチュリソース』

2022.05.17

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2022.05.17

パサつかない!我が家の定番『豚ヒレ肉のしっとりロースト』

2022.05.15

初夏の一品『ピリ辛きゅうり』

2022.05.05

春限定!『新玉葱とスモークサーモンのマリネ』

2022.05.04

ささっと仕上げる!時短レシピ『メカジキのソテー』

2022.05.03

春のいちごメニュー5『いちごと塩麹のドレッシング』

2022.04.20

簡単調理で春を堪能♪『のらぼう菜のチーズじゃこ和え』

2022.04.20

砂糖・乳不使用のビーガンおやつ『サクサクココナッツクッキー』

月間人気記事

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2022.01.16

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.09.01

自宅でもおいしいシャトーブリアンの焼き方とは?調理器具別の焼き方もご紹介

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ